愛知学院大学大学院 薬学研究科医療薬学専攻(博士課程)

カリキュラム内容

専門科目

医療分子薬学分野

本分野は、社会情勢や社会制度の急速な変化に応じて多様化した疾病の治療に対応できる高度・最新の医薬品の知識・情報と生命科学の急速な進歩に呼応して、新しい医療分子薬学の創設に重きを置き高度・専門的研究を行う分野である。天然薬物作用学、生体機能化学、環境衛生学、免疫細胞情報学、分子薬効解析学等を有機的につなぎ、最新の天然薬物作用学、分子生物学、衛生化学、免疫学、薬品作用学の知識と技術を習熟し、分子論的・細胞生物学的思考を重視しつつ、医薬品開発と医療分子薬学の推進・展開についての高度な教育及び研究を行う。(表参照)

天然薬物作用学特論 多くの植物由来天然化合物は医療現場で治療薬として、また、基礎薬学研究で試薬として使用されており、それらの必要性と有用性は広く認められている。さらに複数の生薬より構成される漢方方剤は、新薬(合成薬)とは異なる特長を持った天然薬物として医療現場で種々疾患に対する使用が増加している。本特論では、天然化合物や漢方方剤などの天然薬物の有用性を、これまでに集積されてきた薬理学的、薬剤学的、生化学的、さらに、分子生物学的知見を学ぶことにより検証する。そして、今後の医療における天然薬物の役割と展望について、最新の知見や研究成果より学ぶ。
生体機能化学特論 本特論では生体機能化学(生化学)と機能化学(有機化学)の最新の理論・技術・活用例を解説する。生体機能化学では癌の生物学(腫瘍生物学)の基礎を学びながら、その生物学的知見を応用した新しい治療方策について理解できるように講義を進める。具体的には、non-coding RNAが制御する癌の代謝的特徴や癌幹細胞性の維持機構などの基礎研究成果を交えながら、核酸医薬による癌治療の最前線について解説する。また癌転移を標的とした創薬研究における新しいスクリーニング法を講義し、我々の最新成果を解説する。機能化学では遷移金属触媒を利用した基礎的な炭素-炭素結合形成反応・炭素-ヘテロ原子結合形成反応と複雑な天然物や生物学的な機能を持つ化合物の合成法に関して修得する。
環境衛生学特論 ヒトの健康に対して悪影響を与える環境有害因子について、それらの健康影響評価とその対策などを講述し、環境衛生学研究が果たすべき役割とその重要性について解説する。さらに、様々な環境有害因子の中で、カドミウム、水銀、ヒ素および鉛などの有害金属類に焦点を絞って、各種有害金属類による環境汚染並びに健康被害に関する現状を講述する。また、有害金属類の毒性発現機構やそれら金属類に対する生体防御機構について、個体(実験動物)、細胞および遺伝子レベルでの最新の研究情報を含めて概説する。
免疫細胞情報学特論 免疫学は、感染症の予防や撲滅、白血病や自己免疫疾患の診断や治療に大きく貢献してきた。生体防御に関与する免疫系の細胞情報とその制御機構の理解は、エイズ、変異インフルエンザウィルスや悪性腫瘍などの未だ対応手段が十分に確立されていない疾病に対しても多くの重要な情報を提供すると考えられる。本特論では、免疫学の基本となる自然免疫系や獲得免疫系での分子細胞機構と細胞応答に関する最先端知識を修得し、それらを追究する測定技術を理解し、その技術を駆使した生体防御の最新の動向を修得する。また、臨床免疫と強く関わっている免疫不全、アレルギー、腫瘍免疫、自己免疫疾患等についても最新の知識を修得する。
分子薬効解析学特論 疾患治療薬の薬効解析は分子レベルから個体レベルでの生体に対する薬効情報を統合することで可能となる。分子薬効解析学では、薬物の作用点としてイオンチャネルに着目し、イオンチャネルの機能・発現制御の理解を目指したトピックスを解説する。講義では、ヒトを中心としたほ乳類細胞に発現したイオンチャネルの機能および発現制御(転写調節、エピジェネティクス調節、タンパク質分解制御、小型RNAによるイオンチャネル遺伝子の発現制御)について解説する。また薬効の解析に必要な統計学についても、理論的背景、古典的手法、先端的手法、応用実例を詳解する。

医療機能薬学分野

本分野は、高度・多様化した医療に対応し、疾病原因解明に基づく医薬品適正使用、QOL支援と推進、薬物動態と臨床効果、神経ネットワークでの薬物作用機序、薬害予防、医療薬剤学的見地からの患者への的確な配慮等の重複する医療薬学における多面的な要因を解明・改善し、医療機能薬学の発展・充実に重きを置き高度・専門的研究を行う分野である。病原微生物学、化学療法学、医療薬剤学、神経薬理学、疾患病態治療学特論等の知識と技術を習熟し、医療薬学と臨床薬学を有機的に結びつけ、高度な専門知識・技能の修得と同時に、医療の場における的確かつ適正な医療機能の把握を重視しつつ、医療機能薬学の推進・展開についての高度な教育と研究を行う。(表参照)

病原微生物学特論 本特論では、新興感染症・再興感染症をはじめ多くの感染症を引き起こす微生物の分類・同定方法について、また、生体内や環境中に「集団」として棲息する微生物の精査解析方法などについて、最新の情報を踏まえ習得する。さらに化学療法薬や薬剤耐性菌などについて理解を深める。同時に、微生物汚染防止を率先して実践できる人材や治療に難渋する感染症の克服を目指した薬学研究者の育成を目的とした講義を行う。
化学療法学特論 がん化学療法の進歩に伴い、がん患者の予後は大きく改善されてきた。しかし、個々の薬剤の効果については未だ充分とは言えない。本講義では、現在臨床に供与されているがん化学療法剤(抗がん剤)について、その開発の経緯を解説する。がんの発生から増殖・転移に関与するメカニズムがタンパク質・遺伝子レベルで明らかにされ、がん細胞における分子レベルの特定標的を特異的に攻撃する分子標的治療剤が上市された。この分子標的治療薬は、従来の抗がん剤の弱点を補った新しいタイプの抗がん剤で、がん患者の延命に大きく貢献している。しかし、分子標的治療薬が開発研究、臨床研究を経て医療現場に用いられた結果、従来の抗がん剤とは全く異なった副作用発現が数多く報告されている。この問題をクリアするための新たな分子標的治療薬の研究開発の現状と問題点を、従来の抗がん剤と対比しながら解析・考察することにより、新たな抗がん剤開発の手法、抗がん剤の今後の動向について修得する。
神経薬理学特論 中枢神経ネットワークについて、これらを構成するニューロンの機能、形態、シナプス伝達機序、関連する神経伝達物質、受容体および細胞内情報伝達系について講義する。また、情報伝達の処理や統合機能(短期増強、長期増強など)についても講義する。これらを基に、中枢神経ネットワークの構造と機能、情報伝達、障害と疾病との関係、作用薬の機序について修得させる。
医療薬剤学特論 医薬品の適正使用や多剤投与等による副作用回避には医療薬剤学の知識と製剤学的観点からの技術の修得が必須となる。本特論では、医薬品適正使用を推進するための評価・解析方法、食品と医薬品の相互作用を防止するための評価・製剤学的な解析方法、医療現場における薬剤師の安全管理活動、セルフメディケーションを推進するために必要な薬剤師の評価と介入、疼痛回避のための局所麻酔薬の特殊製剤デリバリーの現状と展開、薬物の体内動態・薬効に及ぼす変動要因の解析およびと薬物輸送担体の機能評価・解析方法について修得する。(オムニバス方式/全15回)
疾患病態治療学特論 本講義では疾患と薬物治療の知識をベースに、最新の病態学的なメカニズムや薬物の作用機序を学び、薬物療法の知識、薬学的アプローチによる薬物療法支援を修得する。(オムニバス方式/全15回)

特別研究

薬学特別研究(研究指導)

多様化した疾病の治療に対応する最新の医薬品開発の知識と技術、生命科学の急速な進歩に呼応した生体機能の解析、疾患の基礎的原因となる生体機能異常の機構解明、対応した疾患予防対策と治療薬開発、及びその薬効解析、薬物動態、評価、医薬品適正使用に呼応した薬物体内動態と薬効変動要因の解明、剤形開発と投与計画及び薬物動態解析、薬害予測と未然防止、医療薬学的見地からの患者への的確な配慮、ならびに治験薬管理における高度専門知識と技能の修得をめざし、基盤となる医療分子薬学分野の基礎研究とその応用、ならびに、臨床における医療機能薬学分野研究の推進、臨床薬学の育成と、臨床における医療薬学の教育、研究、薬剤師活動の推進・展開についての研究をおこなう。すなわち、天然薬物作用学、生体機能化学、環境衛生学、免疫細胞情報学、分子薬効解析学を中心とする医療分子薬学分野の研究課題、ならびに、病原微生物学、化学療法学、医療薬剤学、神経薬理学、疾患病態治療学を中心とする医療機能薬学分野に関して、高度専門的研究の実践、研究指導を行い、薬学特別研究について論文指導を行う。以下に、担当教員と研究指導テーマの例を示す。(表参照)

井上 誠 教授 自己免疫・アレルギー・炎症性疾患の予防・治療を目指した天然薬物の探索及び開発に関する研究の指導を行う。
安池修之 教授 有機金属化学とケミカルバイオロジーの手法を用いて生体機能制御と創薬に関する課題の研究指導を行う。
武井佳史 教授 がん転移の分子機構の解明やがん転移抑制のための治療標的探索に関する研究指導を行う。
佐藤雅彦 教授 環境有害金属類の毒性発現機構やその生体防御機構の解明に関する研究の指導を行う。
古野忠秀 教授 免疫細胞内シグナル伝達の分子機構の解明と疾患発症における接着分子の役割解明に関する研究の指導を行う。
村木克彦 教授 分子薬理学的・分子生物学的手法を用い、イオンチャネルを中心とした細胞情報伝達機構や分子薬効機序に関する課題の研究指導を行う。
河村好章 教授 細菌の系統分類と感染症起炎菌の迅速検出・薬剤耐性の手法を用いて、病原微生物学の課題の研究指導を行う。
田中基裕 教授 分子標的指向性抗がん剤の開発の手法を用いて、化学療法学の課題の研究指導を行う。
山村恵子 教授 患者の身体的能力に合わせた剤形改良を主とした服薬支援をDDSの手法を用いて、医療薬剤学の課題の研究指導を行う。
山本浩充 教授 患者指向性製剤、また医療従事者が使いやすい製剤の設計を目的とした、粉体工学、薬物送達学的観点に立脚した解決手法について研究指導を行う。
櫨 彰 教授 中枢神経ネットワークの構造と機能の解明とその異常に伴う疾患と薬物治療に関する研究指導を行う。
國正淳一 教授 毒物に関して動態学・薬剤疫学の手法を用いた課題の研究指導を行う。
脇屋義文 教授 薬物治療における医薬品適正使用及び薬剤疫学的手法を用いた評価に関する研究指導を行う。
加藤宏一 教授 糖尿病性神経障害を含む糖尿病合併症の病態解明および治療法の開発に関する研究指導を行う。
鬼頭敏幸 教授 抗がん剤の開発の手法を用いて、小児がんの化学療法学の課題の研究指導を行う。小児リウマチ疾患、川崎病などの小児特有の炎症疾患について病態解明および治療法の開発に関する研究指導を行う。
武田良文 准教授 生体機能制御機構に関する創薬化学の課題の研究指導を行う。
森田雄二 准教授 感染症起因菌の細菌分子遺伝学・細菌機能解析の手法を用いて、病原微生物学の課題の研究指導を行う。
小幡 徹 准教授 分子標的指向性抗がん剤の耐性機構解明の手法を用いて、化学療法学の課題の研究指導を行う。
大井義明 准教授 中枢神経ネットワークの神経伝達機序の解明と薬物の作用機序の解明に関する研究指導を行う。
伊納義和 講師 バイオサーファクタントと非ウィルスベクターを用いた遺伝子導入による細胞機能制御に関する研究の指導を行う。
波多野紀行 講師 分子生物学的手法やバイオインフォマティクス情報を活用し、疼痛関連イオンチャネルと薬効に関する研究を指導する。
浦野公彦 講師 薬物体内動態の変動要因解析の手法を用いて、個別投与設計・服薬支援システム構築に関する課題の研究指導を行う。
上井優一 講師 薬物の膜輸送に着目した医薬品の適正使用に関する研究指導を行う。
巽 康彰 講師 疾患の分子病態解明とその治療薬の作用機序解明に関する研究指導を行う。

特別演習

医療分子薬学特別演習

天然薬物作用学、生体機能化学、環境衛生学、免疫細胞情報学、分子薬効解析学から構成される医療分子薬学分野では、分野内の各種の高度・専門的知識の修得に努めるとともに、最先端研究に関する学術論文や総説の抄読会を行い、最新の専門知識を修得する。また、各学生の薬学特別研究で得られた成果の概要については、医療分子薬学特別演習で研究進捗状況の発表・討論を主として英語を用いて行うとともに、研究の意義や新規性および関連研究の中での位置づけなどに主眼をおいて発表し、医療分子薬学の多角的かつ幅広い視点からの質疑討論を実施する。さらに、それぞれの専門領域の講演会や学術集会にも積極的に参加し、最新の研究動向を把握するとともに、各学生の今後の研究推進と展開についても概要を述べ、今後の研究の推進に結びつくように討議する。

なお、国際性と創造性を兼ね備えた大学院生の育成の一つとして特別演習では英語原著論文と英語を用いた質疑応答を中心としたレポート作成を特別演習の柱として進める。

医療機能薬学特別演習

病原微生物学、化学療法学、医療薬剤学、神経薬理学、疾患病態治療学を基礎とする医療機能薬学の最先端の研究についての学術論文や総説を紹介する。また、先端的な医学・薬学の成果に触れるための講演会・学術集会への参加・発表・内容報告を行う。さらに、医療現場の臨床医やパラメディカル分野の臨床研究者との情報交換を積極的に行う能力を養う研究会へ参加する。特別研究で得られた成果について、意義および関連研究の中での位置づけ・研究の方向付けをおこないながら発表演習をする。発表は本特別演習を履修する大学院生と医療機能薬学分野内の研究指導教員・研究指導補助教員および関連教員の出席のもと資料を作成した上で口頭発表し、多角的かつ広い視野からの質疑討論することを主眼とする。

なお、国際性と創造性を兼ね備えた大学院生の育成の一つとして特別演習では、「医療分子薬学特別演習」と同様に英語原著論文と英語を用いた質疑応答を中心としたレポート作成を特別演習の柱として進めるが、臨床に密接に関連した事項に関しては、英語の使用にこだわらず、日本語での理解・修得の徹底に努める。