愛知学院大学大学院 薬学研究科医療薬学専攻(博士課程)

養成する人物像

どのような人材を養成するか

本大学院における人材養成の根幹は、6年制薬学教育の課程で修得した医療薬学の包括的知識・技能、及び、多様な情報の集積・活用による医療分野における問題解決の基礎的能力を基盤に、医療薬学分野に関わる様々な新しい課題を自ら発見・解決できる研究能力を育成することです。医療薬学分野において、知識や情報の高度化・多様化及び社会の健康に対する関心の高まりなどから、研究レベルの向上や社会への貢献が重要視されています。このために、医薬品の適正使用、生命現象の分子レベルでの解析と医薬品開発、疾病の原因としての微生物や環境問題などの具体的な課題を解決できる人材を社会へ輩出することが急務であります。本研究科は「研究能力・指導能力の育成」と「臨床に関連した知識・技能の修得」を両輪として、理念に沿った人材を養成します。

養成を目指す人材像

  • 医薬品の研究・開発・情報提供などに従事する研究者
  • 薬物治療の最適化、適正使用に関する医療薬学研究に従事する研究者
  • 病院・薬局で働く高度な職能をもつ薬剤師
  • 医薬品承認審査、公衆衛生などに従事する行政従事者
  • 薬学教育に携わる教員・薬剤師