愛知学院大学大学院 薬学研究科医療薬学専攻(博士課程)

理念とポリシー

本学大学院薬学研究科医療薬学専攻(博士課程)では、本学の建学の精神である「行学 一体・報恩感謝」に則り、創造性、独創性、さらに、グローバル社会を先導する国際性を充分に兼ね揃え、薬学・医療薬学領域全般にわたる深い学識と高度な専門性、医療人に相応しい倫理観を身に付けると共に、薬学・医療薬学領域の高度・最先端技術を修得し、様々な問題に対して臨機応変かつ柔軟に対応できる医療薬学研究者及び薬学研究者、薬剤師(薬剤師研究者)を養成する。

アドミッションポリシー

理念と目標に基づき、薬学研究科医療薬学専攻では薬学・医療薬学を包括した総合的な 学術及び豊かな創造性と着実な実践力を基にした研究能力(博士力)を修得し、最先端の薬学・医療薬学研究を推進する研究者、めざましく発展している医療分野においてチ ーム医療の中核となる高度専門性を有した薬剤師、6年制薬学制度下で後進の指導を担っていく新たな教員等、新しい時代の要求に見合った高度専門的な薬学研究・教育を推進する人材を養成することを目的としている。この様な目的の下に薬学研究科医療薬学専攻が求める人材像は次の通りである。

  1. 薬学及び医療薬学に関する高度の専門知識・技能の修得と社会への還元に強い熱意を持ち、広い視野と飽くなき探究心、深い学識を備えた医療薬学研究者あるいは薬学研究者・薬剤師へ成長しようとする強い意欲のある者(学生及び社会人)。
  2. 薬学及び医療薬学あるいは関連する領域における充分な基礎学力と、医療人に必要とされる倫理観、グローバルな研究領域に対応できる英語力を有している者(学生及び 社会人)。

カリキュラムポリシー

薬学研究科医療薬学専攻では、理念と目標に沿った人材を養成するために、「医療分子薬学分野」と「医療機能薬学分野」の2つの分野において、専門科目、特別研究、特別演習の教育課程を設け、専門知識・技能を修得させる。2分野は下記のような特徴的なカリキュラムより編成されている。

1)医療分子薬学分野

本分野は、社会情勢や社会制度の急速な変化に応じて多様化した疾病の治療に対応できる高度・最新の医薬品の知識・情報と生命科学の急速な進歩に呼応して、新しい医療分子薬学の創設に重きを置き高度・専門的研究を行う分野である。天然薬物作用学、生体機能化学、環境衛生学、免疫細胞情報学、分子薬効解析学等を有機的につなぎ、最新の天然薬物作用学、分子生物学、衛生化学、免疫学、薬品作用学の知識と技術を習熟し、分子論的・細胞生物学的思考を重視しつつ、医薬品開発と医療分子薬学の推進・展開についての高度な教育及び研究を行う。

2)医療機能薬学分野

本分野は、高度・多様化した医療に対応し、疾病原因解明に基づく医薬品適正使用、QOL支援と推進、薬物動態と臨床効果、神経ネットワークでの薬物作用機序、薬害予防、医療薬剤学的見地からの患者への的確な配慮等の重複する医療薬学における多面的な要因を解明・改善し、医療機能薬学の発展・充実に重きを置き高度・専門的研究を行う分野である。病原微生物学、化学療法学、医療薬剤学、神経薬理学、疾患病態治療学の知識と技術を習熟し、医療薬学と臨床薬学を有機的に結びつけ、高度な専門知識・技能の修得と同時に、医療の場における的確かつ適正な医療機能の把握を重視しつつ、医療機能薬学の推進・展開についての高度な教育と研究を行う。

ディプロマポリシー

理念と目標に沿って設定した薬学研究科医療薬学専攻の専門科目、特別演習、特別研究を履修して、総計30単位以上を修得すること。かつ独創的、先駆的であり、関連分野の研究の推進や薬学、医学、医療薬学、保健衛生の推進に寄与する博士論文を作成し、所定の試験に合格することが学位授与の要件である。博士課程においては、研究者として国際的な薬学・医療薬学研究が自立して遂行でき、あるいは、幅広く高度な薬学専門性を必要とする医療人として活躍するための優れた能力を修得していることが課程修了の要件である。