学部長挨拶

愛知学院大学薬学部長 村木 克彦

大学は、生涯の支えとなる教養と人間性、並びに、社会から求められる高い専門知識と能力を学生1人1人が身につけることで、豊かな成熟社会の構築に貢献することを使命としています。本学薬学部では、建学の精神である「行学一体・報恩感謝」に基づき、薬学の科学的基礎に立脚した医薬品に関する包括的知識を持ち、疾病に対する適切な医薬品の選択や適正使用、さらには正確な医薬品情報の提供及び服薬指導などの高度で幅広い職能を有する、患者を中心にした高度先端医療及び地域医療に貢献できる人材の養成を目的としています。そのために生命の尊厳について深い認識を持ち、医療を協働の場として人々の健康維持と医療の発展に積極的に貢献し、共創を通じて未来を開拓する研究心を持った医療薬学専門人を養成することを教育研究上の目的としています。

薬学部学生は1年次には日進キャンパスで主として教養教育科目を、楠元キャンパスで専門教育科目(6科目)を学びます。社会人として必要な教養と知識を修得し、社会の変化に適応する能力や物事を多角的、総合的に判断する能力を身に付けるとともに、薬学基礎教育、医療人としての倫理観の養成、早期体験学習などの導入教育を通して、薬学教育への意欲や知的好奇心を育みます。2年次からは楠元キャンパスの専門教育課程において、基礎、医療及び臨床薬学に関わる知識を修得するとともに、問題発見・解決能力の養成を図るための実習・演習を行います。4~5年次には医療チームの一員として自らの役割が果たせるように、薬剤師に必須の技能・態度やコミュニケーション技術を大学内で学ぶとともに、病院薬剤部や保険薬局の臨床現場で実践を通じて修得します。

近年の医療、薬物治療の高度化、多様化、デジタル技術を基盤とした高度情報化を背景に、革新的な医薬品の開発を目指す創薬科学と生命科学の発展、及び、医療とそれらをつなぐ臨床薬学、医療薬学の発展が医薬品の適正使用や難病の克服などの社会的要請に応える道として期待されています。このような状況下において、医療の担い手として質の高い薬剤師を養成すると共に、様々な問題や疑問を解決するための「科学的分析力と思考力」や「探究心」を備えた人材の育成も重要です。そこで、4~6年次には全学生は各講座に配属され、教員の直接指導下で充実した卒業研究を行います。そして、より高い専門性を持った基礎薬学研究者や医療薬学研究者を養成するために大学院薬学研究科(4年制博士課程)を設置しています。また、医療生命に関連した先駆的プロジェクト研究を行うことによって健康の増進並びに医療の向上に寄与することを目的として医療生命薬学研究所を併設しています。

このように愛知学院大学薬学部は充実した教育内容と学習環境を提供しています。学生の皆さんは6年間の学生生活を念頭に置き、自ら意欲を持って積極的に勉学に取り組み、専門知識と技能に加え、課題解決力、創造力、社会適応力、自己研鑚力など社会で生き抜く力を身に付けられるように、充実した日々を送っていただきたいと思います。