愛知学院大学 薬学部 医療薬学科

カリキュラム

一般教養や専門基礎、実務などを段階的に学び、すべての知識・技術を確実に修得します。

6年制カリキュラムの特色

6年制の薬学教育は、「一般教養の充実」「医療薬学の充実」「実務実習の充実」の3つが大きな特徴です。
医薬品や医療の専門家を育てるとともに、生命の尊さや倫理観を備えた医療人を育てます。
基礎から実務までを段階的に学ぶことで理解も深まり、確かな能力として身についていきます。

カリキュラム

「科目間のつながり」の詳細はこちら
1年次
薬学導入

生命の尊さをはじめ薬剤師の責務や社会的役割、倫理感などを学び、医療人としてふさわしい意識を育てます。

基礎系

物理・化学・生物学を基礎として、薬を理解するとともに人体・病気の成り立ちを理解します。

  • 基礎有機化学
  • 有機化学
  • 薬品物理化学
  • 薬品分析化学
  • 機器分析化学
  • 生体有機化学
  • 薬品合成化学
  • 酵素学
  • 細胞生物学
  • 分子生物学
  • 生体成分代謝学
  • 免疫学
  • 生理学
  • 解剖学
  • 機能形態学
  • 微生物学
  • 生薬学
  • 天然物化学
  • 製剤学
  • 製剤工学
  • 医療統計学
  • 基礎薬学実習
  • がん化学療法学
  • 微生物薬品学
  • 基礎感染症学
     
一般教養

社会人に必要な教養、知識を修得し、社会変化への適切な対応力や総合的な判断能力を身につけます。

  • 心理学
  • 宗教学
  • 物理学
  • 生物学
  • 化学
  • 語学
  • スポーツ科学
  • 数学
2年次
医療系

基礎系の知識を応用し、くすりが効果を示す機構などについて学びます。

臨床系

くすりの使い方・選び方、調剤の仕方など医療現場で必要な知識と技能・態度を学びます。

3年次  
衛生系

環境や食品など国民の健康を維持するために必要な公衆衛生について学びます。

  • 公衆衛生学
  • 環境衛生学
  • 環境毒性学・放射化学
  • 食品衛生・栄養学
4年次  
 
卒業研究

研究室へ配属され、各分野をリードする教授陣の指導のもと、研究活動や文献調査などを行います。

5年次  
  • 医療薬学実習IV
    (実務実習:学外の病院・薬局で臨床実務実習を行います。)
6年次  
  • 臨床薬学特論
  • 薬品動態制御学特論
 
  • 生体予防薬学特論
  • 医療薬学特論
27年度以前のカリキュラム