薬剤師国家試験サポート

薬剤師国家試験において高合格率を実現した教育システムと教職員の万全のサポート体制

質の高い薬剤師になるためには、知識を得るだけでなく、得た知識を様々な場面で応用していくことが求められます。知識を活用する能力は、近年、難化している薬剤師国家試験の合格だけでなく、医療機関、医療関連企業、薬局、行政など働く現場でもますます重要になっています。愛知学院大学薬学部では、全教員が全学生の国家試験合格を目指して、低学年のうちから万全のサポート体制を敷いています。そして、学部開設以来、全国平均を大きく上回る高い合格率を維持しています。

1)アドバイザー制度

薬学部では、教授、准教授、講師がアドバイザーとして、研究室配属(4年春学期)までの間、少人数(教員1人当たり各学年約4名)の学生をきめ細かくサポートしています。研究室配属後は、卒業まで、研究室ごとに充実した卒業研究と総合的な学習の指導を行っています。

2)学習支援室

学生の大学生活の中でも特に学習面をいろいろな形でサポートするため、学習支援室を設置しています。学習に対する不安、学習方法の確認、講義内容に関する質問などの幅広い相談を受けています。

3)充実した演習

それぞれの講義で学習した内容を統合して復習する「総合演習」を、共用試験前の4年次と卒業前の6年次に実施しています。これにより、断片的になりがちであった知識を包括的に捉え、基礎と臨床を関連づけて専門知識をより深く理解し、知識を活用する力を醸成することを目指しています。