愛知学院大学 薬学部 医療薬学科

薬草園

薬用植物や生薬についての生きた知識を学ぶ研究の場

愛知学院大学の薬草園は、学生が普段から身近に薬用植物やハーブ(有用植物)に親しむことができるように、また、薬学教育の一環として生薬など薬用植物について生きた知識を学ぶことができるように設置されました。日本薬局方に収載されている生薬の基原植物を中心に、代表的な薬用植物を継続的に観察できる環境を作り、実物に触れることにより教科書だけでは学ぶことのできない薬用植物の形態やフェノロジーを学べる環境を提供しています。さらに、薬草園は薬用植物の研究の場としても大切な使命を担っています。

楠元地区薬草園(計画中)

楠元地区には漢方処方に用いられる植物を処方ごとに集めた「漢方薬園」、また、古くから使用されている代表的な民間薬に使用される植物を集めた「民間薬園」、日本、アジア以外で薬として用いられてきた植物、日本薬局方収載医薬品の原料となる薬草を集めた「西洋薬園」、などのテーマに分けた区画を作る計画です。

日進地区薬草園(545m2

日進地区には、「薬の森とハーブ園」というテーマの基に、ラベンダー、ローズマリー、ローレル、コリエンダー、バジル、セージ、ペパーミント、スペアミント、ゼラニウム、カモミール、チャイブその他多くを栽培したハーブ園を取り囲むように、薬となる樹木であるコブシ、クスノキ、キササゲ、アカメガシワ、キハダ、ホオノキ、オオツヅラフジ、柚子、サンショウ、杜仲、ナツメ、イチイなどの大木が取り囲んだ植物園です。

コガネバナ
コガネバナ
クズ
クズ
ミシマサイコ
ミシマサイコ

民間薬園

ゲンノショウコウ
ゲンノショウコウ
エビスグサ
エビスグサ
ヤブラン
ヤブラン

日本薬局方収載医薬品の原料となる植物

ハッカ
ハッカ
イヌサフラン
イヌサフラン
キササゲ
キササゲ