愛知学院大学 薬学部 医療薬学科

寄附講座

学部長挨拶

日本は、諸外国に例をみないスピードで高齢化が進行しており、団塊の世代の人たちが後期高齢者(75歳以上)に達する2025年(平成37年)には、医療費(現在の1.5倍)や介護費(現在の2.4倍)などの社会保障費が急増することが懸念されています。そこで厚生労働省は、2025年を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的の下で、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、「住まい」「医療」「介護」「予防」「生活支援・福祉サービス」が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築を推進しています。このような状況の下、医療、介護の在り方が大きく変化してきており、薬剤師の役割も広範で高度なものになってきています。特に平成28年4月には「かかりつけ薬剤師・薬局制度」が、同年10月には「健康サポート薬局制度」がスタートし、地域薬局が地域医療の拠点として機能することが期待されています。また、薬剤師の業務もこれまでの薬中心の対物業務から患者中心の対人業務へと変化しつつあり、患者の服薬情報の一元的・継続的な把握や、医療機関との連携下における副作用対策や薬剤の選択などの支援、在宅患者への薬学的管理や服薬指導など、その業務は広がりをみせています。さらに、セルフメディケーションの推進のために、一般用医薬品の適正使用に関する助言や、健康相談や健康情報の提供なども薬剤師の業務に欠かせない重要なものになっています。

本学薬学部は、「豊かな人間性と生命の尊厳について深い認識を持ち、医療を協働の場として人々の健康維持と医療の発展に積極的に貢献し、共創を通じて未来を開拓する医療薬学専門人を養成すること」を「教育理念と目標」に掲げ、卒業生が医療及び医療関連分野で幅広く活躍できるように教育と研究を充実してきました。そして、今後さらに、地域医療における薬剤師の役割が重要になってくることから、地域に根差した医療に大いに貢献できる知識、技能、態度を身に付けた医療薬学専門人の養成が必要になってくると考えます。

そこで全国的に新しい取り組みとして、保険調剤薬局やドラッグストアー等の関係企業と連携し、①地域医療に貢献できる薬剤師の育成に向けた薬学教育を充実させること、②産学共同研究を通じて地域医療の発展に貢献することを目的として、産学連携による教育・研究の拠点として、『地域医療薬局学』『セルフメディケーション学』『薬局経営学』の3つの寄附講座を平成29年4月に設置しました。それぞれの寄附講座では、実践的な知識の修得に加え、薬局における実践的な技能や態度、コミュニケーション力の習得を目指して、医療の最前線で活躍されている企業薬剤師による講義や演習、ボランティア活動など、多面的な教育方法論を取り入れた教育が始まっています。これらの新たな取り組みが、学生の向学心・向上心を高め、我が国の将来の医療を支える高度で幅広い能力を有する薬剤師を育成することに大いに貢献することを期待しています。また、産学共同研究を通して、臨床現場における多様な問題を解決し、その成果を地域医療に還元することにより、健康で豊かな国民生活の維持向上に貢献することを祈っています。

愛知学院大学薬学部は、今後も、優秀な薬剤師を社会に送り出すとともに、地域医療の発展に大きく貢献していきます。

愛知学院大学薬学部長 井上 誠