研究室アルバムTOP

研究活動風景


日本薬学会第133年会(横浜)

日時:平成25年3月27日(水)〜30日(土)
場所:パシフィコ横浜

  • 李辰竜先生が発表しました。
Pasted Graphic 4Pasted Graphic 5

第1回サイエンスフォーラム開催(愛知学院大学)

日時:平成25年3月26日(火)
場所:愛知学院大学 薬学部棟2階201号室
主催:愛知学院大学 薬学部 医療生命薬学研究所(所長:佐藤雅彦教授)

特別演者
 ・島田章則 教授(麻布大学 環境・生命科学部 病理学研究室)
    演題:大気中の豊𩜙粒子状物質の生体影響についての病理学解析
 ・高野裕久 教授(京都大学 大学院工学研究科 環境衛生学講座)
    演題:環境汚染物質による生活環境病、生活習慣病の増悪とその軽減対策
Pasted GraphicPasted Graphic 1
Pasted Graphic 2Pasted Graphic 3

The 52nd Annual Meeting of the Society of Toxicology (San Antonio, Texas, USA)

日時:平成25年3月10日(日)〜14日(木)
場所:Henry B. Gonzalez Convention Center, San Antonio, Texas,
USA.
当研究室の研究成果(下記3演題)をポスター発表しました。
  • Lee J.Y., Tokumoto M., Fujiwara Y., Satoh M. Overaccumulation of p53 and Induction of Apoptosis in Renal Tubules of C57BL/6 Mice Chronically Exposed to Cadmium.
  • Satoh M., Lee J.Y., Tokumoto M., Fujiwara Y., Watanabe C. Effects of Arsenic on Expressions of Ube2d Family and Accumulation of p53 in Renal Tubular Cells and Vascular Endothelial Cells.
  • Tokumoto M., Lee J.Y., Fujiwara Y., Satoh M. Involvement of Inhibition of UBE2D Family Gene Expressions on Cadmium-induced p53 Dependent Apoptosis in Human Proximal Tubular Cells.
Pasted Graphic 1 Pasted Graphic 2
Pasted Graphic 3Pasted Graphic 4

第12回分子予防環境医学研究会(筑波)

日時:平成25年2月1日(金)〜2日(土)
場所:つくばサイエンス・インフォメーションセンター
  • 藤原泰之先生、李辰竜先生が発表しました。
  • 佐藤雅彦教授が座長を務めました。
Pasted Graphic Pasted Graphic 1

第62回薬学セミナー(東海支部講演会を兼ねる)開催(愛知学院大学)


日時:平成25年1月17日(月)17:30〜18:30
場所:愛知学院大学 薬学部棟2階 204号室
演者:中西 剛 准教授(岐阜薬科大/衛生学研究室)
演題:胎生期エストロゲンシグナルと性分化

Pasted Graphic 2 Pasted Graphic 3

平成24年度メチル水銀・カドミウム研究ミーティング(東京)

主催:環境省
日時:平成24年12月19日(水)
場所:東京国際交流館
  • 佐藤雅彦教授、李辰竜先生、本田晶子講座研究員が発表しました。
  • 本田晶子講座研究員が若手発表賞(演題:カドミウム毒性に対するメタロチオネイン-IIIの関与)を受賞しました。
DSC03292DSC03300DSC03303

2012 Singapore/Japan Joint Meeting on Biometals

日時:平成24年11月23日(金)〜25日(日)
場所:Singapore
Pasted GraphicPasted Graphic 1

日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2012(岐阜)

日時:平成24年11月18日(日)
場所:長良川国際会議場
  • 藤原泰之先生、李辰竜先生が発表しました。
Pasted GraphicPasted Graphic 1
Pasted Graphic 2

フォーラム2012:衛生薬学・環境トキシコロジー(名古屋)

日時:平成24年10月25日(木)〜26日(金)
場所:名古屋観光ホテル
Pasted Graphic 3Pasted Graphic 4
Pasted Graphic 5Pasted Graphic 6
  • 李辰竜先生が発表しました。
Pasted Graphic 2
  • 佐藤雅彦教授・藤原泰之先生が座長を務めました。
Pasted GraphicPasted Graphic 1

第3回メタロミクス研究フォーラム(東京)

日時:平成24年8月30日(木)〜31日(金)
場所:昭和薬科大学
  • 藤原泰之先生、李辰竜先生が発表しました。
Pasted Graphic Pasted Graphic 1

  • 藤原泰之先生が座長を務めました。
Pasted Graphic 2 Pasted Graphic 3

第1回医療生命薬学研究所特別講演会開催

(本講演会は日本薬学会東海支部会特別講演会並びに第56回薬学セミナーを兼ねる)

日時:平成24年8月6日(月)
場所:愛知学院大学 楠本キャンパス 4号館 4201講義室
演者:鍜冶利幸 教授 (東京理科大薬学部・環境健康学教室)
演題:組織化された共同研究が生み出す新しい展開
Pasted Graphic 1Pasted Graphic
Pasted Graphic 4 Pasted Graphic 2

The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology(仙台)

日時:平成24年7月17日(火)〜20日(金)
場所:仙台国際センター

  • 佐藤雅彦教授がシンポジウム「Mutagenesis and carcinogenesis of drugs, metals and industrial chemicals」の座長を務めました。
Pasted Graphic 4Pasted Graphic 5
  • 藤原泰之先生、李辰竜先生が発表しました。
Pasted Graphic 2 Pasted Graphic 3

第39回日本毒性学会学術年会(仙台)

日時:平成24年7月17日(火)〜19日(木)
場所:仙台国際センター
  • 佐藤雅彦教授、藤原泰之准教授、徳本真紀講座研究員が田邉賞を受賞しました。
受賞論文「Tokumoto M., Fujiwara Y., Shimada A., Hasegawa T., Seko Y., Nagase H., Satoh M. Cadmium toxicity is caused by accumulation of p53 through the down-regulation of Ube2d family genes in vitro and in vivo. J. Toxicol. Sci., 36, 191-200, 2011.
Pasted GraphicPasted Graphic 1
  • 佐藤雅彦教授がシンポジウム「重金属の毒性とその防御の分子メカニズム」を企画、座長を務めました。
Pasted Graphic 2Pasted Graphic 11
Pasted Graphic 4Pasted Graphic 5Pasted Graphic 6Pasted Graphic 8Pasted Graphic 10Pasted Graphic 9
  • 藤原泰之先生、李辰竜先生が発表しました。
Pasted GraphicPasted Graphic 1

第58回日本薬学会東海支部総会・大会(静岡)

日時:平成24年7月7日(土)
場所:静岡県立大学
  • 当研究室から藤原泰之先生、李辰竜先生が発表しました。
Pasted Graphic Pasted Graphic 1

平成24年度古川学術研究振興基金研究費交付

日時:平成24年6月22日(金)
研究課題「生殖機能におけるメタロチオネイン-IIIの新たな役割」

Pasted Graphic

日本薬学会132年会(札幌)

日時:平成24年3月28日(水)〜31日(土)
場所:北海道大学
  • 当研究室から李辰竜先生、徳本真紀研究員が発表しました。
Pasted Graphic Pasted Graphic 1 Pasted Graphic 2

第82回日本衛生学会学術総会(京都)

日時:平成24年3月24日(土)〜26日(月)
場所:京都大学吉田キャンパス

  • 佐藤雅彦教授が「シンポジウム:カドミウム研究の現状と今後の展望」にて発表しました。
  • 徳本真紀研究員がポスター発表しました。

The 51st Annual Meeting of the Society of Toxicology (San Francisco, California, USA)

日時:平成23年3月12日(日)〜14日(木)
場所:Moscone Convention Center, San Francisco, California,
USA.
The 51th Annual Meeting of Society of Toxicologyにおきまして、当研究室の研究成果(下記3演題)をポスター発表しました。
  • Satoh M., Tokumoto M., Fujiwara Y., Uchiyama M., Watanabe C. Arsenic induces p53-dependent apoptosis through the down-regulation of Ube2d family genes in renal tubular cells.
  • Tokumoto M., Fujiwara Y., Shimada A., Uchiyama M., Satoh M. Chronic exposure to cadmium induces apoptosis through the accumulation of p53 in kidney of mice.
  • Lee J., Hwang G., Satoh M., Naganuma A. DNA microarray analysis of gene expression profiling in the cerebellum of mice treated with methylmercury.

 Pasted Graphic 5 Pasted Graphic 3
 
Pasted Graphic 2  Pasted Graphic 4

メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011(名古屋)

日時:平成23年12月8日(木)〜9日(金)
場所:中電ホール(名古屋市東区東新町)
佐藤雅彦教授がメタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011の実行委員長を務めました。

徳本真紀研究員が研究奨励賞と若手優秀賞をダブル受賞しました。
 
徳本真紀研究員が口頭発表を、藤原泰之准教授と大学院生の小室広明氏がポスター発表を行いました。
 


第52回薬学セミナー(東海支部講演会を兼ねる)開催(愛知学院大学)

下記要領で薬学セミナーが開催されました
日時:平成23年11月15日(月)17:15〜18:45
場所:愛知学院大学 薬学部棟2階 大講義室(204)
演者:内山 真伸 教授(東京大学大学院薬学研究科/理化学研究所)
演題:有機化学・元素化学・計算化学で拓く物質科学・生命科学

 
  

フォーラム2011:衛生薬学・環境トキシコロジー(金沢)

日時:平成23年10月27日(木)〜28日(金)
場所:金沢エクセルホテル東急

佐藤雅彦教授が下記フォーラムをオーガナイズしました。
・フォーラムI:金属の生物活性・毒性研究を切り拓く新しいテクノロジー

また、徳本真紀研究員がポスター発表を行いました。

  

第3回 Toxicology研究交流会(鳥取)

日時:平成23年8月22日(月)〜23日(火)
場所:鳥取大学農学部獣医学科
研究交流会が開催され、当研究室から佐藤教授、藤原准教授、小室氏(大学院生)が研究発表を行いました。



第38回日本トキシコロジー学会学術年会(横浜)

日時:平成23年7月11日(月)〜13日(水)
場所:パシフィコ横浜

平成23年度 日本トキシコロジー学会・田邊賞を受賞しました Link
また、当研究室から藤原泰之准教授がポスター発表を行いました



第19回東海メタロチオネイン研究会(名古屋)

日時:平成23年6月25日(土)
場所:愛知学院大学薬学部大会議室

愛知学院大学薬学部で開催された第19回東海メタロチオネイン研究会において、当研究室から佐藤雅彦教授と藤原泰之准教授が発表を行いました



徳本真紀研究員が第47回薬学セミナーで講演を行いました

第47回薬学セミナー
日 時:平成23年5月18日(水)17:00〜18:00
場 所:愛知学院大学薬学部棟2階大講義室(206)
演 者:徳本 真紀 博士(理化学研究所 特別研究員)
演 題:カドミウム腎毒性発現機構に対するユビキチン・プロテアソームシステムの関与

 

The 50th Annual Meeting of the Society of Toxicology (Washington D.C., USA)

日時:平成23年3月6日(日)〜10日(木)
場所:
Walter E. Washington Convention Center, Washington, D.C. USA.
The 50th Annual Meeting of Society of Toxicologyにおきまして、当研究室の研究成果(下記2演題)をポスター発表しました。
  • M. Satoh, H. Banno, Y. Fujiwara. Suppression of iron transporter system in duodenum by cadmium.
  • M. Tokumoto, Y. Fujiwara, T. Hasegawa, Y. Seko, H. Nagase, M. Satoh. Cadmium causes over-accumulation of p53 through the suppression of gene expression of Ube2d family in rat proximal tubules cells.




フォーラム2010 衛生薬学・環境トキシコロジー(東京)

日時:平成22年9月9日(木)〜10日(金)
場所:東京都品川区 星薬科大学

フォーラム2010 衛生薬学・環境トキシコロジーにおきまして、当研究室の研究成果(2演題)を口頭発表しました。


第29回 生体と金属・化学物質に関する研究会(チョークトーク2010)(愛知県蒲郡)

日時:平成22年8月26日(木)〜27日(金)
場所:愛知県蒲郡市竹島 ホテル竹島

当研究室は生体と金属・化学物質に関する研究会(チョークトーク2010)をホテル竹島で開催しました
また、本研究会において、本田晶子助教が口頭発表を行い、第4回 櫻井賞を受賞しました 
Link1 Link2



第16回東海メタロチオネイン研究会(名古屋)

日時:平成22年7月17日(土)
場所:愛知学院大学薬学部

愛知学院大学薬学部で開催された第16回東海メタロチオネイン研究会において、当研究室から佐藤雅彦教授と本田晶子助教が発表を行いました


第20回金属の関与する生体関連シンポジウム Link

 
日時:平成22年6月25日(金)〜26日(土) 
場所:徳島文理大学
6月26日(土)ミニシンポジウム:バイオオルガノメタリクス:有機金属化合物・錯体分子のバイオロジー 
佐藤雅彦教授が第20回金属の関与する生体関連シンポジウムで上記ミニシンポジウムをオーガナイズし、
藤原泰之准教授がシンポジストとして発表しました

 
 

第37回日本トキシコロジー学会学術年会


日時:平成22年6月16日(水)〜18日(金) 
場所:沖縄コンベンションセンター
・当講座の研究成果(3演題)を口頭とポスターで発表しました


         

第80回日本衛生学会学術総会


日時:平成22年5月9日(日)〜5月11日(火) 
場所:仙台国際センター
・当講座の研究成果(3演題)を発表しました
  
            
 

Professor Laurie H.M. Chan による講演会開催 Link

日時:平成22年4月22日(木)17:00〜18:30 
場所:愛知学院大学薬学部
タイトル:「Biomarkers for exposure and effects of methylmercury」
講師:
Professor Laurie Hing Man Chan (University of Northern British Columbia, Canada)
 

日本薬学会第130年会(岡山)


2010年3月28〜30日に岡山で開催された日本薬学会第130年会に参加しました。
2件のシンポジウムのオーガナイズと1件のポスター発表を行いました。

北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング(長浜)

日時:平成22年2月25日〜2月26日


北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング(水俣)

日時:平成22年2月19日〜2月20日


第14回東海メタロチオネイン研究会(岐阜)(09/12/19)

日時:平成21年12月19日(土)
場所:岐阜薬科大学国際交流室(岐阜市三田洞東5-6-1)



第35回薬学セミナー(日本薬学会東海支部講演会を兼ねる)(演者:中 寛史 助教 名古屋大学大学院 理学研究科 物質理学専攻化学系 野依研究室/名古屋大学 物質科学国際研究センター分子触媒研究分野)開催(09/12/07)

演題:創薬化学を支える分子触媒の設計を目指して
場所:愛知学院大学薬学部204講義室



フォーラム2009 衛生薬学・環境トキシコロジー(沖縄)(09/11/5、6)

・講座の研究成果を発表しました
 
 

メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009(09/10/16、17)

・佐藤雅彦教授がシンポジウムをオーガナイズし、併せてシンポジストとして講演しました

・本田晶子助教がポスター賞を受賞しました

・講座の研究成果を発表しました

第28回 生体と金属・化学物質に関する研究会(チョークトーク)(青森県三沢市)(09/08/31〜09/09/01)



第12回 東海メタロチオネイン研究会(愛知学院大学薬学部1階大会議室)(09/08/08)

・佐藤教授、本田助教が発表を行いました。
  
  

第2回 Toxicology研究交流会(鳥取大学)(09/08/06〜07)

・鳥取大学農学部獣医学科で研究交流会が開催され、当研究室から佐藤教授、本田助教、徳本研究員が発表を行いました。
  
  
  

第55回 日本薬学会東海支部総会・大会(愛知学院大学)(09/07/11)

・本田助教が一般講演を行いました
 

第36回 日本トキシコロジー学会 学術年会(09/07/06〜08)

・佐藤雅彦教授が田邊賞を受賞しました

・藤原准教授が奨励賞を受賞し、受賞講演を行いました

・講座の研究成果を発表しました



佐藤雅彦教授が北陸大学薬学部において特別講演を行いました(09/06/26)



 

大学院 環境衛生学特論 特別講義(演者:永沼 章 教授 東北大学大学院 薬学研究科)開催(09/06/08)


 


大学院 環境衛生学特論 特別講義(演者:姫野誠一郎 教授 徳島文理大学 薬学部)開催(09/05/25)





第79回 日本衛生学会学術総会(東京 北里大学)(09/03/29〜04/01)

1.佐藤雅彦教授がシンポジストとして講演しました(09/03/30)
 シンポジウム1「オミックス・トキシコロジーの現在と未来」
 日 時:平成21年3月30日(月)
 場 所:北里大学白金キャンパス(東京)
 演 題:トキシコゲノミクスを活用したカドミウム毒性の研究



2.
藤原准教授が一般講演を行いました(09/03/30)




日本薬学会第129年会(京都 京都国際会議場)(09/03/26〜28)



藤原准教授がポスター発表を行いました(09/03/26)


佐藤雅彦教授が北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング(神戸)で特別講演を行いました(09/02/27)


北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング 特別講演
日 時:平成21年2月27日(金)
場 所:シーパル須磨(神戸)
演 題:メタロチオネイン誘導剤を利用した疾病予防

   


佐藤雅彦教授が八戸大学人間健康学部で特別講義を行いました(09/01/23)


八戸大学人間健康学部「生活環境論」特別講義
日 時:平成21年1月23日(金)
場 所:八戸大学人間健康学部
テーマ:最近の食品汚染問題について
   
(出典:八戸大学ホームページ NEWS & TOPICS


本田助教が第23回薬学セミナーで講演を行いました(09/01/21)

第23回薬学セミナー
日 時:平成21年1月21日(水)17:00〜18:00
場 所:愛知学院大学薬学部棟2階大講義室(204)
演 題:メタロチオネインの新たな生理機能の解明に向けた試みーメタロチオネイン欠損マウスを用いた解析ー