研究活動TOP

2008

原著論文

  1. Shibuya K., Nishimura N., Suzuki J.S., Tohyama C., Naganuma A., Satoh M. Role of metallothionein as a protective factor against radiation carcinogenesis. J. Toxicol. Sci., 33, 651-655, 2008. PMID: 19043287
  2. Inoue K., Takano H., Kaewamatawong T., Shimada A., Suzuki S.J., Yanagisawa R., Tasaka S., Ishizuka A., Satoh M. Role of metallothionein in lung inflammation induced by ozone exposure in mice. Free Radic. Biol. Med., 45, 1714-1722, 2008. PMID: 18929643
  3. Ohtani-Kaneko R., Tazawa H., Yokosuka M., Yoshida M., Satoh M., Watanabe C. Suppressive effects of cadmium on neurons and affected proteins in cultured developing cortical cells. Toxicology, 253, 110-116, 2008. PMID: 18835323
  4. Fujiwara Y., Yamamoto C., Hirooka T., Terada N., Satoh M., Kaji T. Arsenite but not arsenate inhibits general proteoglycan synthesis in cultured arterial smooth muscle cells. J. Toxicol. Sci., 33, 487-492, 2008. PMID: 18827449
  5. Shibuya K., Suzuki J.S., Kito H., Naganuma A., Tohyama C., Satoh M. Protective role of metallothionein in bone marrow injury caused by X-irradiation. J. Toxicol. Sci., 33, 479-484, 2008. PMID: 18827447 〜平成21年度 日本トキシコロジー学会・田邊賞受賞論文〜
  6. Yamamoto, C., Urano, U., Fujiwara, Y., Kaji T. Adiponectin as an inducer of decorin synthesis in cultured vascular smooth muscle cells. Life Sci., 83, 447-452, 2008. PMID: 18703075
  7. Inoue K., Takano H., Yanagisawa R., Sakurai M., Shimada A., Satoh M., Yoshino S., Yamaki K., Yoshikawa T. Antioxidative role of interleukin-6 in septic lung injury in mice. Int. J. Immunopathol. Pharmacol., 21, 501-507, 2008. PMID: 18831917
  8. Yoshida M., Shimizu N., Suzuki M., Watanabe C., Satoh M., Mori K., Yasutake A. Emergence of delayed methylmercury toxicity after perinatal exposure in metallothionein-null and wild-type C57BL mice. Environ. Health Perspect., 116, 746-751, 2008. PMID: 18560530
  9. Inoue K., Takano H., Satoh M. Protective role of metallothionein in coagulatory disturbance accompanied by acute liver injury induced by LPS/D-GalN. Thromb. Haemost., 99, 980-983, 2008. PMID: 18449439
  10. Mita M., Satoh M., Shimada A., Okajima M., Azuma S., Suzuki J.S., Sakabe K., Hara S., Himeno S. Metallothionein is a crucial protective factor against Helicobacter pylori-induced gastric erosive lesions in a mouse model. Am. J. Physiol. Gastrointest. Liver Physiol., 294, G877-884, 2008. PMID: 18239062
  11. Fujiwara Y., Mikami C., Nagai M., Yamamoto C., Hirooka T., Satoh M., Kaji T. Homocysteine inhibits proteoglycan synthesis in cultured bovine aortic smooth muscle cells. J. Health Sci., 54, 56-65, 2008.

総説・著書
  1. 本田晶子. NF-κBを介したメタロチオネイン発現誘導とヒ素毒性の防御. ファルマシア, 44, 458−459, 2008. Link
  2. Sato T., Yamamoto C., Fujiwara Y., Kaji T. Biological activities of exogenous polysaccharides via controlling endogenous proteoglycan metabolism in vascular endothelial cells. Yakugaku Zasshi,128, 717-723, 2008. PMID: 18451618
  3. Urano A., Yamamoto C., Fujiwara Y., Kaji T. Proteoglycan as a key molecule in atherosclerosis progression: characteristics of the structure and regulation of the synthesis. Yakugaku Zasshi, 128, 365-375, 2008. PMID: 18311055

国際学会発表
  1. Hasegawa T., Satoh M., Shimada A., Seko Y. Role of metallothionein hepatic toxicity caused by vanadium compound in mice. The 47th Annual Meeting of Society of Toxicology. Seattle, Washington, USA. March 2008.
  2. Yoshida M., Watanabe C., Satoh M., Yasutake A. Emergence of methylmercury toxicity long after a perinatal exposure in metallothionein-null and its wild-type C57BL mice strains. The 47th Annual Meeting of Society of Toxicology. Seattle, Washington, USA. March 2008.

学会発表
  1. 米原麻衣,小林 亮,佐藤雅彦,中西 剛,永瀬久光. 即時型アレルギーに及ぼすメタロチオネインの影響. 第10回東海メタロチオネイン研究会. 岐阜. 2008年12月.
  2. 本田晶子,佐藤雅彦. メタロチオネインノックアウトマウスの管理状況とメタロチオネイン-IIIの新たな機能解析. 第10回東海メタロチオネイン研究会. 岐阜. 2008年12月.
  3. 藤原泰之,佐藤雅彦. シロスタゾールによる血管構成細胞でのメタロチオネイン誘 導. 第10回東海メタロチオネイン研究会. 岐阜. 2008年12月.
  4. 米原麻衣,武田 渉,小林 亮,佐藤雅彦,中西 剛,永瀬久光. メタロチオネインが即時型アレルギーに及ぼす影響. 平成20年度日本薬学会東海支部例会. 静岡. 2008年12月.
  5. 藤原泰之,北川貴大,佐藤雅彦. 血管構成細胞におけるシロスタゾールによるメタロチオネイン誘導. 平成20年度日本薬学会東海支部例会. 静岡. 2008年12月.
  6. 本田晶子,小室広明,保住 功,犬塚 貴,原 英彰,内田洋子,藤原泰之,佐藤雅彦. カドミウム精巣毒性におけるメタロチオネイン-IIIの役割. 平成20年度日本薬学会東海支部例会. 静岡. 2008年12月.
  7. 中島可南子,川田ちひろ,本田晶子,藤代 瞳,佐藤雅彦,姫野誠一郎. 変異型ヘムオキシゲネース-1高発現細胞における金属毒性の変化. 第31回日本分子生物学会年会,第81回日本生化学会大会 合同大会. 神戸. 2008年12月.
  8. 徳本真紀,藤原泰之,長谷川達也,瀬子義幸,永瀬久光,佐藤雅彦. カドミウムの毒性発現におけるユビキチンシステムの撹乱とp53の関与. フォーラム2008:衛生薬学・環境トキシコロジー. 熊本. 2008年10月.
  9. 徳本真紀,藤原泰之,永瀬久光,佐藤雅彦. カドミウムによるユビキチンシステムの阻害とp53の過剰蓄積. 第35回日本トキシコロジー学会学術年会. 東京. 2008年6月.
  10. 藤原泰之,深谷 允,山本千夏,安池修之,栗田城治,佐藤雅彦,鍜冶利幸. 有機ビスマス化合物tris[2-(N,N-dimethylaminomethyl)phenyl]-bismuthane(TDPBi)は血管内皮細胞に対して選択的に細胞毒性を発現する. 第35回日本トキシコロジー学会学術年会. 東京. 2008年6月.
  11. 本田晶子,佐藤雅彦. メタロチオネイン-IIIノックアウトマウスの基礎データと今後の研究展開. 第9回東海メタロチオネイン研究会. 名古屋. 2008年5月.
  12. 藤原泰之,佐藤雅彦. 今年度の計画 ~メタロチオネイン合成を誘導する有機金属の探索~. 第9回東海メタロチオネイン研究会. 名古屋. 2008年5月.
  13. 徳本真紀,藤原泰之,永瀬久光,佐藤雅彦. カドミウムに曝露した近位尿細管上皮細胞におけるp53の過剰蓄積−ユビキチン-プロテアソームシステムの関与−. 第78回日本衛生学会学術総会. 熊本. 2008年3月.
  14. 藤原泰之,山本千夏,佐藤雅彦,鍜冶利幸. 鉛による血管内皮細胞の増殖阻害とその機序について. 第78回日本衛生学会学術総会. 熊本. 2008年3月.
  15. 吉田 稔,佐藤雅彦,安武 章,渡辺知保. 胎生期における水銀蒸気とメチル水銀の複合曝露が行動に及ぼす影響. 第78回日本衛生学会学術総会. 熊本. 2008年3月.
  16. 米原麻衣,小林 亮,松尾匡浩,山縣未瑶,佐藤雅彦,永瀬久光. 皮膚アナフィラキシー反応に及ぼすメタロチオネインの影響. 日本薬学会第128年会. 横浜. 2008年3月.
  17. 藤原泰之,山本千夏,佐藤雅彦,鍜冶利幸. 増殖期の血管内皮細胞プロテオグリカン合成に対する亜鉛の影響. 日本薬学会第128年会. 横浜. 2008年3月.
  18. 田中満崇,廣岡孝志,藤原泰之,井上頌子,山本千夏,新開泰弘,安武 章,鍜冶利幸. メチル水銀はヒト脳微小血管周皮細胞においてシンデカンの発現を誘導する. 日本薬学会第128年会. 横浜. 2008年3月.
  19. 廣岡孝志,藤原泰之,南 有香,山本千夏,新開泰弘,安武 章,鍜冶利幸. ヒト脳微小血管周皮細胞に対するメチル水銀の細胞密度依存的な傷害性. 日本薬学会第128年会. 横浜. 2008年3月.
  20. 徳本真紀,藤原泰之,永瀬久光,佐藤雅彦. カドミウムは腎近位尿細管上皮細胞においてp53の過剰蓄積を引き起こす. 日本薬学会第128年会. 横浜. 2008年3月.
  21. 寺田奈緒子,山本千夏,藤原泰之,鍜冶利幸. トロンボスポンジン-1による血管内皮細胞プロテオグリカン代謝の細胞密度依存的な調節. 日本薬学会第128年会. 横浜. 2008年3月.
  22. 伊藤俊弘,中木良彦,佐藤雅彦,鈴木純子,西條泰明,杉岡良彦,吉田貴彦. 高齢期のメタロチオネイン欠損マウスにおける行動と神経伝達物質の挙動および亜鉛欠乏食投与の影響に関する研究. 第78回日本衛生学会学術総会. 熊本. 2008年3月.

招待講演
  1. 佐藤雅彦. 疾患予防におけるメタロチオネインの有用性. 北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング ~機能性有機金属の創製とその生体機能解析、毒性及び創薬研究への統合的応用~. 長浜. 2008年4月.
  2. 藤原泰之.血管構成細胞のプロテオグリカン合成に対する亜ヒ酸の阻害作用. 北陸大学学術フロンティア年次集会. 金沢. 2008年3月.