研究活動TOP

2010

原著論文

  1. Itoh T., Nakai K., Satoh M., Satoh C., Kameo S., Nakagi Y., Saijo Y., Yoshida T., Naganuma A., Imai H., Satoh H. Effect of zinc deficiency on the behavior of metallothionein-I, II knockout mice. Biomed. Res. Trace Elem., 21, 204-213, 2010.
  2. Ishiguro M., Mishiro K., Fujiwara Y., Chen H., Izuta H., Tsuruma K., Shimazawa M., Yoshimura S., Satoh M., Iwama T., Hara H. Phosphodiesterase-III inhibitor prevents hemorrhagic transformation induced by focal cerebral ischemia in mice treated with tPA. PLoS ONE, 5(12), e15178, 2010. Link
  3. Matsumoto K., Fujishiro H., Satoh M., Himeno S. DNA microarray analysis of the liver of mice treated with cobalt chloride. J. Toxicol. Sci., 35, 935-939, 2010. PMID: 21139344
  4. Kobayashi R., Ikemoto T., Seo M., Satoh M., Inagaki N., Nagai H., Nagase H. Enhancement of immediate allergic reactions by trichloroethylene ingestion via drinking water in mice. J. Toxicol. Sci., 35, 699-707, 2010. PMID: 20930464
  5. Honda A., Komuro H., Shimada A., Hasegawa T., Seko Y., Nagase H., Hozumi I., Inuzuka T., Hara H., Fujiwara Y., Satoh M. Attenuation of cadmium-induced testicular injury in metallothionein-III null mice. Life. Sci., 87, 545-550, 2010. PDF & PMID: 20851133
  6. Tasaka S., Inoue K., Miyamoto K., Nakano Y., Kamata H., Shinoda H., Hasegawa N., Miyasho T., Satoh M., Takano H., Ishizuka A. Role of interleukin-6 in elastase-induced lung inflammatory changes in mice. Exp. Lung Res., 36, 362-372, 2010. PMID: 20653471
  7. Hirooka T., Fujiwara Y., Shinkai Y., Yamamoto C., Yasutake A., Satoh M., Eto K., Kaji T. Resistance of human brain microvascular endothelial cells in culture to methylmercury: Cell-density-dependent defense mechanisms. J. Toxicol. Sci., 35, 287-294, 2010. PMID: 20519836
  8. Hozumi I., Kohmura A., Kimura A., Hasegawa T., Honda A., Hayashi Y., Hashimoto K., Yamada M., Sakurai T., Tanaka Y., Satoh M., Inuzuka T. High levels of copper, zinc, iron and magnesium but not calcium, in the cerebrospinal fluid of patients with Fahr's disease. Case Rep. Neurol., 2, 46-51, 2010. PMID: 20671856
  9. Fujiwara Y., Honda A., Satoh M. DNA microarray gene expression analysis of human vascular endothelial cells exposed to arsenite. J. Toxicol. Sci., 35, 275-278, 2010. PMID: 20371982
  10. Honda A., Komuro H., Nagase H., Hozumi I., Inuzuka T., Hara H., Fujiwara Y., Satoh M. Microarray analysis of the liver in metallothionein-III null mice treated with cadmium. J. Toxicol. Sci., 35, 271-273, 2010. PDF & PMID: 20371981 
  11. Takaishi M., Shimada A., Suzuki J.S., Satoh M., Nagase H. Involvement of metallothionein (MT) as a biological protective factor against carcinogenesis induced by benzo[a]pyrene (B[α]P). J. Toxicol. Sci., 35, 225-230, 2010. PMID: 20371973
  12. Honda A., Komuro H., Hasegawa T., Seko,Y., Shimada A., Nagase H., Hozumi I., Inuzuka T., Hara H., Fujiwara Y., Satoh M. Resistance of metallothionein-III null mice to cadmium-induced acute hepatotoxicity. J. Toxicol. Sci., 35, 209-215, 2010. PDF & PMID: 20371971 〜平成23年度 日本トキシコロジー学会・田邊賞受賞論文〜
  13. Hirooka T., Fujiwara Y., Minami Y., Ishii A., Ishigooka M., Shinkai Y., Yamamoto C., Satoh M., Yasutake A., Eto K., Kaji T. Cell-density-dependent methylmercury susceptibility of cultured human brain microvascular pericytes. Toxicol. In Vitro, 24, 835-841, 2010. PMID: 20005941
  14. Takaishi M., Satoh M., Suzuki J.S., Nagase H. Preventive effect of preinduction of metallothionein on mutagenicity caused by benzo[a]pyrene. J. Health Sci., 56, 65-71, 2010. pdf

総説・著書
  1. 佐藤雅彦. カドミウム. In: 分子予防環境医学 [改訂版] :生命科学研究の予防・環境医学への統合, 本の泉社, 東京, pp662-671, 2010.
  2. 徳本真紀. カドミウムはエストロゲン受容体”陰性”乳がんの危険因子である. ファルマシア, 46, 971-972, 2010. Link
  3. 佐藤雅彦. カドミウム. In: 広範囲 血液•尿化学検査 免疫学的検査, -その数値をどう読むか-[第7版],日本臨牀社, 大阪, pp351-355, (日本臨牀. Vol. 68,増刊号1), 2010.
  4. 藤原泰之.メラミンによる食品汚染について.日本薬学会 環境・衛生部会ホームページ「環境・衛生薬学トピックス」, 2010.
  5. 佐藤雅彦(分担執筆), 最新公衆衛生学 第5版(中室克彦, 小嶋仲夫編集),廣川書店, 2010.
  6. 佐藤雅彦(分担執筆), 新しい衛生薬学 第7版 (小野嵜菊夫, 小嶋仲夫,永瀬久光編集),廣川書 店, 2010.

学会発表
  1. 橋本和宣,林 祐一,佐藤雅彦,堀川幸男,犬塚 貴,保住 功. メタロチオネイン-IIIによる脂肪細胞分化制御. 第17回東海メタロチオネイン研究会. 岐阜. 2010年12月.
  2. 藤原泰之,佐藤雅彦. 疾病の予防と治療に向けたメタロチオネイン研究の新たな試み. 第17回東海メタロチオネイン研究会. 岐阜. 2010年12月.
  3. 坂野博紀,藤原泰之,本田晶子,佐藤雅彦. カドミウムによる小腸鉄輸送システムの阻害作用. フォーラム2010:衛生薬学・環境トキシコロジー. 東京. 2010年9月.
  4. 徳本真紀,藤原泰之,島田章則,長谷川達也,瀬子義幸,永瀬久光,佐藤雅彦. ユビキチンシステムを介したカドミウム腎毒性発現機構. フォーラム2010:衛生薬学・環境トキシコロジー. 東京. 2010年9月.
  5. 本田晶子. MTのタンパク質&mRNA測定に関する検討. 第16回東海メタロチオネイン研究会. 名古屋. 2010年7月.
  6. 佐藤雅彦. 今年度の研究計画. 第16回東海メタロチオネイン研究会. 名古屋. 2010年7月.
  7. 本田晶子,小室広明,長谷川達也,瀬子義幸,島田章則,永瀬久光,保住 功,犬塚 貴,原 英彰,藤原泰之,佐藤雅彦. メタロチオネイン-III欠損マウスのカドミウム精巣毒性に関与する遺伝子の解析. 第56回日本薬学会東海支部 例会. 岐阜. 2010年7月.
  8. 高橋好文,鶴田昌三,本田晶子,安武 章,佐藤雅彦. アマルガム修復による水銀蒸気曝露がラット腎臓の遺伝子発現に及ぼす影響. 第37回日本トキシコロジー学会学術年会. 那覇. 2010年6月.
  9. 坂野博紀,藤原泰之,本田晶子,佐藤雅彦. カドミウムによるマウス小腸の鉄輸送関連遺伝子の発現抑制. 第37回日本トキシコロジー学会学術年会. 那覇. 2010年6月.
  10. 徳本真紀,藤原泰之,長谷川達也,瀬子義幸,島田章則,永瀬久光,佐藤雅彦. カドミウム長期曝露によるユビキチン関連遺伝子の発現抑制を介したp53の増加. 第37回日本トキシコロジー学会学術年会. 那覇. 2010年6月.
  11. 本田晶子,小室広明,長谷川達也,瀬子義幸,島田章則,永瀬久光,保住 功,犬塚 貴,原 英彰,藤原泰之,佐藤雅彦. カドミウムの精巣障害に及ぼすメタロチオネイン-IIIの影響. 第37回日本トキシコロジー学会学術年会. 那覇. 2010年6月.
  12. 伊藤俊弘,中木良彦,佐藤雅彦,鈴木純子,西條泰明,吉田貴彦. メタロチオネイン欠損マウスのストレス負荷に対する亜鉛欠乏食投与の影響. 第80回日本衛生学会学術総会. 仙台. 2010年5月.
  13. 吉田 稔,佐藤雅彦,安武 章,渡辺知保. 発育・発達期における水銀蒸気曝露による神経行動毒性について. 第80回日本衛生学会学術総会. 仙台. 2010年5月.
  14. 藤原泰之,今井峻司,長谷川達也,瀬子義幸,永瀬久光,佐藤雅彦. カドミウム経口曝露による小腸鉄輸送関連遺伝子の発現抑制. 第80回日本衛生学会学術総会. 仙台. 2010年5月.
  15. 徳本真紀,藤原泰之,長谷川達也,瀬子義幸,永瀬久光,佐藤雅彦. カドミウム長期曝露マウスの腎臓におけるp53の過剰蓄積. 第80回日本衛生学会学術総会. 仙台. 2010年5月.
  16. 坂野博紀,藤原泰之,佐藤雅彦. Caco-2細胞におけるカドミウムによる鉄輸送関連遺伝子の発現抑制. 第80回日本衛生学会学術総会. 仙台. 2010年5月.
  17. 長谷川達也,外川雅子,鳥居国政,井村仁美,島田章則,本田晶子,佐藤雅彦,瀬子義幸. 高脂肪食摂取動物にバナジウムを投与した場合の臓器毒性. 日本薬学会第130年会. 岡山. 2010年3月.
  18. 藤原泰之,今井峻司,長谷川達也,瀬子義幸,永瀬久光,佐藤雅彦. 小腸鉄輸送関連遺伝子の発現に対するカドミウム経口曝露の影響. 日本薬学会第130年会. 岡山. 2010年3月.

招待講演
  1. 藤原泰之, 佐藤雅彦. Induction of metallothionein synthesis by organometals and coordination compounds. 「ミニシンポジウム ~バイオオルガノメタリクス:有機金属化合物・錯体分子のバイオロジー~」. 第20回金属の関与する生体関連反応シンポジウム. 徳島. 2010年6月.
  2. 藤原泰之,今井峻司,坂野博紀,本田晶子,長谷川達也,瀬子義幸,永瀬久光,佐藤雅彦. 小腸鉄輸送関連遺伝子の発現に対するカドミウムの阻害効果. 北陸大学学術フロンティア年次研究集会. 金沢. 2010年3月.
  3. 佐藤雅彦. 水銀化合物の毒性に対するメタロチオネインの防御的役割. 北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング ~メチル水銀毒性の分子標的~. 水俣. 2010年2月.
  4. 藤原泰之,本田晶子,坂野博紀,佐藤雅彦. メタロチオネインを誘導合成する有機金属化合物・錯体分子の探索と疾病予防への展開. 北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング ~物質科学・生命科学を躍進させるバイオオルガノメタリクス~. 長浜. 2010年2月.
  5. 佐藤雅彦. 錯体分子を活用した生体防御システムの機能調節と疾病の治療・予防への展開を目指して. 北陸大学学術フロンティア・サテライトミーティング ~物質科学・生命科学を躍進させるバイオオルガノメタリクス~. 長浜. 2010年2月.(特別講演)