研究活動TOP

2011
原著論文

  1. Yoshida M., Honda M., Watanabe C., Satoh M., Yasutake A. Neurobehavioral changes and alteration of gene expression in the brains of metallothionein-I/II null mice exposed to low levels of mercury vapor during postnatal development. J. Toxicol. Sci., 36, 539-547, 2011. PMID: 22008530
  2. Yoshida M., Suzuki M., Satoh M., Yasutake A., Watanbe C. Neurobehavioral effects of combined prenatal exposure to low-level mercury vapor and methylmercury. J. Toxicol. Sci., 36, 73-80, 2011. PMID: 21297343
  3. Tokumoto M., Fujiwara Y., Shimada A., Hasegawa T., Seko Y., Nagase H., Satoh M. Cadmium toxicity is caused by accumulation of p53 through the down-regulation of Ube2d family genes in vitro and in vivo. J. Toxicol. Sci., 36, 191-200, 2011. J-STAGE 〜平成24年度 日本毒性学会・田邊賞受賞論文〜
  4. Hozumi I., Hasegawa T., Honda A., Ozawa K., Hayashi Y., Hashimoto K., Yamada M., Koumura A., Sakurai T., Kimura A., Tanaka Y., Satoh M., Inuzuka T. Patterns of levels of biological metals in CSF differ among neurodegenerative diseases. J. Neurol. Sci., 303, 95-99, 2011. PMID: 21292280
  5. Fujiwara Y., Banno H., Shinkai Y., Yamamoto C., Kaji T., Satoh M. Protective effect of pretreatment with cilostazol on cytotoxicity of cadmium and arsenite in cultured vascular endothelial cells. J. Toxicol. Sci., 36, 155-161, 2011. J-STAGE
  6. Fujiwara Y., Honda A., Yamamoto C., Kaji T., Satoh M. DNA microarray analysis of human coronary artery endothelial cells exposed to cadmium. J. Toxicol. Sci., 36, 141-143, 2011. pdf & PMID: 21297354
  7. Shimizu Y., Fujishiro H., Matsumoto K., Sumi D., Satoh M., Himeno S. Chronic exposure to arsenite induces S100A8 and S100A9 expression in rat RBL-2H3 mast cells. J. Toxicol. Sci., 36, 135-139, 2011. pdf & PMID: 21297353
  8. Tokumoto M., Ohtsu T., Honda A., Fujiwara Y., Nagase H., Satoh M. DNA microarray analysis of normal rat kidney epithelial cells treated with cadmium. J. Toxicol. Sci., 36, 127-129, 2011. pdf & PMID: 21297351

総説・著書
  1. 佐藤雅彦(分担執筆).ストレス科学辞典 初版 (高田 勗編集顧問).実務教育出版.東京.2011.
  2. 佐藤雅彦,藤原泰之他(分担執筆).コンパス衛生薬学ー健康と環境ー (鍜冶利幸・佐藤雅彦編集).南江堂.東京.2011.
  3. 藤原泰之,木村朋紀.若手が切り開くMolecular Toxicology 5 —化学物質に対する感受性を決定する生体システム—(誌上シンポジウム:日本薬学会第130年会シンポジウムS33序文).Yakugaku Zasshi,131,353-354,2011.

国際学会発表
  1. Satoh M., Banno H., Fujiwara Y. Suppression of iron transporter system in duodenum by cadmium. The 50th Annual Meeting of the Society of Toxicology. Washington, D.C. USA. March 2011.
  2. Tokumoto M., Fujiwara Y., Hasegawa T., Seko Y., Nagase H., Satoh M. Cadmium causes over-accumulation of p53 through the suppression of gene expression of Ube2d family in rat proximal tubules cells. The 50th Annual Meeting of the Society of Toxicology. Washington, D.C. USA. March 2011.

学会発表
  1. 徳本真紀,藤原泰之, 島田章則, 長谷川達也, 瀬子義幸,永瀬久光,内山真伸,佐藤雅彦.カドミウムの長期曝露マウスにおけるUbe2dファミリー遺伝子の抑制を介したp53依存的アポトーシス誘導. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011. 名古屋. 2011年12月
  2. 中村信介, 伊藤保志,萩島ひろみ,鶴間一寛,嶋澤雅光,池田恒彦,本田晶子,佐藤雅彦,原 英明.網膜血管新生に対するメタロチオネインI/IIの作用. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011.名古屋.2011年12月
  3. 鶴間一寛,嶌嵜博紀,大八木篤,伊藤保志,嶋澤雅光,本田晶子,佐藤雅彦,原 英明.網膜光障害におけるメタロチオネイン-IIIの関与. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011.名古屋.2011年12月
  4. 長嶺竹明,中里亨美,中野隆光,阿久津泰斗,小平 司,佐藤雅彦,中嶋克行.四塩化炭素障害肝におけるメタロチオネイン3の発現. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011.名古屋.2011年12月
  5. 中里亨美,中嶋克行,中野隆光,阿久津泰斗,小平 司,佐藤雅彦,中山憲司,長嶺竹明.ノックアウトマウス及びLECラットを用いたメタロチオネイン発現の検討.メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011.名古屋.2011年12月
  6. 小室広明,本田晶子,長谷川達也,瀬子義幸,島田章則,鈴木純子,藤原泰之,佐藤雅彦.カドミウム毒性に対する防御因子としてのメタロチオネインとグルタチオンの寄与. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011.名古屋. 2011年12月
  7. 髙石雅樹,島田章則,鈴木純子,佐藤雅彦,永瀬久光.Benzo[α]pyreneの発がんに対するメタロチオネインの影響. メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011.名古屋.2011年12月
  8. 高橋好文,鶴田昌三,本田晶子,藤原泰之,佐藤雅彦,安武 章.アマルガム修復とラット臓器の遺伝子発現について.メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011.名古屋.2011年12月
  9. 藤原泰之,佐藤雅彦.鉄輸送関連遺伝子の発現に及ぼすカドミウム経口曝露の影響.メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011.名古屋.2011年12月
  10. Shimazawa M., Shimazaki H., Imai S., Oyagi A., Ito Y., Tsuruma K., Honda A., Fujiwara Y., Satoh M., Hara H.. Metallothionein-III deficiency leads to exacerbation of light-induced retinal degeneration. Neuroscience 2011. Washington, D.C. USA. November 2011.
  11. 佐藤雅彦.カドミウム妊娠期曝露による鉄輸送システムの撹乱と胎仔肝臓中鉄濃度の低下.第2回「周産期・小児期における化学物質への曝露と生体影響に関する研究会」.八戸.2011年10月
  12. 徳本真紀.カドミウムによるユビキチンシステムの撹乱を介したアポトーシス誘導.第2回「周産期・小児期における化学物質への曝露と生体影響に関する研究会」.八戸.2011年10月
  13. 徳本真紀,藤原泰之,内山真伸,佐藤雅彦.カドミウム毒性に対するp53分解阻害の関与.フォーラム2011:衛生薬学・環境トキシコロジー.金沢.2011年10月
  14. 藤原泰之,坂野博紀,佐藤雅彦.カドミウムによる小腸上皮細胞での鉄吸収関連遺伝子の発現抑制.第38回日本トキシコロジー学会 学術年会.横浜.2011年7月
  15. 佐藤雅彦.MTノックアウトマウスの管理状況.第19回東海メタロチオネイン研究会.名古屋.2011年6月
  16. 藤原泰之.MT-1/2&ApoEノックアウトマウスの現状.第19回東海メタロチオネイン研究会.名古屋.2011年6月
  17. 徳本真紀.ユビキチンシステムの撹乱によるカドミウムの腎毒性発現 〜学生シンポジウムGS02:環境化学物質の生体応答の解明に立ち向かう〜.日本薬学会第131年会.静岡.2011年3月
  18. 吉田 稔,安武 章,佐藤雅彦,渡辺知保.メタロチオネインノックアウトマウスへの水銀蒸気曝露後の体内水銀の動態.第81回日本衛生学会学術総会.東京.2011年3月

その他
  1. 徳本真紀.カドミウム腎毒性発現機構に対するユビキチン・プロテアソームシステムの関与.愛知学院大学 第47回薬学セミナー.名古屋.2011年5月
  2. シンポジウムオーガナイズ:佐藤雅彦,小椋康光.一般シンポジウムS10: 身近な生活環境における重金属曝露と健康影響.日本薬学会第131年会.静岡.2011年3月
  3. シンポジウムオーガナイズ:徳本真紀,栗田尚佳.学生シンポジウムGS02: 環境化学物質の生体応答の解明に立ち向かう.日本薬学会第131年会.静岡.2011年3月