研究活動TOP

2006
原著論文

  1. Kobayashi K., Himeno S., Satoh M., Kuroda J., Shibata N., Seko Y., Hasegawa T. Pentavalent vanadium induces hepatic metallothionein through interleukin-6-dependent and -independent mechanisms. Toxicology, 228, 162–170, 2006. Link
  2. Mori K., Yoshida K., Hoshikawa S., Ito S., Yoshida M., Satoh M., Watanabe C. Effects of perinatal exposure to low doses of cadmium or methylmercury on thyroid hormone metabolism in metallothionein-deficient mouse neonates. Toxicology, 228, 77–84, 2006. Link

総説・著書
  1. 佐藤雅彦メタロチオネインの生体応答とその毒性学的意義ファルマシア42, 695–699, 2006. PDF
  2. 佐藤雅彦(分担執筆)新しい衛生薬学(第6版 修正版)pp469. 廣川書店東京20064.

国際学会発表
  1. Kondoh T., Haga A., Satoh M., Nagase H. Inhibiting effect of metallothionein on cancer metastasis in metallothionein I/II knock-out mice. The 11th International Congress of Metastasis Research Society joined with the 15th Annual Meeting of Japanese Association for Metastasis Research “From Postgenomics to the Clinic for Control of Cancer Metastasis”. Tokushima, Japan. September 2006.
  2. Satoh M. Involvement of metallothionein on fetal cadmium accumulation following gestational cadmium exposure. 25th Annual Meeting on Metal Toxicology: CHALK TALK 2006 –Korea/Japan Joint Meeting on Biometals-. Jeju, Korea. August 2006.
  3. Tokumoto M., Satoh M., Nagase H. Analysis of genes related to cadmium toxicity in NRK-52 cells. 25th Annual Meeting on Metal Toxicology: CHALK TALK 2006 –Korea/Japan Joint Meeting on Biometals-. Jeju, Korea. August 2006.

学会発表
  1. 脇田賢治守本亘孝嶋澤雅光佐藤雅彦保住 功永瀬久光犬塚 貴原 英彰脳梗塞急性期におけるシロスタゾールの脳保護作用とメタロチオネインについて18回日本脳循環代謝学会総会東京200611
  2. 小林 亮村上恵里池本忠嘉佐藤雅彦永瀬久光マウスに対するトリクロロエチレン飲水曝露が免疫系に及ぼす影響フォーラム2006:衛生薬学・環境トキシコロジー東京200610
  3. 畑 勝友若林 彩佐藤雅彦永瀬久光接触性皮膚炎に及ぼすメタロチオネインの影響フォーラム2006:衛生薬学環境トキシコロジー東京200610
  4. 徳本真紀大津智亮佐藤雅彦永瀬久光カドミウム毒性に対するユビキチン転移酵素Ube2d2の関与フォーラム2006:衛生薬学環境トキシコロジー東京200610
  5. 今井峻司村上恵里本田晶子長谷川達也瀬子義幸佐藤雅彦永瀬久光カドミウムによる腸管でのDivalent Metal Transporter 1 mRNA発現量の抑制フォーラム2006:衛生薬学環境トキシコロジー東京200610
  6. 高石雅樹北原有貴鈴木智史佐藤雅彦永瀬久光Benzo[α]pyreneの発がんおよび遺伝子損傷に対するメタロチオネインの防御的役割フォーラム2006:衛生薬学環境トキシコロジー東京200610
  7. 岡本 遥,佐藤雅彦,永瀬久光.胎仔期のゲニステイン曝露が次世代マウスの発癌物質代謝に及ぼす影響.第65回日本癌学会学術総会.横浜.20069月.
  8. 渋谷 清,西村典子,鈴木純子,遠山千春,永沼 章,佐藤雅彦.放射線発がん防護因子としてのメタロチオネインの役割.第65回日本癌学会学術総会.横浜.20069月.
  9. 藤代 瞳,奥垣里美,窪田圭祐,垣辺真吾,佐藤雅彦,姫野誠一郎.動物細胞におけるカドミウム輸送の分子メカニズム.第17回日本微量元素学会.静岡.20067月.
  10. 栗田尚佳,佐藤雅彦,永瀬久光.カドミウムの胎仔毒性に関わる遺伝子の網羅的解析.第33回日本トキシコロジー学会学術年会.名古屋.20067月.


その他
  1. 佐藤雅彦.環境有害因子に対するメタロチオネインの防御的役割.愛知学院大学 5回薬学セミナー,名古屋,20066月.