研究活動TOP

受賞



・徳本真紀「平成30年度 日本薬学会 環境・衛生部会賞・金原賞」 受賞(2018.9.10Link

 研究課題:カドミウム毒性発現におけるユビキチン関連遺伝子の関与.

・徳本真紀「12 2018年度(平成30年度)日本毒性学会・奨励賞」 受賞(2018.7.19Link
 研究課題:有害重金属の毒性発現に関わる新たな標的分子の同定およびその作用の解明.

・李 辰竜「メタルバイオサイエンス研究会2017・奨励賞」 受賞(2017.10.13Link
 研究課題:有害重金属の毒性発現に関わる新たな標的分子の同定およびその作用の解明.

・道家 瞳「2017年度(平成29年度)愛知学院大学薬学会 卒業論文発表会優秀発表賞」 受賞(2017.8.1Link
 卒業論文名:カドミウム急性毒性に対するチオール基含有生体防御因子の役割.

・近藤正規「2017年度(平成29年度)愛知学院大学薬学会 卒業論文発表会優秀発表賞」 受賞(2017.8.1Link
 卒業論文名:カドミウム腎毒性発現におけるGLUT4の関与.

・小長谷直史「2017年度(平成29年度)愛知学院大学薬学会 卒業論文発表会優秀発表賞」 受賞(2017.8.1Link
 卒業論文名:カドミウムによるヒートショックタンパク質遺伝子の発現変動.

・新海裕正「2016年度(平成28年度)愛知学院大学薬学会 卒業論文発表会優秀発表賞」 受賞(2016.8.1Link
 卒業論文名:神経芽腫細胞におけるBIRCファミリー遺伝子発現に及ぼすメチル水銀の影響.

・李 辰竜「第92015年度(平成27年度)日本毒性学会・奨励賞」 受賞(2015.6.30Link
 研究課題:有害重金属の毒性発現に関わる新たな標的分子の同定およびその作用の解明.

・李 辰竜「第42014年度(平成26年度)日本毒性学会・ファイザー賞」 受賞(2014.7.3Link
 受賞論文:Gene expression profiling using DNA microarray analysis of the cerebellum of mice treated with methylmercury. J. Toxicol. Sci., 36, 389-391, 2011.

・佐藤雅彦、徳本真紀、藤原泰之「第42014年度(平成26年度)日本毒性学会・ファイザー賞」 受賞(2014.7.3Link
 受賞論文:Cadmium toxicity is caused by accumulation of p53 through the down-regulation of Ube2d family genes in vitro and in vivo. J. Toxicol. Sci., 36, 191-200, 2011.

・李 辰竜「平成25年度メチル水銀研究ミーティング(主催:環境省)若手研究奨励賞」 受賞(2013.12.11Link
 受賞演題名:ピルビン酸が示すメチル水銀毒性増強作用

・本田晶子「平成24年度メチル水銀・カドミウム研究ミーティング(主催:環境省)若手発表賞」 受賞(2012.12.19Link
 受賞演題名:カドミウム毒性に対するメタロチオネイン-IIIの関与

・佐藤雅彦「平成24年度 日本薬学会 環境・衛生部会 学術賞」 受賞(2012.10.25Link
 受賞演題名:環境衛生学におけるメタロチオネインの生物学的意義に関する研究

・徳本真紀「The 6th International Congress of Asian Society of Toxicology・ポスター賞」 受賞(2012.7.20Link
 受賞演題名:Cadmium and arsenite cause p53-independent apoptosis attributed to down-regulation of Ube2d family in rat proximal tubule cells.

・佐藤雅彦、藤原泰之、徳本真紀「第22012年度(平成24年度)日本毒性学会・田邊賞」 受賞(2012.7.18Link
 受賞論文:Cadmium toxicity is caused by accumulation of p53 through the down-regulation of Ube2d family genes in vitro and in vivo. J. Toxicol. Sci., 36, 191-200, 2011.

・徳本真紀 「メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011 研究奨励賞」 受賞(2011.12.8Link
 受賞論文:Cadmium toxicity is caused by accumulation of p53 through the down-regulation of Ube2d family genes in vitro and in vivo. J. Toxicol. Sci., 36, 191-200, 2011.

・徳本真紀 「メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2011 若手優秀賞」 受賞(2011.12.8Link
 受賞演題名:カドミウム長期曝露マウスにおけるUbe2dファミリー遺伝子の抑制を介したp53依存的アポトーシス誘導

・佐藤雅彦、藤原泰之、小室広明「第12011年度(平成23年度)日本トキシコロジー学会・田邊賞」 受賞(2011.7.12Link
 受賞論文:Resistance of metallothionein-III null mice to cadmium-induced acute hepatotoxicity. J. Toxicol. Sci., 35, 209-215, 2010.

・本田晶子 「第29 生体と金属・化学物質に関する研究会(チョークトーク2010)・櫻井賞」受賞(2010.8.27Link
 発表タイトル:「カドミウム毒性に対するメタロチオネイン-IIIの増悪効果」

・本田晶子メタロチオネインおよびメタルバイオサイエンス研究会2009・ポスター賞」受賞(2009.10.17
 研究課題名:メタロチオネイン-III欠損マウスにおけるカドミウム精巣毒性の感受性

・佐藤雅彦「平成21年度(2009年度) 日本トキシコロジー学会・田邊賞」 受賞(2009.7.7Link
 受賞論文:Protective role of metallothionein in bone marrow injury caused by X-irradiation. J. Toxicol. Sci., 33, 479-484, 2008. 

・藤原泰之「平成21年度(2009年度) 日本トキシコロジー学会・奨励賞」 受賞2009.7.7Link
 研究課題名:有害金属による血管構成細胞の機能障害に関する研究