もどる原 著 論 文】【総 説

著 書
学術図書

  1. 佐藤雅彦. カドミウム. In: 分子予防環境医学 [改訂版] :生命科学研究の予防・環境医学への統合, 本の泉社, 東京, pp662-671, 2010.
  2. 佐藤雅彦. カドミウム. In: 広範囲 血液•尿化学検査 免疫学的検査, -その数値をどう読むか-[第7版],日本臨牀社, 大阪, pp351-355, (日本臨牀. Vol. 68,増刊号1), 2010.
  3. 佐藤雅彦. カドミウム. In: 広範囲 血液•尿化学検査 免疫学的検査, 日本臨牀社, 大阪, pp334-338, (日本臨牀. Vol. 62,増刊号), 2004.
  4. 佐藤雅彦. カドミウム. In: 分子予防環境医学:生命科学研究の予防・環境医学への統合, 本の泉社, 東京, pp603-610, 2003.
  5. 佐藤雅彦, 遠山千春. カドミウム. In: 中毒学 — 基礎・臨床・社会医学 — (荒川俊一), 朝倉書店, 東京, pp93-98, 2002.
  6. 佐藤雅彦. 酸化ストレスに対するメタロチオネインの生理学的意義. In: 酸化ストレス - フリーラジカル医学生物学の最前線 (吉川敏一), 医歯薬出版株式会社, 東京, pp315-318, (別冊 医学のあゆみ), 2001.
  7. 佐藤雅彦, 遠山千春. 抗腫瘍因子:サイトカイン. 生体の科学 (ノックアウトマウスリスト), 51: 490, 2000.
  8. 佐藤雅彦, 遠山千春. 消化管:Zn分泌・炎症防御. 生体の科学 (ノックアウトマウスリスト), 51: 464-465, 2000.
  9. Satoh M., Tohyama C. Susceptibility to metals and radical-inducing chemicals of metallothionein-null mice. In: Metallothionein VI (Klaassen C., ed), Birkhauser Verlag, Basel, pp541-546, 1999.
  10. 佐藤雅彦, 遠山千春. Metallothionein. In: ノックアウトマウス・データブック (野口 茂, 平井久丸), 中 山書店, 東京, pp320-321, (Molecular Medicine. Vol. 34, 臨時増刊号), 1997.
  11. Satoh M., Aoki Y., Tohyama C. Protective role of metallothionein in cisplatin-caused renal toxicity. In: Trace Elements in Man and Animals (Fischer P.W.F., L'Abbe M.R., Cockell K.A., Gibson R.S., eds), NRC Research Press, Ottawa, pp572-573, 1997.
  12. 佐藤雅彦, 井村伸正. CDDP/MT. In: BIOCHEMICAL MODULATIONの基礎と臨床 (金丸龍之介, 小西敏郎編集), 医学書院, 東京, pp83-88, 1995.
  13. Naganuma A., Satoh M., Imura N. Utilization of metallothionein inducer in cancer therapy. In: Metallothionein III (Suzuki K.T., Imura N., Kimura M., eds), Birkhauser Verlag, Basel, pp255-268, 1993.
  14. Kondo Y., Yamagata K., Satoh M., Naganuma A., Imura N., Akimoto, M. (1993) Clinical use of a bismuth compound as an adjunct in chemotherapy with cis-DDP against human urogenital tumors. In: Metallothionein III (Suzuki K.T., Imura N., Kimura M., eds), Birkhauser Verlag, Basel, pp269-278, 1993.
  15. Naganuma A., Satoh M., Imura N. Effect of preinduction of metallothionein synthesis on toxicity of free-radical-generating compounds in the mouse. In: Metallothionein in Biology and Medicine (Klaassen C.D., Suzuki K.T., eds), CRC Press, Boca Raton, pp305-310, 1991.
  16. Imura N., Satoh M., Naganuma A. Possible application of metallothionein in cancer therapy. In: Metallothionein in Biology and Medicine (Klaassen C.D., Suzuki K.T., eds), CRC Press, Boca Raton, pp375-382, 1991.
  17. Imura N., Satoh M., Naganuma A. Trace elements in cancer therapy. In: Trace Elements in Clinical Medicine (Tomita H., ed), Springer-Verlag, Tokyo, pp155-161, 1990.
  18. Imura N., Naganuma A., Satoh M., Chen J. Trace elements as useful tools for cancer chemotherapy. In: Essential and Toxic Trace Elements in Human Health and Disease (Prasad A.S., ed), Alan R. Liss, New York, pp443-456, 1988.
  19. 井村伸正, 永沼 章, 佐藤雅彦, 横山正夫. セレンおよびメタロチオネイン合成誘導剤による制癌剤の副作用軽減. バイオサイエンスの進展に基づくがんの重点研究, pp247-253, 1987.
  20. Imura N., Naganuma A., Satoh M., Koyama Y. Induction of renal metallothionein allows increasing dose of an extensively used antitumor drug, cis-diamminedichloroplatinum. Experientia Supplementum (Metallothionein II), 52, 655-660, 1987.
  21. Imura N., Naganuma A., Satoh M., Koyama Y. Depression of toxic side effects of anticancer agents by selenium or pretreatment with metallothionein inducers. In: Toxicology of Metals: clinical and experimental research (Brown, S. and Kodama, Y., eds), Ellis Horwood Ltd., England, pp99-105, 1987.
教科書・辞典
  1. 佐藤雅彦(分担執筆), スタンダード薬学シリーズ5 健康と環境 (第2版), 日本薬学会 編集, 2012.
  2. 佐藤雅彦(分担執筆), ストレス科学辞典 初版 (高田 勗編集顧問), 実務教育出版, 2011.
  3. 佐藤雅彦(分担執筆), コンパス衛生薬学ー健康と環境ー 初版 (鍜冶利幸・佐藤雅彦編集), 南江堂, 2011.
  4. 佐藤雅彦(分担執筆), 最新公衆衛生学 第5版 (中室克彦, 小嶋仲夫編集), 廣川書店, 2010.
  5. 佐藤雅彦(分担執筆), 新しい衛生薬学 第7版 (小野嵜菊夫, 小嶋仲夫,永瀬久光編集), 廣川書 店, 2010.
  6. 佐藤雅彦(編集・分担執筆). 衛生薬学サブノート 初版 (岡野登志夫・山_裕康・佐藤雅彦・鍜冶利幸編集), 廣川書店, 2009.
  7. 佐藤雅彦(分担執筆), 最新公衆衛生学 第4版 (中室克彦, 小嶋仲夫, 棚田成紀編集), 廣川書店, 2007.
  8. 佐藤雅彦(分担執筆), 新しい衛生薬学 第6版 修正版 (植松孝悦, 小野嵜菊夫, 小嶋仲夫編集), 廣川書 店, 2006.
  9. 佐藤雅彦(分担執筆), 環境・健康科学辞典 (日本薬学会編), 丸善, 2005.
  10. 佐藤雅彦(分担執筆), 新しい衛生薬学 第6版 (植松孝悦, 小野嵜菊夫, 小嶋仲夫編集), 廣川書店, 2004.