もどる 】【著 書


  1. Fujiwara Y., Satoh M. Protective Role of Metallothionein in chemical and radiation carcinogenesis. Curr. Pharm. Biotechnol., 14, 394–399, 2013. PMID: 23590136
  2. Fujiwara Y., Lee J.Y., Tokumoto M., Satoh M. Cadmium renal toxicity via apoptotic pathways. Biol. Pharm. Bull., 35, 1892–1897, 2012. PDF
  3. Tokumoto M., Satoh M. Cadmium induces p53-dependent apoptosis through the inhibition of Ube2d family genes expression. Jpn. J. Hyg., 67, 472–477, 2012. PDF
  4. 佐藤雅彦.メタロチオネインノックアウトマウスを利用した毒性解析.YAKUGAKU ZASSHI, 127, 709–717, 2007.
  5. 佐藤雅彦.メタロチオネインの生体応答とその毒性学的意義.ファルマシア42, 695–699, 2006.
  6. 佐藤雅彦.環境有害因子に対するメタロチオネインの毒性学的意義:メタロチオネイン-I/II欠損マウスモデル研究による検証と提言.日本衛生学雑誌59, 317–325, 2004.
  7. 小山 洋,佐藤雅彦,遠山千春.低用量カドミウム曝露と健康影響 (4) 生体負荷量・臨界濃度・生命予後.日本衛生学雑誌57, 624–635, 2003.
  8. 佐藤雅彦,鍜冶利幸,遠山千春.低用量カドミウム曝露と健康影響 (3) 実験動物および培養細胞における毒性.日本衛生学雑誌57, 615–623, 2003.
  9. 鍜冶利幸,小山 洋,佐藤雅彦,遠山千春.低用量カドミウム曝露と健康影響 (2) 生活習慣病と生殖毒性.日本衛生学雑誌57, 556–563, 2002.
  10. 小山 洋,鬼頭英明,佐藤雅彦,遠山千春.低用量カドミウム曝露と健康影響 (1) 遺伝子傷害性と発がん性.日本衛生学雑誌57, 547–555, 2002.
  11. 佐藤雅彦.最近のカドミウム毒性研究の課題と展望.医学のあゆみ202, 907–910, 2002.
  12. Satoh, M., Koyama, H., Kaji, T., Kito, H., Tohyama, C. Perspectives on cadmium toxicity research. Tohoku J. Exp. Med., 196, 23–32, 2002.
  13. 佐藤雅彦,遠山千春.突然変異および発がんにおけるメタロチオネインの役割.Biomed. Res. Trace Elements., 11, 138–144, 2000.
  14. 佐藤雅彦,遠山千春.環境汚染バイオマーカーとしてのメタロチオネインの有用性.環境毒性学誌2, 27–34, 1999.
  15. 佐藤雅彦,井村伸正.制癌剤と微量元素.栄養-評価と治療10, 241–247, 1993.
  16. 佐藤雅彦,永沼 章,井村伸正.微量元素による制癌剤の効果修飾.外科と代謝・栄養27, 1–10, 1993.
  17. 佐藤雅彦,井村伸正.メタロチオネインによる抗癌剤の薬効修飾.医学のあゆみ154, 696, 1990.
  18. 井村伸正,永沼 章,佐藤雅彦.抗癌剤耐性とメタロチオネイン.癌と化学療法16, 599–604, 1989.
  19. 永沼 章,佐藤雅彦,井村伸正.金属間相互作用を利用した制癌剤の副作用軽減.代謝24(臨時増刊号,癌’87, 191–196, 1987.