研究概要

(1)呼吸中枢神経回路の構造と機能ならびに呼吸調節機能に関する研究

 呼吸中枢神経回路を構成する様々なタイプの呼吸中枢ニューロンにおいて,膜の電気的特性とシナプス伝達様式の特徴,関与する神経伝達物質の同定および受容体伝達機構についてwhole animalを用いて研究している。また,疼痛とそれに伴う呼吸調節機能の変化を検討する目的で,whole body plethysmographyあるいはin vivo modelを用いてオピオイドによる呼吸抑制とその制御機構について検討している。

(2)咳嗽反射回路と鎮咳薬の作用機序の研究

 生体防御反射の一つである咳嗽反射について,その反射回路の構造および中枢性鎮咳薬の作用機序ならびに作用部位の解明を志している。また,咳嗽反射回路の中核を成す延髄孤束核における興奮性伝達物質(グルタミン酸)放出制御機構について延髄slice標本を用いて研究している。

(3)海馬長期増強の調節に関する研究

 海馬CA1細胞シナプス伝達の長期増強現象における海馬由来コリン作動性神経刺激ペプチド(hippocampal cholinergic neurostimulating peptide: HCNP)の関与とアミロイドβによる抑制機序についてHCNP knockout mouseおよびHCNP-pp transgenic mouseから作成した海馬slice標本を用いて,電気生理学的・神経薬理学的に検討している(名古屋市立大学医学部神経内科学講座との共同研究)。

(4)三叉神経脊髄路核における痛覚伝導制御に関する研究

 口腔内の痛覚伝達を中継する三叉神経脊髄路核内でのシナプス伝達におけるTRP channelの関与ならびにプロスタノイドによる制御について,延髄slice標本を用いてシナプス後電流を指標に検討している(愛知学院大学歯学部歯科矯正学講座との共同研究)。

(5)神経障害性疼痛における痛みと骨量減少の相互関係に関する研究

 難治性疼痛の一種である神経障害性疼痛患者において骨量減少が認められることから,痛みと骨量減少は相互に悪影響を及ぼしている可能性が考えられる。本研究では神経障害性疼痛モデルマウスを用いて,疼痛行動試験および骨構造解析・骨代謝パラメータ解析によって,痛みと骨量減少の相互作用のメカニズムを明らかにすると共に有効な治療薬の探索を目的として研究を行っている。


[Home]

[愛知学院大学 薬学部]

Contact us
Laboratory of Neuropharmacology, School of Pharmacy, Aichi Gakuin University
1-100 Kusumoto, Chikusa, Nagoya 464-8650, Japan
Tel: +81-52-757-6786 Fax: +81-52-757-6799