2016年~現在

 ook 著書
 ournal 原著論文
 eview 依頼原稿・総説
 ymposium 特別講演・招請講演・シンポジウム
 eeting 学会発表(国際学会・国内学会)
 ress マスコミ報道



著 書

Yuji Morita, Xian-Zhi Li
Efflux-Mediated Antimicrobial Resistance in Bacteria: Mechanisms, Regulation and Clinical Implication.
Antimicrobial Resistance and Drug Efflux Pumps in Vibrio and Legionella. .In Li, Xian-Zhi, Elkins, Christopher A., Zgurskaya, Helen I. (eds.).
Springer, New York, p307-28, 2017.

富田純子、森田雄二、河村好章、他
薬学領域の病原微生物学・感染症学・化学療法学 第3版
増澤俊幸、河村好章(編集)
廣川書店、東京、2016

河村好章、他
スタンダード薬学シリーズII、生物系薬学、III.生体防御と微生物
日本薬学会(編)
東京化学同人、東京、2016


原著論文


Tomida J, Morita Y, Shibayama K, Kikuchi K, Sawa T, Akaike T, Kawamura Y.
Diversity and microevolution of CRISPR loci in Helicobacter cinaedi
PLoS ONE 12(10) :e0186241, https://doi.org/10.1371/journal.pone.0186241, 2017

Tohya M, Arai S, Tomida J, Watanabe T, Kawamura Y, Katsumi M, Ushimizu M, Ishida-Kuroki K, Yoshizumi M, Uzawa Y, Iguchi S, Yoshida A, Kikuchi K, Sekizaki T.
Defining the taxonomic status of Streptococcus suis serotype 33: the proposal for Streptococcus ruminantium sp. nov.
Int J Syst Evol Microbiol, DOI 10.1099/ijsem.0.002204, 2017

Nakashima K, Tomida J, Hirai T, Morita Y, Kawamura Y, and Inoue M.
Tubakialactones A–E, new polyketides from the endophytic fungus Tubakia sp. ECN-111
Tetrahedron Letters 58: 2248–2251, 2017

Nakashima K, Tomida J, Tanabe M, Hirai T, Morita Y, Kawamura Y, and Inoue M.
A new chromone derivative from an endophytic fungus Xylaria sp. isolated from Ardisia crenata
Heterocycles 94: 308-313, 2017

Nakashima K, Tomida J, Hirai T, Morita Y, Kawamura Y, and Inoue M.
A new isocoumarin derivative from an endophytic fungus Thielavia sp. isolated from Crassula ovata.
Heterocycles 94: 117-121, 2017

Hayashi T, Tomida J, Kawamura Y, Yoshida M, Yokozawa I, Kaneko S.
Unusual manifestation of Helicobacter cinaedi infection: a case report of intracranial subdural empyema and bacter.
BMC Infect Dis. 17: 40, 2017 .DOI: 10.1186/s12879-016-2129-3

Fujiya Y, Nagamatsu M, Tomida J, Kawamura Y, Yamamoto K, Mawatari M, Kutsuna S, Takeshita N, Hayakawa K, Kanagawa S, Mezaki K, Hashimoto M, Ishii S, Ohmagari N
Successful treatment of recurrent Helicobacter fennelliae bacteremia by selective digestive decontamination with kanamycin in a lung cancer patient receiving chemotherapy
JMM Case reports, 3. doi: 10.1099/jmmcr.0.005069 , 2016

Kawamura Y, Tomida J, Miyoshi-Akiyama T, Okamoto T, Narita M, Hashimoto K, Cnockaert M, Vandamme P, Morita Y, Sawa T, and Akaike T.
Proposal of Helicobacter canicola sp. nov., previously identified as Helicobacter cinaedi, isolated from canines.
Syst Appl. Microbiol, 39: 307-12, 2016 (doi:10.1016/j.syapm.2016.06.004)

Morita Y, Nakashima K, Nishino K, Kotani K, Tomida J, Inoue M, Kawamura Y.
Berberine is a novel type efflux inhibitor which attenuates the MexXY-mediated aminoglycoside resistance in Pseudomonas aeruginosa
Frontiers in Microbiology, 7: doi: 10.3389/fmicb.2016.01223, 2016

Goto T, Hirakawa H, Morita Y, Tomida J, Sato J, Matsumura Y, Mitani A, Niwano Y, Takeuchi K, Kubota H, Kawamura Y
Complete genome sequence of Moraxella osloensis strain KMC41, a producer of 4-methyl-3-hexenoic acid, a major malodor compound in laundry.
Genome Announcements 4: doi: 10.1128/genomeA.00705-16, 2016

後藤 隆次、森田 雄二、林 将大、田中 香お里
メロペネム中等度耐性Bacteroides fragilis GAI92214株ゲノムライブラリーを用いた新規メロペネム耐性因子の同定
日本嫌気性菌感染症学会雑誌、46: 68-7, 2016

古垣内美智子、江成博、吉田敦、奥住捷子、河村好章、戸田宏文、宇都宮孝治、松浦宏美、山口逸弘、上硲俊法
MALDI-TOF MS 2機種とVITEK 2におけるnutritionally variant streptococci (NVS)の同定精度の比較と同定に重要な生化学性状の検討
日本臨床微生物学雑誌、26: 223-33, 2016日本臨床微生物学会ビオメリュー賞受賞

Meiwa T, Tomida J, Kawamura Y, Miyata I, Yuza Y, Horikoshi Y.
Helicobacter cinaedi bacteremia resulting from antimicrobial resistance acquired during treatment for X-linked agammaglobulinemia.
J. Infect Chemother, doi:10.1016/j.jiac.2016.02.008, 2016.

Kishii K, Kikuchi K, Tomida J, Kawamura Y, Yoshida A, Okuzumi K, Moriya K.
The first cases of human bacteremia caused by Acinetobacter seifertii in Japan.
J. Infect Chemother, 22: 342-5, 2016.

Abiko Y, Sato T, Sakashita R, Tomida J, Kawamura Y, Takahashi N.
Profiling subgingival microbiota of plaque biofilms in the elderly.
J. Oral Biosci, 58: 62-5, 2016


依頼原稿・総説

富田純子、森田雄二、河村好章
Helicobacter cinaediおよびHelicobacter fennelliaeによる感染症
Journal of Helicobacter Research, 20: 238-44, 2016


講演、学会発表、等


2017年

特別講演・招待講演・依頼講演・シンポジウム

富田純子、森田雄二、河村好章
Helicobacter属菌種の分類と腸肝在位菌H. cinaediの特徴
第90回日本細菌学会総会、シンポジウム「腸肝在位Helicobacter感染症研究の最前線」、仙台、2017、Mar

松永哲郎、藤井重元、澤智裕、河村好章、赤池孝章
Helicobacter cinaediの持続感染と動脈硬化症の進展・促進機構
第90回日本細菌学会総会、シンポジウム「腸肝在位Helicobacter感染症研究の最前線」、仙台、2017、Mar

森田雄二、富田純子、河村好章
ベルベリンは緑膿菌の排出によるアミノ配糖体耐性を軽減する
第90回日本細菌学会総会、シンポジウム「多剤排出トランスポーターの多面的理解と耐性を克服する阻害剤開発」、仙台、2017、Mar

河村好章
嫌気性菌の分類の現状
第28回日本臨床微生物学会総会、シンポジウム「Antimicrobial stewardship時代における嫌気性菌の臨床的意義と薬剤耐性嫌気性菌」、長崎、2017, Jan


学会発表(国際学会・国内学会)

恒川由已、渡邊法男、友田篤臣、鈴木一吉、杉本太造、河村好章、井上誠
愛知学院大学薬学部・歯学部5年生による多職種連携教育(IPE)の実施
第2回日本薬学教育学会大会、名古屋、2017、Sep

小谷謙太、斎藤康平、富田純子、森田雄二、西野邦彦、河村好章
ベルベリン誘導体の緑膿菌MexXY多剤排出系阻害と抗黄色ブドウ球菌活性のメカニズム
第29回微生物シンポジウム、広島、2017、Aug

三宅正紀、小野内拓也、古川哲也、山口美幸、高橋瞳、前田久美子、河村好章、今井康之
ヘリコバクター・シネディのヒトマクロファージ感染における細胞内動態の解析
第29回微生物シンポジウム、広島、2017、Aug

Kutsuna R, Tomida J, Morita Y, Kawamura Y.
A certain Clostridium sp. might be affected UC model mouse status adversely.
IUMS 2017, Singapore, 2017, Jul.

Tomida J, Morita Y, Kawamura Y.
Analysis of the fluoroquinolone antibiotic resistance mechanism of Helicobacter cinaedi isolates.
IUMS 2017, Singapore, 2017, Jul.

Kawamura Y, Tomida J, Ueno M, Nakata H, Matsuoka M, Kawaguchi T, Yamamoto K, Tsumura S, Hashimoto K, Tsutsuki H, Sawa T, Akaike T
Diversity of the enterohepatic Helicobacter species isolated from human clinical specimens.
- Detection of H. trogontum, H. equorum, and a new species candidate -
IUMS 2017, Singapore, 2017, Jul.

久綱 僚, 富田 純子, 森田 雄二, 河村 好章
特定のClostridium sp. はUC モデルマウスにおける病態悪化因子となり得る
日本薬学会第137年会、仙台、2017、Mar

中島 健一, 富田 純子, 平居 貴生, 森田 雄二, 河村 好章, 井上 誠
ドクダミ葉部由来糸状菌Tubakia sp. の二次代謝産物に関する研究
日本薬学会第137年会、仙台、2017、Mar

榊原佳子、増澤俊幸、小川みどり、二階堂晴彦、松本正広、斎藤光正、富田純子、河村好章、柳原保武、日高悠介
日本全国の土壌からのレプトスピラの検出と性状解析
第90回日本細菌学会総会、仙台、2017、Mar

小野川拓也、高橋瞳、前田久美子、富田純子、今井康之、河村好章、三宅正紀
ヘリコバクター・シネディのマクロファージ感染における細胞内生存性および細胞内動態に関する研究
第90回日本細菌学会総会、仙台、2017、Mar

藤井重元、松永哲郎、西村明、井田智章、澤智裕、河村好章、赤池孝章
マクロファージにおけるヘリコバクター・シネディの持続感染の解析
第90回日本細菌学会総会、仙台、2017、Mar

荻泰裕、山本景一、吉永浩子、土橋紗央里、福嶋理香、大隈雅紀、池田勝義、富田純子、河村好章、馬場秀夫、松井啓隆、
血液培養よりHelicobacter cinaedi を分離した5症例の検討
第62回日本臨床検査医学会九州地方会、久留米、2017,Mar九州支部若手研究者賞受賞

遠矢真理、新井沙倉、富田純子、渡辺孝康、河村好章、勝見正道、牛水真紀子、吉住美奈、鵜澤豊、井口成一、吉田敦、菊池賢、関崎勉
新菌種Streptococcus ruminantium sp. nov.の提唱
第1回獣医微生物学フォーラム、東京、2017、Mar

口広智一、大沼健一郎、中村竜也、富田純子、河村好章
血液培養より分離されたRhizobium pusense による敗血症の1 例
第28回日本臨床微生物学会総会、長崎、2017、Jan


2016年

特別講演・招待講演・依頼講演・シンポジウム

河村好章、富田純子、森田雄二
、秋山徹
網羅的ゲノム比較による微生物分類の新しい展開
第65回日本感染症学会東日本学術集会+第63回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会、
シンポジウム「感染症診断・治療・予防のブレイクスルーをめざして!ーオミクス解析を中心に」、新潟、2016、Oct

河村好章
抗生物質および口腔免疫の基礎
アメリカ口腔インプラント学会認定講習会JapanMaxiCourse、名古屋、2016、Aug


学会発表(国際学会・国内学会)

河村好章、富田純子、森田雄二、成田雅、赤池孝章
Helicobacter cinaedi感染症の感染源とされているペット(イヌ)由来菌は異なる菌種である
第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会+第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会+第64回日本化学療法学会西日本支部総会 合同開催、沖縄、2016、Nov

田中香お里、佐藤拓一、八巻恵子、林将大、河村好章
歯科感染症から分離されたグラム陽性嫌気性菌の薬剤感受性
第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会+第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会+第64回日本化学療法学会西日本支部総会 合同開催、沖縄、2016、Nov

久綱僚、富田純子、森田雄二、河村好章
潰瘍性大腸炎モデルマウス病態増悪因子としてのClostridium sp. ID4
第53回日本細菌学会中部支部総会、新潟、2016,Oct

神谷 祥世、富田 純子、森田 雄二、河村 好章
Helicobacter cinaediの環境ストレス下における発育能・代謝活性の変化に関する研究
第28回微生物シンポジウム、名古屋、2016,Sep

久綱僚、富田純子、森田雄二、河村好章
Clostridium sp. ID4のDSS誘発性大腸炎モデルマウス病態への関与
第28回微生物シンポジウム、名古屋、2016,Sep優秀アブストラクト賞受賞

小谷謙太、森田雄二、松村実生、富田純子、安池修之、河村好章
ベルベリン誘導体の緑膿菌MexXY多剤排出系阻害活性と抗MRSA活性
第28回微生物シンポジウム、名古屋、2016,Sep

増澤俊幸、榊原佳子、小川みどり、松本正広、二階堂靖彦、横山満、齋藤光正、富田純子、河村好章、柳原保武、日高悠介、吉田眞一
土壌由来レプトスピラの性状解析と新種としての可能性
第28回微生物シンポジウム、名古屋、2016,Sep

小谷謙太、森田雄二、松村実生、富田純子、安池修之、河村好章
ベルベリン誘導体によるPseudomonas aeruginosa 多剤排出系MexXY の阻害活性
第62回日本薬学会東海支部大会、名古屋、2016、Jul

Goto T, Morita Y, Hayashi M, Tanaka K.
Identification of a Novel Meropenem-Intermediate Resistance Factor Using a Genomic DNA library of Bacteroides fragilis GAI92214 Strain.
ASM Microbe 2016、Boston, USA、2016、Jun

森田雄二, 深谷詩織, 小谷謙太, 富田純子, 河村好章
ベルベリンとアミノ配糖体の緑膿菌に対する多剤排出系MexXY 依存的な相乗作用
日本薬学会 第136年回、横浜、2016、Mar

富田純子, 中島健一, 鈴木裕可, 森田雄二, 波多野紀行, 井上誠, 河村好章
腸炎モデルマウス腸内細菌叢に優位に存在するClostridium sp. ID4 による炎症誘発
機構の検討
日本薬学会 第136年回、横浜、2016、Mar

前田久美子, 三宅正紀, 中西南帆, 高橋瞳, 河村好章, 今井康之
蛍光多重免疫染色法を用いたヘリコバクター・シネディのマクロファージ内生存
性に関する検討
日本薬学会 第136年回、横浜、2016、Mar

松永 哲郎,藤井 重元,井田 智章,津々木 博康,澤 智裕,河村 好章,赤池 孝章
健常者における新興感染症菌Helicobacter cinaedi 感染スクリーニングと感染疫学研究
第89回日本細菌学会総会、大阪、2016、Mar

富田純子、川松亜衣、繁益凪紗、森田雄二、河村好章
同一施設から分離されたHelicobacter cinaediの系統解析および環境からの検出調査
第27回日本臨床微生物学会総会、仙台、2016、Jan

岸井こずゑ、菊池賢、冨田純子、河村好章、吉田敦、奥住捷子、森屋恭爾
“close to 13 TU” 菌血症を引き起こしたAcinetobacter seifertiiの同定解析
第27回日本臨床微生物学会総会、仙台、2016、Jan

古垣内美智子、江成博、吉田敦、奥住捷子、河村好章、戸田宏文、宇都宮孝治、松浦宏美、山口逸弘、上硲俊法
MALDI-TOF MS 2機種とVITEK 2におけるnutritionally variant streptococci (NVS)の同定精度の比較と同定に重要な生化学性状の検討
第27回日本臨床微生物学会総会、仙台、2016、Jan


マスコミ(新聞、TV,ラジオ)報道

河村好章
ガッテン! 『梅雨を快適に!いや~な部屋干し臭 一発解消SP』
NHK、ガッテン、2017.6.14



業績トップページに戻る