本文へスキップ
 薬学部 医療薬学科 薬物治療学講座    〒464-8650 愛知県名古屋市千種区楠元町1-100 TEL 052-751-2561 FAX 052-757-6799   

研究業績Study Achievements

愛知学院大学薬物治療学研究業績

原著論文
2017年
Coexistence of Copper in the Iron-Rich Particles of Aceruloplasminemia Brain.
Yoshida K, Hayashi H, Wakusawa S, Shigemasa R, Koide R, Ishikawa T, Tatsumi Y, Kato K, Ohara S, Ikeda SI.
Biol. Trace. Elem. Res., 175(1):79-86. (2017)


Iron overload patients with unknown etiology from national survey in Japan.
Ikuta K, Hatayama M, Addo L, Toki Y, Sasaki K, Tatsumi Y, Hattori A, Kato A, Kato K, Hayashi H, Suzuki T, Kobune M, Tsutsui M, Gotoh A, Aota Y, Matsuura M, Hamada Y, Tokuda T, Komatsu N, Kohgo Y.
Int. J. Hematol., 105(3):353-360. (2017)


Docosahexaenoic acid promotes neurite outgrowth through PI3K and JNK-mediated signaling pathways in Neuro2a cells
Tatsumi Y, Kato A, Kondo N, Himane T, Kondo M, Kato Y, Kamiya H, Nakamura J, Kato K
Diabetes. 66 :Supple1 : A145. (2017)


2016年
PIEZO1 gene mutation in a Japanese family with hereditary high phosphatidylcholine hemolytic anemia and hemochromatosis-induced diabetes mellitus.
Imashuku S, Muramatsu H, Sugihara T, Okuno Y, Wang X, Yoshida K, Kato A, Kato K, Tatsumi Y, Hattori A, Kita S, Oe K, Sueyoshi A, Usui T, Shiraishi Y, Chiba K, Tanaka H, Miyano S2, Ogawa S, Kojima S, Kanno H
Int. J. Hematol., 104(1):125-129. (2016)


Antioxidant Effects via G-protein-coupled Receptor GPR40 and GPR120 in Immortalized Adult Mouse Schwann (IMS32) Cells.
Tatsumi Y, Kato A, Himane T, Kondo M, Kato Y, Kamiya H, Nakamura J, Kato K
Diabetes. 65(6) :Supple1 : A148. (2016)


2015年
Irbesartan attenuates production of high-mobility group box 1 in response to lipopolysaccharide via downregulation of interferon-β production.
Kato Y, Kamiya H, Koide N, Odkhuu E, Komatsu T, Watarai A, Kondo M, Kato K, Nakamura J, Yokochi T.
Int. Immunopharmacol., 26(1):97-102. (2015)


N-3 Polyunsaturated Fatty Acids Have An Antioxidant Effect via The Nrf2 Pathway in Immortalized Adult Mouse Schwann (IMS-32) Cells.
Tatsumi Y, Kato A, Mano M, Kondo M, Kato Y, Kamiya H, Nakamura J, Kato K
Diabetes., 64(6) :Supple1 : A158. (2015)


Case of ketoacidosis by a sodium-glucose cotransporter 2 inhibitor in a diabetic patient with a low-carbohydrate diet.
Hayami T, Kato Y, Kamiya H, Kondo M, Naito E, Sugiura Y, Kojima C, Sato S, Yamada Y, Kasagi R, Ando T, Noda S, Nakai H, Takada E, Asano E, Motegi M, Watarai A, Kato K, Nakamura J
J. Diabetes Invest., 6(5):587-590. (2015)


Lack of Contribution of Multidrug Resistance-associated Protein and Organic Anion-transporting Polypeptide to Pharmacokinetics of Regorafenib, a Novel Multi-Kinase Inhibitor, in Rats.
Hotta K, Ueyama J, Tatsumi Y, Tsukiyama I, Sugiura Y, Saito H, Matsuura K, Hasegawa T
Anticancer Res., 35(9):4681-4689. (2015)


Acute Hepatic Phenotype of Wilson Disease: Clinical Features of Acute Episodes and Chronic Lesions Remaining in Survivors.
Hayashi H, Tatsumi Y, Yahata S, Hayashi H, Momose K, Isaji R, Sasaki Y, Hayashi K, Wakusawa S, Goto H.
J. Clin. Transl. Hepatol., 3(4):239-245. (2015)


2014年
Biochemical staging of the chronic hepatic lesions of Wilson disease.
Katano Y, Hayashi K, Hattori A, Tatsumi Y, Ueyama J, Wakusawa S, Yano M, Toyoda H, Kumada T, Mizutani N, Hayashi H, Goto H.
Nagoya J. Med. Sci., 76(1-2):139-148. (2014)


A male patient with ferroportin disease B and a female patient with iron overload similar to ferroportin disease B.
Yamashita T, Morotomi N, Sohda T, Hayashi H, Yoshida N, Ochi K, Ohkura I, Karita M, Fujiwara H, Yamashita H, Hattori A, Tatsumi Y
Clin. J. Gastroenterol., 7:260-264. (2014)


Spironolactone inhibits production of proinflammatory mediators in response to lipopolysaccharide via inactivation of nuclear factor-κB.
Kato Y, Kamiya H, Koide N, Odkhuu E, Komatsu T, Dagvadorj J, Watarai A, Kondo M, Kato K, Nakamura J, Yokochi T.
Immunopharmacol. Immunotoxicol., 36(3):231-241. (2014)


Quality evaluation of famotidine and cimetidine for proper use of over-the-counter medications.

Kato A, Nakayama C, Oshima T.
The Journal of Community Pharmacy and Pharmaceutical Sciences., 6(1):62-66. (2014)

Questaionnaire Survey on Patient Satisfaction at Community Pharmacies.
Nakayama C, Oshima T, Kato A, Nishii M, Kamimura T, Nitta A, Yamaguchi M.
Science Postprint., 1(1):e00012. doi: 10.14340/spp.2014.01A0001. (2014)

2013年
Iron chelation therapy for a case of transfusion-independent MDS-RARS with significant iron overload.
Ohashi H, Arita K, Suzuki Y, Tomita A, Naoe T, Hattori A, Tatsumi Y, Kato K, Nagai H.
Int J Hematol. 97(1):151-153. (2013)


Various copper and iron overload patterns in the livers of patients with Wilson disease and idiopathic copper toxicosis.
Hayashi H, Hattori A, Tatsumi Y, Hayashi K, Katano Y, Ueyama J, Wakusawa S, Yano M, Goto H.
Med. Mol. Morphol., 46(1):133-140. (2013)


2012年
Identification of a novel mutation in the HAMP gene that causes non-detectable hepcidin molecules in a Japanese male patient with juvenile hemochromatosis.
Hattori A, Tomosugi N, Tatsumi Y, Suzuki A, Hayashi K, Katano Y, Inagaki Y, Ishikawa T, Hayashi H, Goto H, Wakusawa S.
Blood Cells Mol. Dis., 48(3):179-182. (2012)


Liver structures of a patient with idiopathic copper toxicosis.
Hayashi H, Shinohara T, Goto K, Fujita Y, Murakami Y, Hattori A, Tatsumi Y,Shimizu A,
Ichiki T.
Med. Mol. Morphol., 45(2):105-109. (2012)


Clinicopathological study of Japanese patients with genetic iron overload syndromes.
Hattori A, Miyajima H, Tomosugi N, Tatsumi Y, Hayashi H, Wakusawa S.
Pathol. Int., 62(9):612-618. (2012)


Hepcidin expression in iron overload diseases is variably modulated by circulating factors.
Ravasi G, Pelucchi S, Trombini P, Mariani R, Tomosugi N, Modignani GL, Pozzi M, Nemeth E, Ganz T, Hayashi H, Barisani D, Piperno A.
PLoS One., 7(5):e36425 (2012)


2011年
Potential of the international scoring system for the diagnosis of Wilson disease to differentiate Japanese patients who need anti-copper treatment.
Tatsumi Y, Shinohara T, Imoto M, Wakusawa S, Yano M, Hayashi K, Hattori A, Hayashi H, Shimizu A, Ichiki T, Nakashima S, Katano Y, Goto H.
Hepatol Res., 41(9):887-896. (2011)


Hemojuvelin hemochromatosis receiving iron chelation therapy with deferasirox: improvement of liver disease activity, cardiac and hematological function.
Maeda T, Nakamaki T, Saito B, Nakashima H, Ariizumi H, Yanagisawa K, Hattori A, Tatsumi Y, Hayashi H, Suzuki K, Tomoyasu S.
Eur. J. Haematol., 87(5):467-469. (2011)


2010年
Preliminary study of spontaneous hepatitis in Long-Evans Cinnamon rats: a blood exchange may improve fetal hepatitis.
Ueyama J, Wakusawa S, Tatsumi Y, Hattori A, Yano M, Hayashi H.
Nagoya J. Med. Sci., 72(3-4):173-177. (2010)

Current state of Wilson disease patients in central Japan.
Tatsumi Y, Hattori A, Hayashi H, Ikoma J, Kaito M, Imoto M, Wakusawa S, Yano M, Hayashi K, Katano Y, Goto H, Okada T, Kaneko S.
Intern. Med., 49(9):809-815. (2010)

Measurement of serum hepcidin-25 levels as a potential test for diagnosing hemochromatosis and related disorders.
Kaneko Y, Miyajima H, Piperno A, Tomosugi N, Hayashi H, Morotomi N, Tsuchida KI, Ikeda T, Ishikawa A, Ota Y, Wakusawa S, Yoshioka K, Kono S, Pelucchi S, Hattori A, Tatsumi Y, Okada T, Yamagishi M.
J. Gastroenterol., 45(11):1163-1171. (2010)

Patients with chronic hepatitis C may be more sensitive to iron hepatotoxicity than patients with HFE-hemochromatosis.
Hayashi H, Piperno A, Tomosugi N, Hayashi K, Kimura F, Wakusawa S, Yano M, Tatsumi Y, Hattori A, Pelucchi S, Katano Y, Goto H.
Intern. Med., 49(22):2371-2377. (2010)

2009年
Ursodeoxycholic acid induces glutathione synthesis through activation of PI3K/Akt pathway in HepG2 cells.
Arisawa S, Ishida K, Kameyama N, Ueyama J, Hattori A, Tatsumi Y, Hayashi H, Yano M, Hayashi K, Katano Y, Goto H, Takagi K, Wakusawa S.
Biochem. Pharmacol., 77(5):858-866. (2009)


Special stain and X-ray probe microanalysis of livers with Wilson disease.
Hayashi H, Fujita Y, Tatsumi Y, Hattori A, Hayashi K, Katano Y, Wakusawa S, Yano M, Itoh M, Mizutani N, Goto H.
Hepatol. Res., 39(6):563-568. (2009)


2008年
Increase in P-glycoprotein accompanied by activation of protein kinase Calpha and NF-kappaB p65 in the livers of rats with streptozotocin-induced diabetes.
Kameyama N, Arisawa S, Ueyama J, Kagota S, Shinozuka K, Hattori A, Tatsumi Y, Hayashi H, Takagi K, Wakusawa S.
Biochim. Biophys. Acta., 1782(5):355-360. (2008


Patients with chronic hepatitis C achieving a sustained virological response to peginterferon and ribavirin therapy recover from impaired hepcidin secretion.
Fujita N, Sugimoto R, Motonishi S, Tomosugi N, Tanaka H, Takeo M, Iwasa M, Kobayashi Y, Hayashi H, Kaito M, Takei Y.
J. Hepatol., 49(5):702-710. (2008)


2007年
Genetic background of Japanese patients with adult-onset storage diseases in the liver.
Hayashi H., Wakusawa S., Yano M., Okada T.
Hepatol. Res., 37(10):777-783. (2007)

原著論文(和文)
2016年
一般用医薬品の溶出挙動に関する検討:イブプロフェン、d-クロルフェニラミンマレイン酸塩、アンブロキソール塩酸塩配合製剤
宮地佑佳、仲山千佳、加藤文子、大嶋耐之
日本薬剤師会雑誌、68(4):507-511. (2016)

グルコサミン含有サプリメントの製剤学的な特徴について
加藤文子、芝由布子、宮地佑佳、仲山千佳、大嶋耐之
日本薬剤師会雑誌、68(8):1351-1354. (2016)

2013年
ペン型注入器用注射針「BDマイクロファインプラス」および「ナノパスニードル」の穿刺抵抗、注入抵抗、および強度に関する基礎的研究
加藤宏一
医学と薬学、69(1):115-124. (2013)

ATP7B遺伝子検査を施行したウイルソン病の1家系
巽康彰、三浦友里江、服部亜衣、林久男、加藤宏一、上山純、涌澤伸哉、林和彦、片野義明、後藤秀実
肝臓 54(5):334-339. (2013)

薬局早期体験学習における一般用医薬品についての愛知学院大学薬学生の認識・理解度調査系
浦野公彦、巽康彰、恒川由已、長田孝司、上井優一、服部亜衣、曽田翠、堺陽子、岩本喜久生、國正淳一、脇屋義文
愛知学院大学薬学会誌 6:7-14. (2013)

2012年
医歯薬看心身系の大学連携による生活習慣病予防教室の効果 第3回東名古屋健康カレッジ
小林亮平、 内藤正和、齊藤大蔵、長崎大、加藤宏一、佐久間清美、森圭子、吉川吉美、 長田孝司、山村恵子、福田光男、中垣晴男、佐藤祐造
愛知学院大学論叢 心身科学部紀要, 8 :29-35. (2012)

2011年
医療薬学療育における臨床技能実習の必要性:擬似的バイタルサイン測定に基づくフィジカルアセスメント実習プログラムの改善
岩本喜久生、浦野公彦、巽康彰、上井優一、林久男、杉山成司、服部亜衣、石丸宗徳、恒川由已、本庄宏旭、里中華、斉藤峻、藤中沙奈恵、本田美奈子、横山国大
愛知学院大学薬学会誌、4: 1-8. (2011)

ウイルソン病の動物モデルであるLECラット肝細胞ライソゾームでの銅と鉄の蓄積
鈴木瑛子、服部亜衣、巽康彰、林久男
愛知学院大学薬学会誌、4:9-11. (2011)

2010年
糖尿病、下垂体性性腺機能低下症、肝線維化を呈した新規TfR2遺伝子変異による原発性ヘモクロマトーシス (HH Type3) の1例
土田健一、種田紳二、三澤和史、秋元祐子、坂東秀訓、萩原誠也、小森克俊、服部亜衣、巽康彰、林久男、中山秀隆、萬田直紀
糖尿病、53(4):247-252. (2010)

実務実習事前学習へのフィジカルアセスメント実習の新規導入における薬学性の興味・意識・理解度の調査
岩本喜久生、林久男、杉山成司、浦野公彦、巽康彰、服部亜衣、上井優一、石丸宗徳、恒川由已、本庄宏旭、斎藤峻、里中華、喜田優人
愛知学院大学薬学会誌、3:31-38. (2010)

ATP7Bに新規変異の同定されたWilson病男性患者の除同治療の評価
野村唯、豊田秀徳、熊田卓、服部亜衣、巽康彰、林久男
愛知学院大学薬学会誌、3:43-46. (2010)

2009年
早期体験学習が薬学部2年次性の学習効果およびモチベーションに及ぼす影響
巽康彰、恒川由已、浦野公彦、上井優一、服部亜衣、長田孝司、岩本喜久生
愛知学院大学薬学会誌、2:15-19. (2009)


2008年
鉄過剰を伴うNAFLDと診断された男性患者の瀉血治療と鉄関連遺伝子の検索
坂侑樹、松岡恵理香、佐竹沙也果、滝浪由季乃、花岡千穂、廣瀬有香、前羽美佳、高木裕介、村実央、土屋和明、尾崎喜峰、水谷友昭、服部亜衣、巽康彰、林久男
愛知学院大学薬学会誌, 1:39-43. (2008)

著書

2016年
疾病と病態生理 改訂[第4版] 担当部分タイトル:糖尿病・脂質異常症
加藤宏一
南江堂、179-187, 190-196. (2016)


2015年

鉄剤の適正使用による貧血治療指針 改訂[第3版] 担当部分タイトル:鉄過剰症の遺伝的素因について
巽康彰、涌澤伸哉
響文社、69-71. (2015)


2014年
Schwann Cell Development and Pathology 担当部分タイトル:Pathogenesis of Diabetic Neuropathy from the Pont of View of Schwann Cell Abnormalities
Koichi Kato, Eva L. Feldman, and Jiro Nakamura
Springer, 135-146. (2014)


2013年
みてわかる薬学 図解 薬害・副作用学 担当部分タイトル:薬剤性消化器障害
巽康彰、林久男
南山堂、184-191. (2013)


2012年
慢性肝疾患における鉄毒性と除鉄治療 〜C型慢性肝炎を中心に〜 担当部分タイトル:わが国の原発性鉄過剰症とその遺伝子背景
巽康彰、服部亜衣、林久男
医薬ジャーナル社、50-59. (2012)


慢性肝疾患における鉄毒性と除鉄治療 〜C型慢性肝炎を中心に〜 担当部分タイトル:ヘモクロマトーシスとC型慢性肝炎に対する瀉血治療
矢野元義、林久男
医薬ジャーナル社、108-115. (2012)


慢性肝疾患における鉄毒性と除鉄治療 〜C型慢性肝炎を中心に〜 担当部分タイトル:C型慢性肝炎に対する瀉血とウルソデオキシコール酸の併用療法
涌澤伸哉、矢野元義、林久男
医薬ジャーナル社、144-1529. (2012)


2011年
病期の分子形態学 担当部分タイトル:遺伝性鉄過剰症の肝病変について
巽康彰、服部亜衣、林久男
学際企画、136-138. (2011)


2009年
血液フロンティア 担当部分タイトル:わが国における家族性鉄過剰症とその遺伝子異常
林久男、巽康彰、服部亜衣
医薬ジャーナル社, 19(2): 219-225. (2009)


2008年
細胞工学 担当部分タイトル:慢性肝疾患における鉄毒性
林久男、巽康彰、服部亜衣
秀潤社, 27(3): 242-24. (2008)


2007年
Iron Overload と鉄キレート療法 担当部分タイトル:遺伝性ヘモクロマトーシスにおける鉄過剰症の病態
林久男、巽康彰、服部亜衣
メディカルレビュー社, 133-137. (2007)

総説
2014年
糖尿病性神経障害の成因に基づく治療
加藤宏一、巽康彰、加藤」文子、服部亜衣、林久男
愛知学院大学薬学会誌、7: 1-5. (2014)


2013年
ウイルソン病の遺伝的背景と薬物による除銅治療の進歩
林久男、服部亜衣、巽康彰、加藤宏一
愛知学院大学薬学会誌、6: 1-6. (2013)

2012年
臨床検査 担当部分タイトル:わが国における遺伝性鉄過剰症の遺伝子診断
巽康彰、服部亜衣、林久男
医学書院、56(10): 1103-1109. (2012)

2010年
日本医師会雑誌 担当部分タイトル:日本人のヘモクロマトーシスとフェロポルチン病
巽康彰、服部亜衣、林久男
日本医師会, 139(2): 311-315. (2010)


2009年
血液フロンティア 担当部分タイトル:わが国における家族性鉄過剰症とその遺伝子異常
林久男、巽康彰、服部亜衣
医薬ジャーナル社, 19(2): 219-225. (2009)


2008年
細胞工学 担当部分タイトル:慢性肝疾患における鉄毒性
林久男、巽康彰、服部亜衣
秀潤社, 27(3): 242-245. (2008)

学会発表

2017年
ω3系多価不飽和脂肪酸による神経突起伸長とそのメカニズムの検討
巽康彰、加藤文子、近藤奈央子、姫野龍仁、近藤正樹、加藤義郎、神谷英紀、中村二郎、加藤宏一
第60回 日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月(名古屋)

マウス不死化シュワン細胞における反復する血統変動・低血糖による細胞死および酸化ストレス亢進の機序解明
加藤文子、巽康彰、三五一憲、姫野龍仁、近藤正樹、加藤義郎、神谷英紀、中村二郎、加藤宏一
第60回 日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月(名古屋)

2型糖尿病患者におけるDaily及びWdeekly GLP-1受容体作動薬注射デバイスの心理的抵抗と使用感に関する研究
水谷汐里、加藤文子、巽康彰、武藤達也、加藤宏一
第60回 日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月(名古屋)

皮膚幹細胞球状凝集体由来神経前駆細胞はミトコンドリア機能を回復させ糖尿病多発神経障害治療効果を発揮する
近藤正樹、姫野龍仁、浅野栄水、速水智英、茂木幹雄、浅野紗恵子、下田博美、山田祐一郎、三浦絵美梨、恒川新、加藤義郎、成瀬桂子、加藤宏一、神谷英紀、中村二郎
第60回 日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月(名古屋)

糖尿病継続栄養指導の効果と患者が期待する役割
太田梨江、加藤宏一、原なおり、竹内知子、姫野龍仁、近藤正樹、恒川新、加藤義郎、神谷英紀、中村二郎
第60回 日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月(名古屋)

糖尿病腎移植患者と非糖尿病腎移植患者の栄養指導の実態
原なおり、加藤宏一、太田梨江、竹内知子、松岡裕、堀見孔星、小林孝彰、渡辺恵、近藤正樹、加藤義郎、神谷英紀、中村二郎
第60回 日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月(名古屋)

外来患者におけるCGMおよびSMBGから得られた血糖変動指標ADRRの比較検討第3報
小見山みる、平井信弘、加藤義郎、谷浩也、恒川新、近藤正樹、姫野龍二、内藤恵奈、小島智花、下田博美、加藤宏一、神谷英紀、中村二郎
第60回 日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月(名古屋)

1型糖尿病患者におけるインスリングラルギンからインスリンデグルデクへの切り替え3か月後の食後血糖変化
加藤義郎、神谷英紀、恒川新、近藤正樹、姫野龍二、内藤恵奈、小島智花、杉浦友加子、三浦絵美梨、山田祐一郎、石川貴大、安藤俊仁、加藤宏一、中村二郎
第60回 日本糖尿病学会年次学術集会 2017年5月(名古屋)

ウイルソン病におけるATP7B検査:第2報
林久男、巽康彰、加藤文子、加藤宏一、渡邉一正、奥村明彦、林和彦、石上雅敏、後藤秀実
第21回ウイルソン病研究会学術集会 2017年5月(東京)

Docosahexaenoic acid promotes neurite outgrowth through PI3K and JNK-mediated signaling pathways in Neuro2a cells
YASUAKI TATSUMI, AYAKO KATO, NAOKO KONDO, TATSUHITO HIMENO, MASAKI KONDO, YOSHIRO KATO, HIDEKI KAMIYA, JIRO NAKAMURA, KOICHI KATO
American Diabetes Association 77th Scientific Sessions, JUNE 9-13, 2017 (San Diego, CA)

2016年
神経系細胞における長鎖脂肪酸受容体GPR40およびGPR120の抗酸化機構に関する検討
巽康彰、加藤文子、姫野龍仁、近藤正樹、加藤義郎、神谷英紀、中村二郎、加藤宏一
第59回 日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月(京都)

マウス不死化シュワン細胞における反復する血糖変動・低血糖の細胞死および酸化ストレスに対する影響
加藤文子、巽康彰、三五一憲、姫野龍仁、近藤正樹、加藤義郎、神谷英紀、中村二郎、加藤宏一
第59回 日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月(京都)

糖尿病患者におけるインスリン注入器の注射手技に関する報告
岩田実紗、加藤文子、巽康彰、武藤達也、加藤宏一
第59回 日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月(京都)

外来患者におけるCGMおよびSMBGから得られた血糖変動指標ADRRの比較検討第2報
小見山みる、平井信弘、加藤義郎、近藤正樹、姫野龍二、内藤恵奈、小島智花、中井博美、加藤宏一、神谷英紀、中村二郎
第59回 日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月(京都)

外来糖尿病患者におけるグラルギンからデグルデクへの切り替えによる臨床像の経時的変化
加藤義郎、神谷英紀、近藤正樹、姫野龍二、山田祐一郎、安藤敏仁、笠置里奈、野田紗恵子、中井博美、林優祐、島内理紗、加藤宏一、中村二郎
第59回 日本糖尿病学会年次学術集会 2016年5月(京都)

Antioxidant Effects via G-protein-coupled Receptor GPR40 and GPR120 in Immortalized Adult Mouse Schwann (IMS32) Cells
YASUAKI TATSUMI, AYAKO KATO, TATSUHITO HIMENO, MASAKI KONDO, YOSHIRO KATO, HIDEKI KAMIYA, JIRO NAKAMURA, KOICHI KATO
American Diabetes Association 76th Scientific Sessions, JUNE 10-14, 2016 (New Orleans, LA)

糖尿病性神経障害に対するドコサヘキサエン酸(DHA)およびエイコサペンタエン酸(EPA)の保護効果
巽康彰、加藤文子、加藤宏一
第62回 日本薬学会東海支部大会 2016年7月(愛知)

長期にわたり経過観察しているフェロポルチン病の1例
矢野元義、齋藤宏、巽康彰、加藤宏一、林久男
第40回 日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2016年9月(愛知)

無セルロプラスミン血症の脳内高電子密度封入体の形態観察
重政遼太、小出凌司、涌澤伸哉、加藤文子、巽康彰、加藤宏一、林久男、吉田邦広、池田修一
第40回 日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2016年9月(愛知)

鉄負荷ラットのKupffer cellsに見られたhemosiderin顆粒の核内封入体
小出凌司、重政遼太、涌澤伸哉、加藤文子、巽康彰、加藤宏一、林久男
第40回 日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2016年9月(愛知)

Activation of GPR40 and GPR120 protects oxidative stress-induced cell death in immortalized adult mouse schwann cells
Koichi Kato, Yasuaki Tatsumi, Ayako Kato, Tatsuhito Himeno, Masaki Kondo, Yoshiro Kato, Hideki Kamiya, Jiro Nakamura
26th annual meeting of the diabetic neuropathy study group of the European Association for the Study of Diabetes(EASD), Sept09-12, 2016 (Bucharest, Romania)

マウス不死化シュワン細胞におけるω3多価不飽和脂肪酸および長鎖脂肪酸受容体を介する抗酸化メカニズム
巽康彰、加藤文子、姫野龍仁、近藤正樹、加藤義郎、神谷英紀、中村二郎、加藤宏一
第31回 日本糖尿病合併症学会 2016年10月(仙台)


2015年

ウイルソン病と無セルロプラスミン血症にみられる銅と鉄の蓄積
林久男、巽康彰、加藤文子、加藤宏一、八幡晋輔、林和彦、石上雅敏、後藤秀実、田井真弓、渡邉峰守、小沢広明、吉田邦広、池田修一
第19回 ウイルソン病研究会学術集会 2015年5月(東京)

インスリン型注入器用すべり止め器具に関する薬剤師の認知度及び使用状況の調査と検討
木村直幸、巽康彰、加藤文子、加藤宏一
第58回 日本糖尿病学会年次学術総会 2015年5月(下関)

n-3系多価不飽和脂肪酸による神経系細胞保護効果:抗酸化酵素の誘導とそのメカニズムに関する検討
巽康彰、加藤文子、真野澪、近藤正樹、加藤義郎、神谷英紀、中村二郎、加藤宏一
第58回 日本糖尿病学会年次学術総会 2015年5月(下関)


2型糖尿病におけるDPP-4阻害薬ビルダグリプチンの長期(36ヶ月)臨床効果
茂木幹雄、加藤宏一、神谷英紀、加藤義郎、近藤正樹、杉浦有加子、山田祐一郎、安藤敏仁、高田恵理子、中井博美、野田紗恵子、浅野栄水、速水智英、巽康彰、加藤文子、倉橋昂裕、高島浩明、天野哲也、中村二郎
第58回 日本糖尿病学会年次学術総会 2015年5月(下関)

糖尿病患者に対する外来継続栄養指導の効果と課題―継続指導を必要とする患者特徴の検討―
太田梨江、加藤宏一、原なおり、竹内知子、黒宮郁夫、神谷英紀、加藤義郎、近藤正樹、杉浦有加子、山田祐一郎、安藤敏仁、高田恵理子、中井博美、野田紗恵子、浅野栄水、速水智英、中村二郎
第58回 日本糖尿病学会年次学術総会 2015年5月(下関)

持続血糖モニタリングシステム(CGMS)におけるソフセンサとエンライトセンサのデータ比較―第3―
平井信弘、加藤義郎、高木真子、山口京子、小見山みる、神谷英紀、近藤正樹、杉浦有加子、内藤恵奈、小島智花、山田祐一郎、安藤敏仁、笠置里奈、野田紗恵子、中井博美、高田恵理子、茂木幹雄、速水智英、浅野栄水、加藤宏一、中村二郎
第58回 日本糖尿病学会年次学術総会 2015年5月(下関)

メトホルミンの増量による血糖日内変動改善効果(第2報)
中井博美、加藤義郎、神谷英紀、近藤正樹、杉浦有加子、内藤恵奈、小島智花、山田祐一郎、安藤敏仁、笠置里奈、野田紗恵子、高田恵理子、茂木幹雄、速水智英、浅野栄水、加藤宏一、中村二郎
第58回 日本糖尿病学会年次学術総会 2015年5月(下関)

外来通院中の1型糖尿病患者におけるグラルギンからデグルデグへの切り替えによる臨床像の経時的変化(第2報)
加藤義郎、神谷英紀、近藤正樹、杉浦有加子、内藤恵奈、小島智花、山田祐一郎、笠置里奈、野田紗恵子、中井博美、高田恵理子、茂木幹雄、速水智英、浅野栄水、加藤宏一、中村二郎
第58回 日本糖尿病学会年次学術総会 2015年5月(下関)

糖尿病患者におけるレチバル(フリッカー網膜電位計)を用いた網膜電位測定と糖尿病性合併症に関する検討
杉浦有加子、神谷英紀、渡会敦子、加藤義郎、近藤正樹、山田祐一郎、中井博美、野田紗恵子、安藤敏仁、高田恵理子、浅野栄水、速水智英、茂木幹雄、加藤宏一、中村二郎
第58回 日本糖尿病学会年次学術総会 2015年5月(下関)

N-3 Polyunsaturated Fatty Acids Have An Antioxidant Effect via The Nrf2 Pathway in Immortalized Adult Mouse Schwann (IMS-32) Cells
YASUAKI TATSUMI, AYAKO KATO, MIO MANO, MASAKI KONDO, YOSHIRO KATO, HIDEKI KAMIYA, JIRO NAKAMURA, KOICHI KATO
American Diabetes Association 75th Scientific Sessions, JUNE 5-9, 2015 (Boston, MA)

セルロプラスミン異常症―無セルロプラスミン血症とウイルソン病―に見られる鉄と銅の肝臓内蓄積
重政遼太、小出凌司、巽康彰、林久男、矢野元義、田井真弓、渡邉峰守、小沢広明、宮嶋裕明、吉田邦広、池田修一、涌澤伸哉
第39回 日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2015年8月(岡山)

N-3 POLYUNSATURATED FATTY ACIDS PROTECT OXIDATIVE STRESS-INDUCED CYTOTOXICITY BY INDUCTION OF ANTIOXIDANT ENZYMES IN IMMORTALIZED ADULT MOUSE SCHWANN (IMS-32) CELLS
Koichi Kato, Yasuaki Tatsumi, Ayako Kato, Mio Mano, Masaki Kondo, Yoshiro Kato, Hideki Kamiya, Jiro Nakamura
25th annual meeting of the diabetic neuropathy study group of the European Association for the Study of Diabetes(EASD), Sept11-13, 2015 (Elsinore, Denmark)

インスリン皮下注射部位の皮下病変により、インスリン効果が減弱した1型糖尿病の1例
加藤文子、土田隼大、巽康彰、所昌彦、加藤 宏一
第89回 日本糖尿病学会中部地方会 2015年10月(静岡)

マウス不死化シュワン細胞におけるn-3系多価不飽和脂肪酸による抗酸化機構の解明―catalase、SOD、GPxとGSHに対する影響―
巽康彰、加藤文子、姫野龍仁、近藤正樹、加藤義郎、神谷英紀、中村二郎、加藤宏一
第30回 日本糖尿病合併症学会 2015年11月(名古屋)


2014年
サプリメントの適正使用に関する研究:グルコサミン含有製品
加藤文子、芝由布子、仲山千佳、大嶋耐之
第134回日本薬学会 2014年3月(熊本)

薬剤師-患者間のコミュニケーションに関する研究 第2報:構築したコミュニケーション学習プログラムの検証
仲山千佳、大嶋耐之、加藤文子、新田淳美
第134回日本薬学会 2014年3月(熊本)

ウイルソン病の溶血発作時に観察される血清ASTとALT値の急性変化と潜在する慢性肝炎像
林久男、服部亜衣、巽康彰、加藤宏一、林和彦、石上雅敏、後藤秀実
第18回ウイルソン病研究会学術集会 2014年5月(東京)

インスリン注入器の使用感と有用性の比較検討
沖江寿理、服部亜衣、巽康彰、加藤宏一
第57回日本糖尿病学会年次学術総会 2014年5月(大阪)

インスリン型注入器用すべり止め器具の有用性に関する検討
安場弘倫、服部亜衣、巽康彰、加藤宏一
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 2014年5月(大阪)


2型糖尿病におけるDPP-4阻害薬ビルダグリプチンの長期(24ヶ月)臨床効果
安藤敏仁、加藤宏一、神谷英紀、加藤義朗、渡会敦子、近藤正樹、内藤恵奈、小島智花、杉浦有加子、佐藤沙未、山田祐一郎、林里奈、巽康彰、服部亜衣、溝口亨昂、高島浩明、天野哲也、中村二郎
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 2014年5月(大阪)

当院外来通院中の糖尿病患者における24時間持続血糖測定装置(iPro2)を用いて検討した血糖変動指標としての1,5-AGの有用性
杉浦有加子、神谷英紀、渡会敦子、加藤義朗、近藤正樹、安藤敏仁、林里奈、山田祐一郎、石川貴大、佐藤沙未、小島智花、内藤恵奈、加藤宏一、中村二郎
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 2014年5月(大阪)

入院糖尿病患者における尿中L-FABPの検討
林里奈、渡会敦子、神谷英紀、加藤義朗、安藤敏仁、近藤正樹、山田祐一郎、石川貴大、佐藤沙未、杉浦有加子、小島智花、内藤恵奈、加藤宏一、中村二郎
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 2014年5月(大阪)

3泊4日教育パス入院における糖尿病患者の歯周病合併状況と療養指導内容の検証
片桐美奈子、渡会敦子、加藤宏一、神谷英紀、加藤義朗、近藤正樹、内藤恵奈、佐藤沙未、林里奈、安藤敏仁、石川貴大、山田祐一郎、小島智花、杉浦有加子、加藤典子、木村優子、風岡宜暁、中村二郎
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 2014年5月(大阪)

持続血糖モニター施行前後での糖尿病に関する負担感情の変化:PAID質問票を用いた検討
三輪さくら、浅野加奈子、水野久美、鬼頭真樹子、国枝美雪、郡上弘恵、加藤義朗、神谷英紀、渡会敦子、近藤正樹、内藤恵奈、小島智花、杉浦有加子、佐藤沙未、山田祐一郎、安藤敏仁、林里奈、石川貴大、加藤宏一、中村二郎
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 2014年5月(大阪)

持続血糖モニタリングシステム(CGMS)いおけるソフセンサとエンライトセンサのデータ比較―第2―
平井信弘、高木真子、山口京子、加藤義朗、神谷英紀、渡会敦子、近藤正樹、内藤恵奈、小島智花、杉浦有加子、佐藤沙未、山田祐一郎、安藤敏仁、林里奈、石川貴大、加藤宏一、中村二郎
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 2014年5月(大阪)

テルネグリプチンの血糖日内変動改善効果:持続血糖モニター(CGM)による検討
佐藤沙未、加藤義朗、神谷英紀、渡会敦子、近藤正樹、内藤恵奈、小島智花、杉浦有加子、山田祐一郎、安藤敏仁、林里奈、石川貴大、加藤宏一、中村二郎
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 2014年5月(大阪)

糖尿病患者に対する食生活調査の活用実態に関する検討
原なおり、加藤宏一、太田梨江、竹内知子、高橋千香子、黒宮郁夫、片桐美奈子、鬼頭真樹子、戸田美佐子、片上昌代、平井信弘、古井由美子、神谷英紀、加藤義朗、渡会敦子、近藤正樹、中村二郎
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 2014年5月(大阪)

エキセナチド投与により高用量インスリン治療から離脱した肥満2型糖尿病患者の血糖日内変動に関する検討
内藤恵奈、加藤義朗、神谷英紀、渡会敦子、近藤正樹、小島智花、杉浦有加子、佐藤沙未、山田祐一郎、安藤敏仁、林里奈、石川貴大、加藤宏一、中村二郎
第57回 日本糖尿病学会年次学術集会 2014年5月(大阪)

Aceruloplasminemiaの肝組織像
林久男、巽康彰、加藤宏一、田井真弓、渡邉峰守、小沢広明、涌澤伸哉、宮嶋裕明、吉田邦広、池田修一
第38回 日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2014年9月(仙台)

マウス不死化シュワン(IMS-32)細胞における酸化ストレス誘導細胞死に対するn-3系多価不飽和脂肪酸の保護効果
巽康彰、真野澪、加藤文子、服部亜衣、近藤正樹、加藤義朗、神谷英紀、中村二郎、加藤宏一
第29回 日本糖尿病合併症学会 2014年10月(東京)

Ferroportin disease with V162del of SLC40A1 gene in a Japanese family
Yasuo Aota, Miyuki Tsutsui, Yasuaki Tatsumi, Katsuya Ikuta, Yutaka Kohgo, Akihiko Gotoh, Norio Komatsu
第76回 日本血液学会学術集会 2014年10月(大阪)

インスリンペン型注入器のすべり止め補助具の有用性について―患者及び薬剤師における評価―
加藤文子、服部亜衣、巽康彰、加藤宏一
第3回日本くすりと糖尿病学会学術集会 2014年11月(福岡)


2013年
SMBGデータ解析機器の糖尿病療養指導への有用性の評価
服部亜衣、吉原靖、巽康彰、加藤宏一
第56回日本糖尿病学会年次学術総会 2013年5月(熊本)

2型糖尿病におけるDPP-4阻害薬ビルダグリプチンの長期(12か月)臨床効果
加藤宏一、神谷英紀、加藤義朗、渡会敦子、巽康彰、服部亜衣、溝口亨昂、高島浩明、天野哲也、中村二郎
第56回日本糖尿病学会年次学術総会 2013年5月(熊本)

新たな視点からみたアルドース還元酵素の病態生理と、合併症治療への展望
三五一憲、渡部和彦、加藤宏一
第56回日本糖尿病学会年次学術総会 2013年5月(熊本)

当院における糖尿病および肥満患者に対する外来継続栄養指導の効果と課題
太田梨江、竹内知子、黒宮郁夫、寺島舞、平井信弘、佐野俊一、片桐美奈子、鬼頭真樹子、井上里恵、棚橋昌代、野村めぐみ、古井由美子、加藤宏一、神谷英紀、加藤義朗、渡会敦子、中村二郎
第56回日本糖尿病学会年次学術総会 2013年5月(熊本)

当院外来におけるDPP4阻害薬の治療効果の検討
小島智花、神谷英紀、加藤義朗、渡会敦子、内藤恵奈、杉浦友加子、佐藤沙未、石川貴大、加藤宏一、中村二郎
第56回日本糖尿病学会年次学術総会 2013年5月(熊本)

当院における糖尿病腎症患者の患者背景に関する検討
棚橋昌代、神谷英紀、成瀬貴代、渡会敦子、杉浦友加子、野村めぐみ、加藤義朗、片桐美奈子、鬼頭真樹子、加藤宏一、小島智花、石川貴大、松浦克彦、中村二郎
第56回日本糖尿病学会年次学術総会 2013年5月(熊本)

ミチグリニド/ボグリボース配合錠の血糖日内変動改善効果:持続血糖モニター(CGM)による検討
加藤義朗、神谷英紀、渡会敦子、内藤恵奈、小島智花、杉浦友加子、佐藤沙未、石川貴大、加藤宏一、中村二郎
第56回日本糖尿病学会年次学術総会 2013年5月(熊本)

当院フットケア外来受診患者におけるeGFR低下と足所見との関連について
杉浦友加子、渡会敦子、神谷英紀、杉本郁夫、成瀬貴代、鬼頭真樹子、片桐美奈子、住田恵、浅野可奈子、石川貴大、小島智花、加藤義朗、加藤宏一、太田敬、中村二郎
第56回日本糖尿病学会年次学術総会 2013年5月(熊本)

当院におけるフットケア外来の現状と今後の展望―フットケア外来糖尿病患者の臨床的特徴とケア内容の検証―
片桐美奈子、鬼頭真樹子、成瀬貴代、浅野可奈子、杉浦友加子、住田恵、神谷英紀、加藤義朗、渡会敦子、加藤宏一、杉本郁夫、太田敬、中村二郎
第56回日本糖尿病学会年次学術総会 2013年5月(熊本)

当院フットケア外来における再診患者の特徴について
鬼頭真樹子、片桐美奈子、成瀬貴代、住田恵、浅野可奈子、井上里恵、牧田富子、神谷英紀、渡会敦子、加藤義朗、杉浦友加子、加藤宏一、杉本郁夫、太田敬、中村二郎
第56回日本糖尿病学会年次学術総会 2013年5月(熊本)

ウイルソン病の自然経過に基づく3臨床病型の提唱
林久男、服部亜衣、巽康彰、加藤宏一
第17回ウイルソン病研究会学術集会会 2013年5月(東京)

鉄過剰の肝臓に観察される銅蓄積
服部亜衣、林久男、巽康彰、加藤宏一
第17回ウイルソン病研究会学術集会会 2013年5月(東京)

遺伝性ヘモクロマトーシス責任遺伝子群の解析と本邦における遺伝子病型(シンポジウム2)
巽康彰、服部亜衣、林久男、加藤宏一
第37回日本日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2013年9月(東京)

フェロポルチン病Bに酷似した鉄過剰症の1例:飲酒とTFR2の関与について
山下哲二、吉田直彦、越智慶子、大蔵いずみ、苅田美夏、藤原寛子、山下治彦、巽康彰、服部亜衣、林久男
第37回日本日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2013年9月(東京)

デフェロシロクス投与により造血機能を含む各臓器障害が改善したHJV型遺伝性ヘモクロマトーシス(続報)
前田崇、久武純一、林久男、中牧剛、友安茂
第37回日本日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2013年9月(東京)

貯蔵鉄の交替
齋藤宏、林久男、富田章裕、直江知樹、前田秀明、大橋晴彦
第37回日本日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2013年9月(東京)

2012年
高血圧合併糖尿病患者に対するロサルタン/HCTZ配合薬の血圧、腎機能、アディポサイトカインに関する多施設共同前向き観察研究
加藤宏一、 高島浩明、 米本貴行、 伊吹恵里、 近田研、 永井修一郎、山内一征、 山之内国男、若尾孝明、 大竹千生、 今井裕一
第55回日本糖尿病学会年次学術総会 2012年5月(横浜)

イルベサルタンのマクロファージにおけるHMGB1産生抑制効果
加藤義郎、加藤宏一、 神谷英紀、 渡会敦子、 内藤恵奈、中村二郎
第55回日本糖尿病学会年次学術総会 2012年5月(横浜)

臨床検査技師による糖尿病療養指導の実際 血糖自己測定(SMBG)指導内容と患者の傾向と対策積
平井信弘、加藤宏一、 山口京子、 柴田由加、杉浦紀子、吉武舞、 高尾晶子、 岸孝彦、 後藤峰弘、佐野俊一、片桐美奈子、鬼頭真樹子、井上里恵、 武藤達也、棚橋昌代、野村めぐみ、太田梨江、竹内知子、岡林直実、森川亮、 稲垣智里、橋詰万里子、 今井田裕子、 金平知樹、高木潤子、 大竹千生
第55回日本糖尿病学会年次学術総会 2012年5月(横浜)

無セルロプラスミン血症の肝細胞ヘモジデリン顆粒に見られた銅蓄積
服部亜衣、巽康彰、林久男、加藤宏一、渡邉峰守、小沢広明
第16回ウイルソン病研究会学術集会 2012年5月(東京)

遺伝性鉄過剰症の肝細胞ヘモジデリン顆粒にみられる銅蓄積について
服部亜衣、巽康彰、林久男、加藤宏一、宮嶋裕明
第36回日本鉄バイオサイエンス学会 2012年9月(札幌))

ヘモジデリン鉄の代謝
齋藤宏、富田章裕、大橋晴彦、前田秀明、林久男、直江知樹
第36回日本鉄バイオサイエンス学会 2012年9月(札幌)

IMPORTANCE OF CLINICAL SKILL TRAINING IN PHARMACY EDUCATION: PHYSICAL ASSESSMENT BY MONITORING SIMULATED VITAL SIGNS
Kikuo Iwamoto, Kimihiko Urano, Yasuaki Tatsumi, Yuichi Uwai, Hisao Hayashi, Naruji Sugiyama, Ai Hattori, Munenori Ishimaru, Yoshimi Tsunekawa, Hiroaki Honjyo, Hana Satonaka, Shun Saitoh, Sanae Fujinaka, Minako Honda, Kunihiro Yokoyama
The 24th FAPA Congress Pharmaceutical Education & Student Affairs Section 2012.9(Bali, Indonesia))

薬局早期体験学習における一般用医薬品についての学生の認識・理解度調査
浦野公彦、巽康彰、恒川由已、長田孝司、上井優一、脇屋義文、岩本喜久生
日本社会薬学会 第31年会 2012年9月(鈴鹿市)

Inhibitory effects of irbesartan on HMGB1 production in macrophages.
Yoshiro Kato, Koichi Kato, Hideki Kamiya, Atsuko Watarai, Ena Naito, Jiro Nakamura.
European Association for the study of Diabetes 48th annual meeting, 2012 10 (Berlin, Germany)

イルベサルタンのマクロファージにおけるHMGB1産生抑制効果の分子機構
加藤義郎、加藤宏一、 神谷英紀、 渡会敦子、内藤恵奈、 小島智花、 杉浦有加子、佐藤沙未、 石川貴大、中村二郎
第27回日本糖尿病合併症学会 2012年11月(福岡)

当院におけるフットケア外来の現状と今後の展望 フットケア外来糖尿病患者の臨床的特徴とケア内容の検証
片桐美奈子、 鬼頭真樹子、成瀬貴代、井上里恵、栫富子、神谷英紀、 渡会敦子、加藤義郎、 加藤宏一、 杉本郁夫、 中村二郎
第27回日本糖尿病合併症学会 2012年11月(福岡)


2011年
同時期に神経型と溶血発作で発症したウイルソン病の兄妹例
林久男、野村唯、舩橋里奈、服部亜衣、巽康彰、伊佐治亮平、佐々木洋治、堤靖彦
第15回ウイルソン病研究会学術集会 2011年5月(東京)

Diabetes might be followed by fatal cardiac dysfunction in Japanese patients with iron overload syndromes
Hisao Hayashi, Hiroaki Miyajima, Ai Hattori, Yasuaki Tatsumi, Satoshi Kono
2011 International BioIron Society Meeting, 2011. 5 (Vancouver, Canada)

HAMPヘモクロマトーシスの1例:26歳で発症し、58歳で診断された男性患者
林久男、稲垣恭孝、友杉直久、服部亜衣、巽康彰、矢野元義、涌澤伸哉、林和彦、片野義明、後藤秀実
第35回日本鉄バイオサイエンス学会 2011年9月(徳島))

血清フェリチンによるフェリチンとヘモジデリンの定量法
齋藤宏、富田章裕、大橋春彦、前田秀明、林久男、直江和樹
第35回日本鉄バイオサイエンス学会 2011年9月(徳島))

Nationwide survey of Japanese patients with iron overload (hemochromatosis)
Katsuya Ikuta, Yasuaki Tatsumi, Takahiro Suzuki, Katsunori Sasaki, Masayoshi Kobune, Hisao Hayashi, Yutaka Kohgo
第73回日本血液学会学術集会 2011年10月(名古屋)

ウイルソン病発症時の血清AST・ALT値は臨床病型を反映するが、臨床病型は遺伝子型に支配されない
矢野元義、巽康彰、片野義明
第15回日本肝臓学会大会 2011年10月(福岡市)

わが国の遺伝性鉄過剰症の遺伝子型による臨床像の検討
川中美和、服部亜衣、宮島裕明
第15回日本肝臓学会大会 2011年10月(福岡市)

医療薬学教育における臨床技能実習の必要性:バイタルサイン擬似測定に基づくフィジカルアセスメント
岩本喜久生、浦野公彦、巽康彰、上井優一、服部亜衣、石丸宗徳、恒川由已、林久男、杉山成司、本庄宏旭、里中華、斎藤峻、藤中沙奈恵、本田美奈子、横山国大
日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会 2011年11月(名古屋市)


2010年
ATP7B解析で判明したこと、しないこと
林久男、巽康彰、服部亜衣、涌澤伸哉、矢野元義、篠原務、清水篤実、一木貴、林和彦、片野義明、後藤秀実
第14回ウイルソン病研究会学術集会 2010年5月(東京)

ATP7B変異を認めず血中セルロプラスミン正常値の非定型Wilson病の一例
篠原務、河瀬麻里、尾関和芳、清水篤実、山田崇春、田中伸幸、浜田実邦、小久保稔、一木貴、服部亜衣、巽康彰、林久男
第14回ウイルソン病研究会学術集会 2010年5月(東京)

鉄過剰症の診断体系の構築と新しい症例での検証
林久男、巽康彰、服部亜衣、友杉直久、金子佳史、岡田俊英、諸冨夏子、前田崇、友安茂、齋藤宏
第34回日本鉄バイオサイエンス学会 2010年9月(東京)

血清フェリチン動態から見た鉄正常および鉄過剰症の貯蔵鉄代謝
齋藤宏、富田章裕、大橋春彦、林久男、前田秀明
第34回日本鉄バイオサイエンス学会 2010年9月(東京)

実務実習事前学習へのシュミレーターPhysikoを用いたバイタルサイン測定実習導入の試み
岩本喜久生、林久男、杉山成司、浦野公彦、巽康彰、服部亜衣、上井優一、石丸宗徳、恒川由已、斎藤峻、里中華、喜田優人、本庄宏旭
第20回日本医療薬学会 2010年11月(千葉)


2009年
実務実習事前学習におけるProblem Based Leaning (PBL) の導入―愛知学院大学薬学部での取り組み―
服部亜衣、巽康彰、林久男、杉山成司
第129回日本薬学会年会 2009年3月(京都)

ウルソデオキシコール酸のPI3K/Akt 経路の活性化を介したグルタチオン合成の誘導
有沢早葵子、石田空美季、上山純、服部亜衣、巽康彰、林久男、高木健次、涌澤伸哉
第129回日本薬学会年会 2009年3月(京都)

不妊治療により劇症化したウイルソン病患者の遺伝子変異について
服部亜衣、巽康彰、林久男、滝浪由季乃、花岡千穂、井本正巳、林和彦、片野義明、涌澤伸哉、後藤秀実
第13回ウイルソン病研究会学術集会 2009年5月(東京)

LEC ラット劇症肝炎に対するセルロプラスミン補充治療
林久男、 服部亜衣、巽康彰、井上佳宏、西尾昌洋、日高弘義、涌澤伸哉、林和彦、片野義明、後藤秀実
第19回LEC ラット研究会大会 2009年6月(東京)

TfR2-related Hereditary Hemochromatosis in Japan
Mizumoto C, Kanda J, Kawabata H, Uchiyama T, Kojima K, Hayashi T, Hirata M, Nakao, K, Tsuchida K, Kawanaka M, Yamada G, Tomosugi N, Tatsumi Y, Hattori A, Hayashi H.
2009 International BioIron Society Meeting, 2009. 6 (Porto, Portugal)

UDCA は PI3K/Akt/Nrf2 経路の活性化を介して酸化ストレス障害抑制作用を表す
有沢早葵子、石田空美季、亀山なつみ、上山純、高木健次、涌澤伸哉、服部亜衣、巽康彰、林久男、矢野元義、林和彦、片野義明、後藤秀実
第19回西日本臨床胆汁酸研究会 2009年7月(大阪)

鉄過剰症における血清ヘプシジン濃度と徐鉄治療に対する反応:C型慢性肝炎とC282Yヘモクロマトーシスの差異
林久男、巽康彰、服部亜衣、木村文昭、友杉直久、Piperno A、Pelucchi S
第33回日本鉄バイオサイエンス学会 2009年9月(倉敷市)

A novel compound heterozygote mutation of transferrin receptor 2 gene exhibits severe diabetes in a Japanese patient with hemochromatosis.
K Tsuchida, K Misawa, S Taneda, M Kawanaka, G Yamada, H Kawabata, N Tomosugi, Y Tatsumi, A Hattori, H Hayashi, H Nakayama, N Manda.
45th Annual Meeting of the European Association for the Study of Diabetes, 2009.9/29-10/2 (Vien, Austria)

東海・北陸地区のウイルソン病について
矢野元義、巽康彰、岡田俊英
第38回日本肝臓学会西部会 2009年12月(米子市)

わが国のヘモクロマトーシスの遺伝子型と臨床経過観察
川中美和、服部亜衣、涌澤伸哉
第38回日本肝臓学会西部会 2009年12月(米子市)

2008年
3歳10ヶ月より肝機能障害を発現したウイルソン病の男児
服部亜衣、巽康彰、林久男、小川理恵子、水谷直樹、林和彦、片野義明、後藤秀実
第12回ウイルソン病研究会学術集会 2008年5月(東京)

鉄欠乏はウイルソン病の亜急性肝炎の予後を改善するのか
林久男、巽康彰、服部亜衣、林和彦、片野義明、後藤秀実、矢野元義
第32回日本鉄バイオサイエンス学会 2008年9月(青森市)

鉄過剰症を伴う肝硬変に肝細胞がんを合併した男性多飲酒者
-アルコール単独仮説を支持する鉄関連遺伝子解析結果-
巽康彰、林久男、服部亜衣、佐竹沙也果、滝浪由季乃、林和彦、片野義明、涌澤伸哉
第32回日本鉄バイオサイエンス学会 2008年9月(青森市)

C型慢性肝炎患者における鉄調節関連分子の肝内発現異常
藤田尚己、竹尾雅樹、竹井謙之、友杉友久、林久男
第32回日本鉄バイオサイエンス学会 2008年9月(青森市)

2007年
Hepatic iron overload in a Wilson model of Long-Evans cinnanon rats
Hayashi H., et al.
BioIron 2007; The 2nd International BioIron Society, Kyoto (2007.4)

Direct determination of serum hepcidin 25 is asensitive screening test for hemochromatosis
Kaneko Y., Motonishi S., Tomosugi N., Hayashi H., et al.
BioIron 2007; The 2nd International BioIron Society, Kyoto (2007.4)

Serum levels of hepcidin 25 in chronic hepatitis C
Hayashi K., Motonishi S., Tomosugi N., Hayashi H., et al.
BioIron 2007; The 2nd International BioIron Society, Kyoto (2007.4)

LEC ラット肝における銅と鉄の蓄積
林久男、巽康彰、服部亜衣
第11回ウイルソン病研究会学術集会 2007年5月(東京)

ウイルソン病のモデル動物である LEC ラットの肝臓における銅と鉄の蓄積
林久男、巽康彰、服部亜衣
第39回日本臨床分子形態学会 2007年9月(甲府)

シンポジウム・ワークショップ・特別講演・教育講演・セミナー
2016年
医師から見た現在の薬学教育
加藤宏一
医療薬学会公開シンポジウム 名古屋市立大学薬学部 2016年11月(名古屋)

高齢者糖尿病に対する治療戦略
加藤宏一
高齢化を見据えた医療を考える会 愛知健康の森プラザ 2016年11月(愛知県知多郡)

大きく変容する経口血糖降下薬のポジショニング
加藤宏一
日本保険医学会東海支部学術講演会 大同生命保険名古屋支社 2016年9月(名古屋)

2型糖尿病におけるWeekly DPP-4阻害薬の意義と課題
加藤宏一
春日井内科医会学術講演会 ホテルプラザ勝川 2016年5月(春日井)

糖尿病最新薬物治療‐大きく変容する経口血糖降下薬のポジショニング
加藤宏一
瀬戸・尾張旭フェローシップ研究会 名古屋観光ホテル 2016年1月(名古屋)

2015年
多種多様な経口血糖降下薬の選択とポジショニング
加藤宏一
小牧市薬剤師会学術講演 小牧市薬剤師会 2015年11月(小牧)

糖尿病の最新薬物療法‐症例で考えるDPP4阻害薬の使いこなし方‐
加藤宏一
糖尿病Web講演会  2015年3月(全国インターネットWeb会場)

2014年
外来でできるインスリン療法のコツ‐BOTから強化療法まで
加藤宏一
豊川内科医会学術講演会 豊川市民プラザ 2014年12月(豊川)

症例で考える糖尿病の最新薬物治療‐DPP4阻害薬およびSGLT2阻害薬を中心に‐
加藤宏一
第56回地域医療連携勉強会 アピオ 2014年9月(山梨県中巨摩郡)

SGLT2阻害薬を含めた糖尿病治療のアルゴリズム
加藤宏一
第34回糖尿病薬物療法研究会プログラム TKP名古屋駅前カンファレンスセンターホール 2014年6月(名古屋)

糖尿病の最新薬物治療‐DPP4阻害薬の使いこなし方‐
加藤宏一
第15回春日井医療見聞会 中日パレス 2014年5月(名古屋)

高齢者糖尿病患者に対する効果的かつ安全な薬物治療選択
加藤宏一
高齢者の明日を考える会 キャッスルプラザ名古屋駅前 2014年4月(名古屋)

2013年
メタボと糖尿病をやっつけろ!‐運動療法を中心に‐
加藤宏一
糖尿病セミナー2013 愛知医科大学医学部本館 2013年12月(愛知県長久手市)

高齢者糖尿病と認知症
加藤宏一
名東区糖尿病勉強会 サンプラザシーズンズホテル 2013年11月(名古屋)

メタボと糖尿病をやっつけろ!
加藤宏一
第5回東名古屋健康カレッジ 愛知医科大学医学部本館 2013年10月(愛知県長久手市)

遺伝性ヘモクロマトーシス責任遺伝子群の解析と本邦における遺伝子病型
シンポジウム2 鉄代謝モニタリングと疾患の病態解析
巽康彰
第37回 日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2013年9月(東京)


C型慢性肝炎の鉄毒性と多臓器障害を伴う遺伝性鉄過剰症
ランチョンセミナー1
林久男
第37回 日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 2013年9月(東京)

症例から考えるDPP4阻害薬の使い方
加藤宏一
知多半島E-Quality Meeting 東海市立商工センター 2013年8月(愛知県東海市)

2型糖尿病におけるDPP4阻害薬ビルダグリプチンの長期(12ヶ月)臨床効果
加藤宏一
第1回統計解析手法研究会 愛知医科大学 2013年8月(愛知県長久手市)

GLP-1製剤の役割・限界と将来展望
加藤宏一
尾北医師会学術講演会 尾北医師会館 2013年7月(愛知県丹羽郡)

症例から学ぶヒューマログミックス50注の有用性と限界
加藤宏一
東三河インスリン治療学術講演会 ホテルアソシア豊橋 2013年7月(愛知県豊橋市)

症例から学ぶヒューマログミックス50注の有用性と限界
加藤宏一
ヒューマログミックス50注ウェブカンファレンス 2013年6月(全国インターネットWeb会場)

高齢者糖尿病と認知症‐DPP4阻害薬を使いこなす‐
加藤宏一
東三学術講演会 ホテルアソシア豊橋 2013年6月(愛知県豊橋市)

糖尿病の最新薬物療法‐DPP4阻害薬を使いこなす‐
加藤宏一
第3回生活習慣病学術講演会 ホテルグランコート名古屋 2013年3月(名古屋)

DPP4阻害薬を使いこなす‐実践治療と今後の展望‐
加藤宏一
生活習慣病フォーラムin 東名古屋 サンプラザシーズンズ 2013年2月(名古屋)

2012年
ヒューマログミックス50・3回打ちの有用性と限界
加藤宏一
東尾張地区ワクワクTechnique Learning Seminer サンプラザシーズンズ 2012年12月(名古屋)

GLP-1製剤の役割・限界と将来展望
加藤宏一
バイエッタ発売2周年記念講演 アクトシティー浜松コングレスセンター 2012年12月(静岡県浜松市)

糖尿病の最新薬物療法‐DPP4阻害薬を使いこなす‐
加藤宏一
瀬戸旭医師会学術講演会 瀬戸旭医師会館 2012年10月(愛知県瀬戸市)

メタボと糖尿病をやっつけろ!
加藤宏一
第4回東名古屋健康カレッジ 愛知医科大学医学部 2012年10月(愛知県長久手市)

血糖値の読み方、指導方法とこれから
加藤宏一
プラスケアスタイルセミナー2012名古屋 ホテルグランコート名古屋 2012年10月(名古屋)

高齢者の糖尿病治療‐経口血糖降下薬とインスリンを使うこつ
加藤宏一
第1回尾張在宅診療研究会 ホテルプラザ勝川 2012年8月(愛知県春日井市)

糖尿病の最新薬物療法‐DPP4阻害薬を使いこなすには‐
加藤宏一
E-Quality Meeting in HANDA クラシティ半田 2012年7月(愛知県半田市)

糖尿病合併症、糖尿病性神経障害の病態と治療
加藤宏一
愛知学院大学薬学部薬学セミナー 愛知学院大学薬学部 2012年7月(名古屋)

糖尿病の最新薬物療法‐DPP4阻害薬を使いこなす‐
加藤宏一
名東区医師会学術講演会 名東区休日診療所 2012年5月(名古屋)

エキセナチドの有用性について
加藤宏一
東尾張地区CSII&CGM講演会 サンプラザシーズンズ 2012年3月(名古屋)

糖尿病の最新薬物療法
加藤宏一
長久手地区糖尿病座談会 名古屋東急ホテル 2012年1月(名古屋)

2011年
糖尿病性神経障害の成因と治療
加藤宏一
第54回糖尿病イブニングセミナー 名古屋市立大学医学部 2011年10月(名古屋)

メタボと糖尿病をやっつけろ!
加藤宏一
第3回東名古屋健康カレッジ 愛知医科大学医学部 2011年10月(愛知県長久手市)

2010年
糖尿病教育と地域連携
加藤宏一
第24回東海糖尿病治療研究会糖尿病患者教育担当者セミナー あいち健康プラザ 2010年9月(愛知県大府市)


2008年
鉄と上手に付き合って健康に 講演2「鉄と生活習慣病-上手に付き合って健康に」
司会 林久男
BioIron2007京都 フォローアップ シンポジウム 市民公開講座 2008年2月(東京)


鉄と上手に付き合って健康に 講演3「C型慢性肝炎は鉄過剰症である」
林久男
第32回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 市民公開講座 2008年9月(青森市)


2007年

銅の過剰症であるWilson病での鉄蓄積
林久男
第8回薬学セミナー 2007年5月(愛知学院大学薬学部


愛知学院大学薬物治療学

〒464-8650
愛知県名古屋市千種区楠元町1-100

TEL 052-751-2561