業績(その他)


外部資金獲得

科研費

日本学術振興会科学研究費(基盤研究(C):
天然由来レチノイドX受容体アゴニストの生活習慣病、炎症性疾患の予防・治療への応用

(代表:井上)(2014〜2016年:5,070,000円)

日本学術振興会科学研究費(基盤研究(C):
天然由来レチノイン酸受容体アゴニストの探索と免疫・アレルギー疾患への応用

(代表:井上)(2011〜2013年:5,330,000円)

日本学術振興会科学研究費(基盤研究(A):
口腔先天異常疾患関連遺伝子解析研究

(分担)(2010年:30,000,000円)

日本学術振興会科学研究費(基盤研究(C):
環境ホルモンが口唇口蓋裂発生に与える影響に関する研究

(分担)(2008〜2009年:4,200,000円)

日本学術振興会科学研究費(基盤研究(C):
メタボリックシンドロームが惹起する心血管疾患の予防・治療を目指した漢方方剤の創製

(代表:井上)(2007〜2008年:3,500,000円)

日本学術振興会科学研究費(基盤研究(C):
環境ホルモンが口唇口蓋裂発生に与える影響に関する研究 (分担)

(2006〜2007年:2,500,000円)


文部科学省科学研究費(特定領域研究)
天然由来選択的アンドロゲンレセプター修飾因子探索と骨粗鬆症・関節リウマチへの応用

(代表:井上)(2005年:3,200,000円)

 

競争的外部資金獲得実績

平成25年度共同利用・共同拠点「和漢薬の科学基盤形成拠点」公募型共同研究助成(一般研究I)
筋肉萎縮症の予防・改善作用を有する漢方方剤の探索と有効性の解析

(代表:井上)(2013年:1,000,000円)

平成24年度共同利用・共同拠点「和漢薬の科学基盤形成拠点」公募型共同研究助成(一般研究I)
筋肉萎縮症の予防・改善作用を有する漢方方剤の探索と有効性の解析

(代表:井上)(2012年:1,000,000円)

平成22年度共同利用・共同拠点「和漢薬の科学基盤形成拠点」公募型共同研究助成(一般研究I)
ヨクイニン含有水酸化モノおよびジ不飽和脂肪酸の脂質代謝に及ぼす影響〜リピドミック解析を介した外来性および内在性核内受容体リガンドの探索〜

(代表:井上)(2010年:900,000円)

平成22年度古川学術研究振興基金研究費
天然由来核内受容体peroxisome proliferator-activated receptor δ (PPARδ)リガンドの探索とメタボリックシンドロームの改善への応用

(代表:井上)(2010年:300,000円)

東洋医学財団研究「平成20年度東洋医学に関する研究・調査助成」
漢方方剤による核内受容体Retinoic acid receptorを介した免疫調節作用の解析

(代表:井上)(2008年:300,000円)

上原記念生命科学財団平成18年度研究助成
天然由来核内レセプター(RAR, RXR)リガンドの探索と動脈硬化症の予防・治療への応用


(代表:井上)(2006年:5,000,000円)


特許出願

レチノイドX受容体アゴニスト剤
発明者:井上誠、中島健一、田邊宏樹、池野久美子、中村 正

特願2013-212787(2013年10月10日出願)

RXRアゴニスト剤、RXRアゴニスト剤を含有する食品及び外用剤、並びにRXRアゴニスト剤を製造するためのサンズコン又はその抽出物の使用
発明者:井上誠、田邊宏樹、石田幸大、小谷仁司

特願2012-177803(2012年8月10日出願)

レチノイン酸受容体アゴニスト剤
発明者:井上誠、田邊宏樹、小谷仁司、安井友浩

特願2010-229890(特開2012-82163)(2010年10月12日出願)

細胞選択的セレクティブPPARgモジュレーター
発明者:井上誠、大野高政、田邊宏樹、高橋二郎、大木史郎、山下栄次

特願2008-58065(特開2009-215184) (2008年3月7日出願)

レチノイン酸受容体アゴニスト剤、レチノイン酸受容体アゴニスト剤を含有する食品、生薬又はその抽出物の使用、レチノイドX受容体アゴニスト剤、レチノイドX状態アゴニスト剤を含有する食品及びコウボク又はその抽出物の使用
発明者:井上誠、小谷仁司、水上 元

特願2007-189528(特開2009-23961)(2007年7月20日出願)


共同研究

新規レチノイドXレセプターアゴニストの特性を解析と肥満、糖尿病、動脈硬化症などの生活習慣病及びアレルギー疾患に対する予防・治療効果に関する研究

日本養蜂(株) (平成25年〜現在に至る)


加味四物湯の薬理研究
(加味四物湯の筋力・筋肉増強作用および疲労軽減作用の検討)

小林製薬(株) (平成22年〜現在に至る)

β-クリプトキサンチンの脂肪細胞に対する機序解明に関する委託研究

ユニチカ株式会社中央研究所 (平成21〜23年)

アスタキサンチンの生活習慣病の予防・治療への応用研究

富士化学工業(株) (平成19年〜21年)

エリタデニンシイタケの粥状動脈硬化に及ぼす効果に関する研究

(株)ジャード(平成18年)

生活習慣病の予防・治療を目指したキサントフィルの核内レセプター調節作用の解析

ケミン・ジャパン(株) (平成17〜18年)

PAGE TOP

教員 大学院生等 6年生 5年生 4年生

論文・書籍 学会発表 その他

担当科目一覧 薬の歴史 生薬学 天然物化学

ギャラリー アクセス 薬学部HP 大学HP

生活習慣病や加齢性疾患に有効な天然薬物の基礎研究 天然由来核内受容体リガンドの探索及び応用研究 Unmet medical needsに応える漢方方剤の創製