発表論文


2017年

Murata, Y., Sugawara, Y., Matsumura, M., Kakusawa, N., Yasuike, S. Microwave-assisted debromination of α-bromoketones with triarylstibanes in water. Chem. Pharm. Bull., 65, 1081-1084 (2017).

Matsumura, M., Yamada, M., Muranaka, A., Kanai, M., Kakusawa, N., Hashizume, D., Uchiyama, M., Yasuike, S. Synthesis and photophysical properties of novel benzophospholo[3,2-b]indole derivatives. Beilstein J. Org. Chem., 13, 2304-2309 (2017).

Horibe, S., Kawauchi, S., Yasuike, S., Mizuno, S., Kato, I., Rikitake, Y. Anti-inflammatory effect of JBP485 on dextran sulfate sodium-induced colitis in mice. J. Biomed., 2, 101-108 (2017).

Kitamura, Y., Matsumura, M., Murata, Y., Yamada, M., Kakusawa, N., Tanaka, M., Okabe, H., Naka, H., Obata, T., Yasuike, S. A versatile synthesis of triarylantimony difluorides by fluorination of triarylstibanes with nitrosyl tetrafluoroborate and their antitumor activity. J. Fluor. Chem., 199, 1-6 (2017).

Yamada, M., Matsumura, M., Murata, Y., Kawahata, M., Saito, K., Kakusawa, N., Yamaguchi, K., Yasuike, S. Synthesis of 5-organostibano-1H-1,2,3-triazoles by Cu-catalyzed azide-alkyne cycloaddition and their application in the acyl-induced deantimonation for the preparation of fully substituted 5-acyl-1,2,3-triazoles. Tetrahedron, 73, 2614-2622 (2017).

Yamada, M., Matsumura, M., Kawahata, M., Murata, Y., Kakusawa, N., Yamaguchi, K., Yasuike, S. Antimony-lithium exchange reaction: Synthesis of 1,4,5-trisubstituted-1,2,3-triazoles by triazolyllithium with electrophiles. J. Organomet. Chem., 834, 83-87 (2017).

2016年

Matsumura, M., Sakata, Y., Iwase, A., Kawahata, M., Kitamura, Y., Murata, Y., Kakusawa, N., Yamaguchi, K., Yasuike, S. Copper-catalyzed tandem cyclization of 2-(2-iodophenyl)imidazo[1,2-a]pyridine derivatives with selenium: Synthesis of benzo[b]selenophene-fused imidazo[1,2-a]pyridines. Tetrahedron Lett., 57, 5484-5488 (2016).

Matsumura, M., Muranaka, A., Kurihara, R., Kanai, M., Yoshida, K., Kakusawa, N., Hashizume, D., Uchiyama, M., Yasuike, S. General synthesis, structure, and optical properties of benzothiophene-fused benzoheteroles containing Group 15 and 16 elements. Tetrahedron, 72, 8085-8090 (2016).

Fujie, T., Murakami, M., Yoshida, E., Yasuike S., Kimura, T., Fujiwara, Y., Yamamoto, C., Kaji, T. Transcriptional induction of metallothionein by tris(pentafluorophenyl)stibane in cultured bovine aortic endothelial cells. Int. J. Mol. Sci., 17, 1381 (2016).

Yamada, M., Matsumura, M., Uchida, Y., Kawahata, M., Murata, Y., Kakusawa, N., Yamaguchi, K., Yasuike, S. Copper-catalyzed [3+2] cycloaddition of (phenylethynyl)di-p-tolylstibane with organic azides. Beilstein J. Org. Chem., 12, 1309-1313 (2016).

Matsumura, M., Shibata, K., Ozeki, S., Yamada, M., Murata, Y., Kakusawa, N., Yasuike, S. Synthesis of unsymmetrical diaryl selenides: copper-catalyzed Se-arylation of diaryl diselenides with triarylbismuthanes. Synthesis, 48, 730-736 (2016).

Matsumura, M., Takada, R., Ukai, Y., Yamada, M., Murata, Y., Kakusawa, N., Yasuike, S. Synthesis of 2-arylquinoxalines: triarylstibane catalyzed oxidative cyclization of α-hydroxy ketones with 1,2-diamines under aerobic conditions. Heterocycles, 93, 75-83 (2016). Highlighted in SYNFACTS, 2016, 12 (2), 0128.

Obata, T., Matsumura, M., Kawahata, M., Hoshino, S., Yamada, M., Murata, Y., Kakusawa, N., Yamaguchi, K., Tanaka, M., Yasuike S. Synthesis, structural characterization and antitumor activity of 2-(di-p-tolylstibano)- and 2-(di-p-tolylbismuthano)-N-p-tolylbenzamide. J. Organomet. Chem., 807, 17-21 (2016).

Matsumura, M., Kumagai, H., Murata, Y., Kakusawa, N., Yasuike, S., Simple and efficient copper-catalyzed synthesis of symmetrical diaryl selenides from triarylbismuthanes and selenium under aerobic conditions. J. Organomet. Chem., 807, 11-16 (2016).

2015年

Inoue, K., Urushibara, K., Kanai, M., Yura, K., Fujii, S., Ishigami-Yuasa, M., Hashimoto, Y., Mori, S., Kawachi, E., Matsumura, M., Hirano, T., Kagechika, H., Tanatani, A. Design and synthesis of 4-benzyl-1-(2H)-phthalazinone derivatives as novel androgen receptor antagonists. Eur. J. Med. Chem., 102, 310-319 (2015).

Matsumura, M., Yamada, M., Tsuji, T., Murata, Y., Kakusawa, N., Yasuike, S. Palladium-catalyzed cross-coupling reactions of triarylbismuthanes with terminal alkynes under aerobic conditions. J. Organomet. Chem., 794, 70-75 (2015).

Yasuike, S., Nakata, K., Qin, W., Matsumura, M., Kakusawa, N., Kurita, J. Synthesis of arylboronates by boron-induced ipso-deantimonation of triarylstibanes with boron trihalides and its application in one-pot two-step transmetallation/cross-coupling reactions. J. Organomet. Chem., 788, 9-16 (2015).

Kakusawa, N., Nakagawa, Y., Toshima, Y., Yasuike, S., Kurita, J. Preparation of acylthiophenes by iron(III) chloride catalyzed reactions of tris(2-thienyl)stibanes with acyl chlorides. Heterocycles, 91, 1170-1175 (2015).

Kohri, K., Yoshida, E., Yasuike, S., Fujie, T., Yamamoto, C., Kaji, T. The cytotoxicity of organobismuth compounds with certain molecular structures can be diminished by replacing the bismuth atom with an antimony atom in the molecules. J. Toxicol. Sci., 40, 321-327 (2015).

Murakami, M., Fujie, T., Matsumura, M., Yoshida, E., Yamamoto, C., Fujiwara, Y., Yasuike, S., Kaji, T. Comparative cytotoxicity of triphenylstibane and fluorine-substituted triarylpnictogens in cultured vascular endothelial cells. Fundam. Toxicol. Sci., 2, 61-66 (2015).

Matsumura, M., Dong Y., Kakusawa, N., Yasuike, S. Pd-Catalyzed P-arylation of triarylantimony dicarboxylates with dialkyl H-phosphites without a base: synthesis of arylphosphonates. Chem. Pharm. Bull., 63, 130-133 (2015).

Matsumura, M., Muranaka, A., Kakusawa, N., Kurita, J., Hashizume, D. Uchiyama, M., Yasuike, S. Synthesis and structural characterization of a novel organotellurium compound: dinaphtho[2,3-b;2',3'-d]tellurophene. Heterocycles, 90, 121-125 (2015).

2014年

Mori, S., Takagaki, R., Fujii, S., Matsumura, M., Tanatani, A., Kagechika, H. Lipase-catalyzed asymmetric acylation of boron cluster-containing secondary alcohols. Tetrahedron: Asymmetry, 25, 1505-1512 (2014).

Yasuike, S., Dong, Y., Kakusawa, N., Matsumura, M., Kurita, J. Simple base-free Miyaura-type borylation of triarylantimony diacetates with tetra(alkoxo)diborons under aerobic conditions. J. Organomet. Chem., 765, 80-85 (2014).

2013年

Matsumura, M., Tanatani, A., Kaneko, T., Azumaya, I., Masu, H., Hashizume, D., Kagechika, H., Muranaka A., Uchiyama, M. Synthesis of porphyrinylamide and observation of N-methylation induced trans-cis amide conformational alteration. Tetrahedron, 69, 10927-10932 (2013).

Matsumura, M., Tanatani, A., Azumaya, I., Masu, H., Hashizume, D., Kagechika, H., Muranaka A., Uchiyama, M. Unusual conformational preference of an aromatic secondary urea: Solvent-dependent open-closed conformational switching of N,N'-bis(porphyrinyl)urea. Chem. Comm., 49, 2290-2292 (2013).


総説・解説

松村実生: 核内受容体の蛍光ラベル化によるアゴニストとアンタゴニストの識別. ファルマシア, トピックス(論文紹介) 51, 987 (2015).

学会発表


2017年

Yamada, M., Matsumura, M., Uchida, Y., Kawahata, M., Murata, Y., Kakusawa, N., Yamaguchi, K., Yasuike, S.: Synthesis of 5-organostibano-1H-1,2,3- triazoles by Cu-catalyzed azide-alkyne cycloaddition and their reactivity. 26th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress 2017年9月 (Regensburg, Germany)

Matsumura, M., Sakata, Y., Iwase, A., Kawahata, M., Murata, Y., Kakusawa, M., Yamaguchi, K., Yasuike, S.: Synthesis of benzo[b]selenophene-fused imidazo[1,2-a]pyridines: Copper-catalyzed tandem cyclization of 2-(2-iodophenyl)imidazo[1,2-a]pyridine derivatives with selenium. 26th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress 2017年9月 (Regensburg, Germany)

Matsumura, M., Takada, R., Ukai, Y., Yamada, M., Murata, Y., Kakusawa, N., Yasuike, S.: Synthesis of 2-arylquinoxaline via a triphenylstibane catalyzed oxidative cycloaddition of a-hydroxy ketones with 1,2-diamines. 26th International Society of Heterocyclic Chemistry Congress 2017年9月 (Regensburg, Germany)

松橋勇輝,松村実生,村田裕基,川幡正俊,山口健太郎,安池修之: 四および五環性スチボール類の合成と物性解析. 第63回日本薬学会東海支部総会・大会 2017年7月 (岐阜)

滝野史奈,山田瑞希,倉田侑果,村田裕基,松村実生,安池修之: 銅触媒を利用したアンチモン―セレン交換反応:5-セラニルトリアゾールの合成. 第63回日本薬学会東海支部総会・大会 2017年7月 (岐阜)

岩瀬篤哉,松村実生,坂田友美,村田裕基,川幡正俊,山口健太郎,安池修之: 銅触媒下でセレン末を利用したベンゾセレノイミダゾピリジン誘導体の合成. 第63回日本薬学会東海支部総会・大会 2017年7月 (岐阜)

村田裕基,北村有希,小栗綾香,宮田真弥,松村実生,安池修之: トリアリールアンチモンジフルオライドの合成とベンゾチオフェン類に対するC-Hアリール化反応. 第63回日本薬学会東海支部総会・大会 2017年7月 (岐阜)

山田瑞希,滝野史奈,倉田侑果,角澤直紀,松村実生,安池修之: 銅触媒下で5-スチバノトリアゾールとジアリールジセレニドを利用したアンチモンーセレン交換反応. 日本薬学会第137年会 2017年3月 (仙台)

松村実生,寺本卓弘,川幡正俊,村田裕基,山口健太郎,角澤直紀,安池修之: 窒素およびリンを含む新規ジナフト[2,3-b:2',3'-d]ヘテロールの合成と構造解析. 日本薬学会第137年会 2017年3月 (仙台)

小幡 徹,松村実生,川幡正俊,山田瑞希,村田裕基,郡司(水上)茜,角澤直紀,山口健太郎,田中基裕,安池修之: アミド結合を有する超原子価アンチモン・ビスマス化合物の合成と抗腫瘍活性. 日本薬学会第137年会 2017年3月 (仙台)

2016年

山田瑞希,松村実生,斎藤宏貴,内田裕希,川幡正俊,山口健太郎,角澤直紀,安池修之: 位置選択的[3+2]環化付加反応を利用した5-スチバノトリアゾールの合成とその反応性. 第43回有機典型元素化学討論会 2016年12月 (宮城)

山田瑞希,松村実生,斎藤宏貴,内田裕希,川幡正俊,山口健太郎,角澤直紀,安池修之: 銅触媒下で行うアンチモン側鎖を含む三置換トリアゾールの合成と酸塩化物との反応. 第42回反応と合成の進歩シンポジウム 2016年11月 (静岡)

松村実生,熊谷華恵,尾関創太,柴田晃希,角澤直紀,安池修之: 銅触媒下でトリアリールビスムタンとセレン試薬を用いたジアリールセレニド類の合成. 第42回反応と合成の進歩シンポジウム 2016年11月 (静岡)

松村実生,高田理恵,鵜飼 佑,山田瑞希,角澤直紀,安池修之: 2-アリールキノキサリン合成:Ph3Sb触媒下で行うα-ヒドロキシケトンの酸化的閉環反応. 第46回複素環化学討論会 2016年9月 (金沢)

松村実生,小幡 徹,川幡正俊,山田瑞希,山口健太郎,田中基裕,安池修之: アミド結合を持つ新規有機アンチモン・ビスマス化合物の合成と抗腫瘍活性 第62回日本薬学会東海支部総会・大会 2016年7月 (名古屋)

寺本卓弘、松村実生、川幡正俊、山口健太郎,安池修之: 窒素およびリンを含むジナフトヘテロールの合成. 第62回日本薬学会東海支部総会・大会 2016年7月 (名古屋)

山田瑞希、松村実生、安池修之: 5-スチバノ-1,2,3-トリアゾールのアンチモン-リチウム交換反応. 第62回日本薬学会東海支部総会・大会 2016年7月 (名古屋)

M. Matsumura, K. Shibata, H. Kumagai, S. Ozeki, M. Yamada, N. Kakusawa, S. Yasuike: Synthesis of diaryl selenides: copper-catalyzed Se-arylation of diaryl diselenides with triarylbismuthanes. 13th International Conference on the Chemistry of Selenium and Tellurium (ICCST-13) 2016年5月 (岐阜)

山田瑞希,松村実生,内田裕希,斎藤宏貴,川幡正俊,山口健太郎,角澤直紀,安池修之: アンチモン側鎖を含むトリアゾール誘導体の合成と酸塩化物との反応. 日本薬学会第136年会 2016年3月 (横浜)

松村実生,熊谷華恵,尾関創太,柴田晃希,角澤直紀,安池修之: 銅触媒下でトリアリールビスムタンを用いたジアリールセレニド類の合成. 日本薬学会第136年会 2016年3月 (横浜)

角澤直紀,森永 隼,上田真章,安池修之: Pd触媒を用いた1,5-アザスチボシンとエノン類のHeck型反応. 日本薬学会第136年会 2016年3月 (横浜)

安池修之: トリアリールスチバンやビスムタンを利用した鈴木型・薗頭型反応. 東京理科大学総合研究機構バイオオルガノメタリクス研究部門 研究交流会 2016年3月 (東京)

2015年

J. Shouryu, N. Kakuzawa, M. Matsumura, S. Yasuike, T. Yagura.: Heterocyclic organoantimony compounds disturb cell cycle through oxidative stress. 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会BMB2015 2015年12月 (神戸)

北東あずさ,越智まゆ,安池修之,矢倉達夫: へテロ環有機ビスマス化合物によるヒト白血病細胞アポトーシス誘導の分子機構. 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会BMB2015 2015年12月 (神戸)

岡本雅希,安池修之,矢倉達夫: へテロ環有機ビスマス化合物によって引き起こされる白血病細胞株K-562、NB4の形態変化機構の解析. 第38回分子生物学会年会・第88回生化学会大会合同大会BMB2015 2015年12月 (神戸)

松村実生,柴田晃希,熊谷華恵,尾関創太,角澤直紀,安池修之: トリアリールビスムタンを利用した銅触媒下で行うSe-アリール化反応. 第42回有機典型元素化学討論会 2015年12月(名古屋)

角澤直紀,東 佳奈枝,安池修之: トリチエニルスチバンとエノン類とのロジウム触媒による反応. 第45回複素環化学討論会 2015年11月(東京)

山田瑞希,松村実生,内田裕希,安池修之: 銅触媒下でエチニルスチバンとアジド化合物を利用したトリアゾール誘導体の合成. 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2015 2015年11月(名古屋)

熊谷華恵,松村実生,安池修之: 銅触媒下でトリアリールビスムタンとセレン末を利用した対称ジアリールセレニドの合成. 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2015 2015年11月(名古屋)

角澤直紀,東 佳奈枝,安池修之: ロジウム触媒によるトリチエニルスチバンとエノン類との反応. 平成27年度有機合成化学北陸セミナー 2015年10月(富山)

松村実生,高田理恵,鵜飼 佑,山田瑞希,角澤直紀,安池修之: トリフェニルスチバンを触媒に用いたα-ヒドロキシケトンとジアミン類との酸化的閉環反応. 第41回反応と合成の進歩シンポジウム 2015年10月(大阪)

尾関創太,柴田晃希,松村実生,安池修之: 銅触媒を利用したトリアリールビスムタンとジアリールジセレニドとのクロスカップリン グ反応.第61回日本薬学会東海支部総会・大会 2015年7月(名古屋)

岡ア貴大,中浴静香,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,安池修之,鍜冶利幸: 血管内皮細胞における有機テルル化合物の細胞毒性に対する置換基効果.第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月 (金沢)

今野裕太,中浴静香,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,安池修之,鍜冶利幸: 有機ビスマス化合物および有機アンチモン化合物に対する感受性低下細胞の特性解析.第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月 (金沢)

藤江智也,村上正樹,吉田映子,藤原泰之,山本千夏,安池修之,鍜冶利幸: 血管内皮細胞に対する有機アンチモン化合物の毒性.第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月 (金沢)

安池修之: 有機アンチモン化合物の合成・構造・機能から周期表横断型元素化学への展開.第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月 (金沢)

山本千夏,鍜冶利幸,安池修之: 有機金属化合物の細胞毒性.第42回日本毒性学会学術年会 2015年6月 (金沢)

森 修一,高垣 亮平,藤井 晋也,松村 実生,棚谷 綾,影近 弘之: カルボラン含有プロゲステロン受容体リガンドのリパーゼによる光学分割.日本薬学会第135年会 2015年3月 (神戸)

松村実生,高田理恵,鵜飼 佑,山田瑞希,角澤直紀,安池修之: トリフェニルスチバン触媒下で行うα-ヒドロキシケトンからのキノキサリン誘導体の合成.日本薬学会第135年会 2015年3月 (神戸)

安池修之: 銅触媒下でトリアリールビスムタンを利用したSe-アリール化反応.東京理科大学総合研究機構バイオオルガノメタリクス研究部門 研究交流会 2015年3月 (東京)

2014年

松村実生,村中厚哉,角澤直紀,内山真伸,安池修之: ジナフト[2,3-b;2',3'-d]テルロフェンの合成と構造解析.第41回有機典型元素化学討論会 2014年12月(宇部)

松村実生,山田瑞希,村中厚哉,角澤直紀,内山真伸,安池修之: 新規ベンゾホスホロ [3,2-b] インドールの合成と物性解析. 第40回反応と合成の進歩シンポジウム 2014年11月(仙台)

松村実生,高田理恵,鵜飼 佑,安池修之: トリフェニルスチバンを触媒に用いたα-ヒドロキシケトンからの2-アリールキノキサリン合成.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2014 2014年11月(静岡)

角澤直紀,井原正浩,安池修之,栗田城治: 1,5-アザスチボシンおよび1,5-アザビスモシンを用いたアリル置換反応.第44回複素環化学討論会 2014年10月(札幌)

村上正樹,藤江智也,木村朋紀,藤原泰之,安池修之,山本千夏,鍜冶利幸: 有機アンチモン化合物を用いた血管内皮細胞のメタロチオネイン遺伝子発現機構解析.フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー 2014年9月(つくば)

中浴静香,郡 久美子,山本千夏,安池修之,鍜冶利幸: 有機ビスマス化合物の毒性発現に関与する遺伝子の探索.フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー 2014年9月(つくば)

小林瑞穂,安池修之,鍜冶利幸,山本千夏: 血管平滑筋細胞においてビグリカン合成を選択的に誘導する有機アンチモン化合物.フォーラム2014衛生薬学・環境トキシコロジー 2014年9月(つくば)

松村実生,村中厚哉,角澤直紀,栗田城治,内山真伸,安池修之: 新規5環性ヘテロアセン:ジナフト[2,3-b;2',3'-d]テルロールの合成と構造解析.第60回日本薬学会東海支部総会・大会,2014年7月(鈴鹿)

松村実生,山田瑞希,角澤直紀,村中厚哉,栗田城治,内山真伸,安池修之 : 新規ベンゾホスホロ [3,2-b] インドールの合成. 日本薬学会第134年会 2014年3月 (熊本)

栗田城治,澤矢千晶,角澤直紀,安池修之,川幡正俊,山口健太郎: 分子内Sb-N相互作用を持つトリアリールアンチモンをトランスメタル化剤とするヨウ化アリールとのクロスカップリング反応.日本薬学会第134年会 2014年3月 (熊本)

角澤直紀,井原正浩,安池修之,栗田城治: 1,5-アザスチボシンおよびビスモシンとアリル化合物との反応.日本薬学会第134年会、2014年3月 (熊本)

石橋孝文,小野寺 章,岡 若奈,武田直也,弘内淳美,峯松真梨,矢埜みなみ,山本麻記子,米倉玲奈,安池修之,中 寛史,内山真伸,佐藤雅彦,鍜冶利幸,伊藤徳夫,河合裕一: 骨粗鬆症モデルマウスへのZn(bpy)Cl2の有効性評価.日本薬学会第134年会 2014年3月 (熊本)

峯松真梨,小野寺 章,石橋孝文,岡 若奈,武田直也,弘内淳美,矢埜みなみ,山本麻記子,米倉玲奈,安池修之,中 寛史,内山真伸,佐藤雅彦,鍜冶利幸,伊藤徳夫,河合裕一: 脂肪細胞分化及び脂肪滴の蓄積を抑制する亜鉛錯体の同定.日本薬学会第134年会 2014年3月 (熊本)

村上正樹,藤江智也,松村実生,藤原泰之,木村朋紀,安池修之,山本千夏,佐藤雅彦,鍜冶利幸: 有機アンチモン化合物における血管内皮細胞のメタロチオネイン誘導.日本薬学会第134年会 2014年3月 (熊本)

高澤涼子,嶋田奈実,安池修之,鍜冶利幸,田沼靖一: 有機ビスマス化合物によるヒトGlyoxalase I 阻害の構造活性相関の検討.日本薬学会第134年会 2014年3月 (熊本)

2013年

角澤直紀,内海友希,安池修之,栗田城治: 塩化鉄(V)触媒によるトリチエニルビスマスと酸塩化物との反応.第40回有機典型元素化学討論会 2013年12月 (大阪)

安池修之,松村実生,角澤直紀,村中厚哉,内山真伸,栗田城治: テルルを含む5環性ジナフトヘテロールの合成と構造.第39回反応と合成の進歩シンポジウム 2013年11月 (福岡)

安池修之,重森亮介,村中厚哉,内山真伸,栗田城治: テルルを含む5環性ジナフトヘテロールの合成.日本薬学会第133年会 2013年3月 (横浜)

高澤涼子,篠原健太朗,嶋田奈実, 安池修之,鍜冶利幸, 田沼靖一: 有機ビスマス化合物によるhuman Glyoxalase I 阻害の解析.日本薬学会第133年会 2013年3月 (横浜)

佐野 明,市川弥枝,廣田孝司,安池修之,鍜冶利幸: HPLCによる有機ビスマス及びアンチモン化合物の定量.日本薬学会第133年会 2013年3月 (横浜)

松村実生,金子知世,村中厚哉,内山真伸,橋爪大輔,枡 飛雄真,東屋 功,影近弘之,棚谷綾: ニッケルポルフィリニルウレアオリゴマーの合成とその立体構造解析.日本化学会第92春季年会、2013年3月(滋賀)

郡 久美子,中浴静香,山本千夏,安池修之,角澤直紀,栗田城治,鍜冶利幸: ビスマスまたはアンチモンを導入した有機金属化合物の毒性発現とそのメカニズム.第12回分子予防環境医学研究会 2013年2月 (筑波)

スタッフ

愛知学院大学
薬学部 薬化学講座
教授:安池修之
助教:松村実生
助教:村田裕基

アドレス

〒464-8650
愛知県名古屋市千種区楠元町
1-100
Tel. 052-757-6774
Fax. 052-757-6799
交通アクセス

関連リンク

愛知学院大学
愛知学院大学薬学部