ご挨拶

愛知学院大学 薬学部 生体機能化学講座のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。このホームページは、私たちの研究内容や研究業績を幅広く国民のみなさまに発信することを目的に構成されています。生命科学の基礎研究を始めたいと考えている学生の方、動物実験を基盤とした治療を目指した研究に興味をお持ちの方、また患者様への最新研究情報の提供もこのホームページの大切な目的です。

当講座は、おもに悪性腫瘍を研究対象にしています。「がん」は、なぜ転移や再発を繰り返し、悪液質を引き起こし、ヒトの命を奪うのでしょうか? この「問い」に答えを出すために、私たちは、「がん細胞」を用いたin vitroにおける基礎実験と「ヌードマウス」を用いたin vivoへの応用実験を並行して研究を進めています。具体的には、「がん転移」抑止に有望な分子を新たに見つけ出すため、様々な「がん転移モデル」を用いて、網羅的遺伝子解析(遺伝子発現解析やmiRNA発現解析)、網羅的タンパク質解析(プロテオミクス)および網羅的代謝物解析(メタボロミクス)を施行しています。見出した「がん転移」に特異的な分子や代謝経路を標的とした「がん転移抑止」を動物実験で証明するところまでを目指しています。

「がんの転移」や「がんの再発」の分子メカニズムを解明するためには、「がん幹細胞」の実験・解析手法が必要不可欠です。私たちは人工多能性幹細胞(iPS細胞)やその他の間葉系幹細胞を扱い、「幹細胞の生物学」の概念を実験技術に取り入れながら、新しいスタイルのがん研究に取り組んでいます。

「がん転移」や「がん悪液質」の分野は、まだまだ研究が遅れている未開の地であるといえます。常識にとらわれない柔軟な戦略発想力と若い学生の活力によって、新たながん治療を切り拓くことができればと考えています。

愛知学院大学薬学部
生体機能化学講座
教授 武井佳史