担当科目

薬品分析化学   (2年春学期)
 化学物質(医薬品を含む)をその性質に基づいて分析できるようになるために、物質の定性、定量などに必要な基本的知識を修得する。自由エネルギーの理解を土台に、各種の化学平衡に関する基本的知識と測定の基本的知識をまず修得する。次いで、代表的な医薬品や化学物質の定性・定量法を含む各種の分離分析法とその解析に必要な方法に関する基本的知識を修得する。さらに、日本薬局方収載の定性試験や定量法に関する基本的知識と、薬学研究や臨床現場で分析技術を適切に応用するための基本的知識と技能修得の基盤を解説する。
機器分析学  (2年秋学期)
 医薬品分析(局方医薬品の確認試験、医薬品の安定性試験・品質管理等)を行う上で必要不可欠な機器分析法を理解するために、代表的な分析機器の原理、特長、および解析に必要な基礎知識を修得することを目的とする。本講義では、まず化学物質の原子・分子の性質を修得する。次に、基本的な化学物質の構造決定ができるための機器分析法を学習し、これらの知識を基盤として、臨床で用いられている分析法、画像診断法、および画像診断薬についての知識を修得する。また、これらの機器分析法を用いた生体分子の解析への応用について学習する。
生物物理学  (3年秋学期)
 生体の機能や医薬品の働きが三次元的な分子間相互作用によって支配されていることを理解する。生体分子(生体高分子、生体超分子)の立体構造、生体分子が関与する相互作用の物理的性質、およびそれらを解析する手法に関する基本的知識と技能を修得する。そのため、蛋白質・核酸の立体構造と機能、生体膜の立体構造(動的構造・能動輸送)、分子認識と分子間相互作用(抗原抗体反応・薬物と受容体・情報伝達)、生体運動とエネルギー変換(筋収縮・化学力学エネルギー変換・電子伝達)等の理解を通して生体分子の立体構造とそれらの動的相互作用、医薬品の生体への相互作用に関する基本的知識を具体例を通して修得する。また、医療薬学との接点を理解するため、プリオン蛋白質(狂牛病)の特性とアルツハイマー病との関連、遺伝子診断とオーダーメイド医療およびRNA干渉の知識を修得しつつ、先端技術であるポジトロンエミッション・トモグラフィー(PET)や磁気共鳴画像(MRI)による診断法の知識と技術を修得する。さらに、生物物理と医療薬学との関連について、各種先端医療の知識と技術を修得する。
免疫学  (2年秋学期)
 生体防御反応(免疫)とその破綻による疾患および代表的な外的因子としての病原微生物に関する基本的知識を修得する。まず、免疫に関わる組織・細胞の役割、免疫反応における主な細胞間ネットワーク、免疫反応の特徴、分子レベルで見た免疫のしくみを通して、免疫機構を組織、細胞、分子レベルで理解する。次いで、アレルギーなどの代表的な免疫関連疾患についての基本的知識を修得する。そして、免疫反応をコントロールする薬物に関する基礎知識を修得する。また、抗原抗体反応などの免疫反応を利用した検査法、検出法を学び、免疫反応の臨床応用や研究応用に関する基本的知識を修得する。
創薬化学特論Ⅰ  (6年春学期)
創薬化学は非常に幅広い領域の学問である。新規化合物である新薬と既存薬物の剤形開発により新機能を生み出す創薬がその一つである。物性と性状を物理化学的に精密に把握し、物理化学的な理論を製剤へ応用するものである。一方、生命現象を生物物理学的あるいは分析化学的に解析し、生体の分子構造、分子内情報を理解し、生体と薬物がどのように作用しているのかを解明し、その知見に基盤に新しい創薬の構築を考えるのも一つのアプローチである。本講義では、上記の2つの視点に焦点を絞り、新しい創薬化学を創製する基盤技術と思考を修得する。
基礎薬学実習Ⅰ  (2年春学期)
 分光分析法(紫外可視吸光度測定法、蛍光光度法)に関する技能を修得し、化学物質や日本薬局方収載医薬品の定量法の基礎を修得する。さらに、クロマトグラフィーや電気泳動を用いた生体分子の分離分析技能を修得する。網羅的な技能の修得だけでなく、アミノ酸の性質、ホルモンの作用、抗体の構造等の生物学に関する基礎知識と関連させた参加型学習(スモールグループディスカッション)を実施し、包括的な知識の修得と自発的な学習態度の醸成を目指す。



薬品分析学講座のホームページへ

愛知学院大学薬学部のホームページへ