薬学生インタビュー! 3年生 都筑 香里さん

3年生 都筑 香里さん 写真

Student’s Interview 2011

常に目標を持って仕事をしたい

都筑香里さん 薬学部3年生 香川県立丸亀高校出身

■なぜ薬学部を選んだのですか?

 中学生の頃から医療系の仕事がしたいという気持ちを持っていました。高校に入ってからは遺伝子分野に興味を持ち、遺伝子分野の基礎研究に基づいた新たな治療法の研究がしたいと思いました。自分の将来を考えた時に、薬学部が一番しっかりとしたイメージを持つことができました。また、6年制の薬学部でも4年生からは研究室に配属され、研究ができることを知って薬学部に決めました。

■入学前と後で大学のイメージは変わりましたか?

 薬学部は大変と聞いていましたが、うまく時間を使うことができれば自分の時間をたくさん持つこともできることが分かりました。1年生の時は、心理学や法学など専門ではない分野も学ぶことができ、意外に面白かったです。また、大学の先生は冷たいイメージがありましたが、愛知学院大学の先生はその科目の苦手な人にも丁寧に教えてくださいます。

■現在、大学の講義、実習で興味を持っていることは?

 機能形態学や薬物作用学です。体の中での詳しい仕組みを学び、同じ症状がでていても原因が異なれば使用する薬物が異なることなど、学んでいてとても楽しいです。
 また薬理学実習で生きた動物を用いて実習を行いました。この実習では教科書で学んだ反応とは異なる反応がでてしまうことがあり、何故そのようなことが起きたのか考えさせられ、とても興味深かったです。

■将来やってみたいこと、抱負などは?

 就職に関しては、病院薬剤師、薬局薬剤師、研究者、MR(医薬情報担当者)など様々な選択肢があり、まだ決めていません。しかし、どの仕事に就いたとしても、現状に満足するのではなく、常に目標を持って仕事をしたいと思っています

■キャンパスライフを楽しんでいますか?

 実家が遠いこともあり、はじめは一人暮らしが大変でした。しかし、今ではずいぶん慣れてきました。アルバイトでは交友関係が大きく広がりましたし、仕事に対する責任について教えていただきました。大学の部活ではジャズ部に入り、充実した生活を送っています。
名古屋はいろいろな所があり、とても便利で楽しいでいます。私は旅行が好きなので、大学に入ってから石川、和歌山、三重、東京、大阪、神戸、東北地方、そして韓国とたくさんの場所を巡って楽しんでいます。

■薬学部を目指す方にメッセージをお願いします。

 薬学部は勉強が大変だと言われています。確かに楽ではないですが、有効に時間を使うことができれば、自分の好きなこともたくさんできると思います。薬学部の講義では、化学・生物・物理・数学など基本的な知識は必要だと思うので、高校で授業の無い科目でも自分で少しでも興味を持った方がいいと思います。学ぶべき知識はきちんと身に付けた上で、今しか経験できないことをして欲しいと思います。

都筑 香里さん 写真

ページの先頭へ