奨学金・特待生制度

奨学金

経済的な理由により修学が困難な学生に対し、学業を続ける機会を保障・援助する制度です。学力と人間性に優れた健康な学生 と、その家族の負担を軽減するために、本学では日本学生支援機構によるものが大半を占めていますが、その他地方公共団体が独自に行なっているものなどがあります。

奨学金制度は大別して、返還義務のない「給付」と、卒業後所定の期間内に返還義務がある「貸与」の2種類があり、その選考基準や金額・返済方法・利子の有無などは制度によって異なります。

愛知学院大学独自の奨学金

名称 種類 金額 募集期間 詳細
愛知学院大学
応急奨学金
給付 50万円
(在学中1回限り)
随時募集 過去一年以内に家計急変により修学が困難になった場合。詳細は薬学部事務室まで
愛知学院大学
開学50周年記念奨学金
給付 30万円 4月~5月 詳細は薬学部事務室まで

日本学生支援機構奨学金

名称 種類 金額 募集期間 詳細
第一種奨学金(無利子) 貸与 自宅通学:月額3万円、5万4千円から選択
自宅外通学:月額3万円、6万4千円から選択
4月 学力・人物ともに優秀で、かつ経済的理由により修学が困難な学生
第二種奨学金(有利子) 貸与 月額3万、5万、8万、10万、12万から選択
(12万円を選択した場合は、希望により2万円の増額が認められる。)
4月 学力・人物ともに優秀で、かつ経済的理由により修学が困難な学生

その他の奨学金

岐阜県選奨生、石川県教育委員会、あしなが育英会、交通遺児育英会、瀧冨士基金、横山育英財団、上山奨学財団、電通育英会、イノアック国際教育振興財団、大幸財団、国民生活金融公庫、等奨学金あり

特待生制度

成績優秀者に対して、経済的なバックアップを行う本学独自の制度です。給付年限は原則的に1年間。返還の義務はありませんが、履修単位数や学業成績に基準があり、通常は在籍学生100名につき1名の割合で選出されます。

愛知学院大学特待生制度

名称 種類 金額 募集期間 詳細
愛知学院大学
特待生奨学金
給付 30万円 6月ごろ該当者へ連絡 (1)前年度の履修単位数が32以上
(2)前年度の学業成績のGPA上位者

新入生特待生制度

前期試験A・センター利用試験I期の受験者で、入学試験成績上位かつ、心身共に健康、人物良好の 方を対象に、新入生特待生制度を用意しています。この制度では1年次の入学金、施設資金、教育充実費、授業料が免除さ れ、2年次以降でも上位10%以内(新入生特待生以外は上位1%が対象)であれば特待生として引き続き奨学金の給付が受けられます。2年次以降の給付額は年額30万円です。免除額は以下の通りです。

学部 免除額 初年度納入額
薬学部 230万円 5万9千円

ページの先頭へ